2015年7月23日 更新

あなたはいくつ知ってる?色々な種類のブドウをご紹介!

最近はたくさんの種類のブドウが出てきていますが、何がなんだか・・・。ブドウは色で分けると3種!黒・赤・緑に分けられます!種あり、なし様々ありますが今回は色と種別でご紹介します♪

Lukas Gojda/Shutterstock.com (9895)

via Lukas Gojda/Shutterstock.com
夏から秋にかけて、旬のくだもののひとつにブドウがありますね。お子様でもブドウが好きという人は多いと思います。以前、ブドウといえば巨峰とデラウェアが主流でしたが、今は国産のものでもたくさんの種類がありますよね。

あまり聞いたことがないから・・・と敬遠している人もいるかもしれませんが、それぞれ個性があっておいしいんですよ。今回は様々なブドウの種類を紹介していきますね。

黒いブドウの種類

jreika/Shutterstock.com (9898)

via jreika/Shutterstock.com
まずは、黒いブドウの種類ですね。代表的なものは巨峰です。巨峰は日本で最も生産されているブドウで、最も生産量が多い県は長野県です。元々は種の入っている種類ですが、
最近は食べやすい種無しのものが多く出回っています。その他の黒いブドウは、あまり見分けがつかないという人もいるかもしれませんね。
それぞれの特徴を紹介しますので、お買い物の際に参考にしてみてください。巨峰系の品種にはこんなものがあります。

・高墨:ぶどうよりやや粒が小さめ
・紫玉:粒はあまり変わらないが、房自体が手のひらに乗るくらいの大きさ

ほかに、巨峰とほかの品種を掛け合わせたものもあります。

・ピオーネ:巨峰とマスカットの交配種。マスカットの爽快な香り。
・ナガノパープル:巨峰とリザマートの交配種。皮ごと食べられる。

他にも有名な黒ブドウにはこのようなものがあります。

・藤稔・大砲:500円玉ほどの大きさで粒が大きい。糖度が高い。
・スチューベン:もともとはニューヨークの品種だが、現在は青森で作られている。
       粒は小さく、糖度が高い

赤いブドウの種類

photo AC (9901)

via photo AC
赤いブドウで代表的なものはデラウェアですね。主な産地は山形県です。小粒で食べやすいのでお子様に人気。ほかのブドウに比べて安価なのもうれしいです。ほかにはどんな品種があるのでしょうか。

・甲斐路:別名赤いマスカットといわれる華やかな香りと高い糖度のぶどう。
     皮がむきにくいのでそのまま食べてもよい。

・シナノスマイル:巨峰と高墨の交配種で巨峰の孫のような存在。
         粒は巨峰と同じくらいで、甘さと酸味のバランスがよい。

・ロザリオ・ロッソ:マスカットオブアレキサンドリアとルビーオクヤマの交配種。
          果肉はぷりぷりとしていて、さっぱりとした甘さ。

・グローコールマン:もともとはロシアの品種だが日本では岡山県で栽培されている。
          身は大粒で皮が薄い。さっぱりとした味わい。

・紅伊豆:13~16gほどもある大粒のブドウ。
     果肉はとても甘くてジューシー。

赤いブドウは黒いブドウよりも味の違いがありますので、お好みのものを見つけてくださいね。

緑のブドウの種類

photo AC (9904)

via photo AC
緑のブドウの代表格はマスカットですね。日本でマスカットといえばマスカット・オブ・アレキサンドリアのことを指すことがほとんどです。主な産地は岡山県です。香り高いブドウでワインの原料に使われることもあります。
大粒の実はやや楕円柄できれいなエメラルドグリーン。甘さと適度な酸味のあるブドウ。
他には緑色のブドウなどのようなものがあるのでしょうか。

・シャインマスカット:2006年に品種登録されたばかりの新種だが既に人気が高い。
           マスカットの香りと高い糖度を持ち合わせている。
           皮ごと食べられる。


・瀬戸ジャイアンツ:グザルカラーとネオマスカットの交配種。
         皮ごと食べられる品種で糖度が高い。

・翠峰:ピオーネとセンテニアルの交配種。
    種が少なく、入っていないものもある。粒が大きく楕円型。味が濃厚。

・ナイアガラ:アメリカ生まれの品種。日本では北海道が主な産地。
       粒は中粒で果汁が多く、デラウェアのような食感。

いかがですか?

色々なブドウの特徴を紹介させていただきました。同じものしか食べたことがないという方はぜひ気になるブドウを試してみてくださいね。


thumbnail pictures by Sea Wave/Shutterstock.com
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

料亭の味!紅葉おろしといただく"無花果の揚げ出し"

【動画】今が旬の無花果を使った一品。果物なので生で食べることが多い無花果ですが、実は揚げたり焼いたり煮込んでも美味しいんです♪熱々の出汁をカリッと揚げた無花果にたっぷりとかけた、無花果の揚げ出し。衣を剥がれにくくするために、薄力粉をあらかじめまぶしておくのがポイントです!

旬の桃をおいしく食べたい。果物にはおいしい食べ方があるって本当?

どんな桃を選んでどのように食べるかで、果物の味が変わってくることをご存知でしょうか。せっかく買ったのにかたかった桃をやわらかくする方法も合わせて紹介していきます。

品種の多さは果実ナンバーワン!甘くて熟した食べごろのぶどうの選び方

秋なるとスーパーやフルーツ店の店頭にはずらりとぶどうが並びます。デラウェアやマスカット、巨峰など定番のぶどうから初めて聞く新品種のぶどうまで、どれを買おうか迷ってしまうほどです。失敗のない美味しいぶどうの選び方についてご紹介します。

甘くて美味しい三種のぶどう、贅沢にまるごと包んじゃいました♪ぶどうのクリーム大福!

【動画】夏から秋にかけて旬をむかえるぶどう。今回は、種がなくて皮ごと食べられる「ナガノパープル」「シャインマスカット」「クイーンニーナ」の三種を使い、贅沢にまるごと1粒包んだクリーム大福をご紹介します!ひんやり冷たいまろやかなクリームと、みずみずしいぶどうの果汁が口の中に広がります♪

2色のぶどうを白ワインゼリーで閉じ込めた♡大人のフルーツテリーヌ

【動画】今回は2色のぶどうを使った大人のフルーツテリーヌをご紹介します。白ワインとサイダーのゼリーに2色のぶどうをたっぷりと閉じ込め、さらにミントとヨーグルトの爽やかなゼリーを重ねて2層のテリーヌにしました。切った時の断面に感動するはずですよ♡

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部