2015年7月3日 更新

初心者の為のウイスキーvol.3 「アメリカンウイスキーについて」

最近、若い女性からも注目を集めるウイスキー。でも、そもそもウイスキーの原料って?バーボン、スコッチって何?このシリーズでは、そんな方でも楽しめるようウイスキーの生産地や種類、飲み方などをご紹介していきます。今回は、アメリカンウイスキーについて。

アメリカンウイスキーって?

skeeze (8975)

アメリカンウイスキーの代表といえば「バーボン」です。よく耳にするウイスキーですね。とはいえ、アメリカで作られているウイスキー全てが、バーボンという訳ではありません。

原料の50%以上がトウモロコシのものを「バーボンウイスキー」、80%以上になり製法も変わると「コーンウイスキー」と呼ばれます。他にも、ライ麦が50%以上のものは「ライウイスキー」です。

バーボンウイスキー、コーンウイスキー、ライウイスキーとは別の蒸留酒をブレンドした「ブレンデッドウイスキー」という種類もあります。

バーボンの由来

そもそも「バーボン」の語源はフランスのブルボン王朝に由来するものなのです。何故フランスなの?と思いませんか?フランスはウイスキーの産地ではないのに…。

この名前の由来は、アメリカ独立戦争までさかのぼります。

独立戦争の際にアメリカに味方したフランスの功績をたたえ、ブルボン王朝のブルボンを英語読みにした「バーボン郡」がケンタッキー州に作られました。バーボン郡でウイスキー作りが盛んだった為、バーボンがウイスキーの代名詞になったと言われています。バーボンの80%以上が、ケンタッキー州で生産されているのも頷けますね。
では、アメリカンウイスキーのタイプをご紹介します。

【バーボンウイスキー】

skeeze (8980)

原料の50%以上がトウモロコシで、アルコール度数80度以下で蒸留し、内側を焦がしたオーク樽で2年以上熟成させたウイスキーです。香ばしくて、くせがあるのが特徴。

また、蒸留させたバーボンをサトウカエデの木炭でろ過してからオーク樽で熟成させたものは「テネシーウイスキー」と呼ばれています。バーボンと比べると、すっきりとした味わいが特徴です。

◆有名な銘柄
・EARLY TIMES(アーリータイムズ)
・FOUR ROSES(フォアローゼズ)
・JIM BEAM(ジムビーム)
・WILD TURKEY(ワイルドターキー)など

【コーンウイスキー】

原料の80%以上がトウモロシで、アルコール度数80度以下で蒸留し、再使用のオーク樽、もしくは内側を焦がしていないオーク樽で2年以上熟成させたウイスキーです。バーボンよりも優しい風味と甘みがあるのが特徴です。

【ライウイスキー】

原料の50%以上がライ麦で、アルコール度数80度以下で蒸留し、内側を焦がしたオーク樽で2年以上熟成させたウイスキーです。バーボンよりも深いコクをもつ味わいが特徴。

【ブレンデッドウイスキー】

先に書いた、バーボン・コーン・ライウイスキーを20%以上使用し、熟成年数が短いウイスキーやスピリッツなど他の蒸留酒をブレンドしたウイスキーです。軽い口当たりが特徴。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初心者の為のウイスキーvol.2 「スコッチウイスキーについて」

最近、若い女性からも注目を集めるウイスキー。でも、そもそもウイスキーの原料って?バーボン、スコッチって何?このシリーズでは、そんな方でも楽しめるようウイスキーの生産地や種類、飲み方などをご紹介していきます。

初心者の為のウイスキーvol.1

最近、若い女性からも注目を集めるウイスキー。でも、そもそもウイスキーの原料って?バーボン、スコッチって何?このシリーズでは、そんな方でも楽しめるようウイスキーの生産地や種類、飲み方などをご紹介していきます。今回はまず、生産地による特徴から!

「ウイスキーはお好きでしょ?」小雪だけじゃない魅惑のウイスキー

 小雪さんのサントリー角のCM、「ウイスキーはお好きでしょ?」フレーズはまだ頭のなかで鳴っていること思います。ウイスキーを語るのは小雪だけじゃない! ウイスキー好きのわたしがおススメする本当に美味しいウイスキーの話です。
dish tips | 414 view

初心者の為のウイスキーvol.4 「ジャパニーズ・ウイスキーについて」

最近、若い女性からも注目を集めるウイスキー。でも、そもそもウイスキーの原料って?バーボン、スコッチって何?このシリーズでは、そんな方でも楽しめるようウイスキーの生産地や種類、飲み方などをご紹介していきます。今回は、ジャパニーズ・ウイスキーと、ウイスキーの一般的な飲み方についてご紹介します。

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.24

皆さん、楽しいお酒との時間を過ごされていますか? ワインを飲むことが出来る飲食店は増え続けていますが、皆さんはどんなワインを楽しまれているのでしょうか? 今日はブランデーのお話をしたいと思います。レストランでちょっと格好良く、食後にブランデーを飲めたら素敵だと思いませんか? デザートでオーダーするほど甘いものが お好きでない方の為に、デザートとチーズのどちらかを選べるレストランは多くあります。 チーズと甘いワイン(貴腐ワインやポートワインなど)もいいですが、甘いものがとにかく苦手な方にはブランデーがお薦めです♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部