2016年9月11日 更新

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.23

2016年4月16日~19日 第15回A.S.I.世界最優秀ソムリエ・コンクール アルゼンチン大会‼ ソムリエという職業はその技術と知識を競い合う、コンクールという素晴らしい機会のある仕事です。 今日は是非ソムリエ・コンクールについてお話させてください♪

様々なソムリエ・コンクール

Luca Martini, Miglior Sommelier d'Italia 2009 by VinoFamily (21456)

via Luca Martini, Miglior Sommelier d'Italia 2009 by VinoFamily
大きなソムリエ・コンクールとして、世界大会が三年に一度開催されています。
その他にも各国で、各協会でと様々なソムリエ・コンクールが行われています。
日本では全日本最優秀コンクールをはじめ、若手の為のコンクールであるスカラシップ、イタリアワインのインポーターである日欧商事株式会社(JET)主催のJETCUPというイタリアワインのソムリエ・コンクール等もあります。

ソムリエ・コンクールってどんなことを競うの?!

image by 筆者 (21459)

via image by 筆者
ソムリエ・コンクールでは飲料についての幅広く深い知識、そして世界レベルのサービス力が問われます。
大会でのサービスは母国語の使用は認められず、英語、フランス語、スペイン語のいずれかで行われます。
技術、知識だけでなく、語学力も問われるのです。

私が原稿を打ち込んでいる今、まさにこの瞬間に第15回アルゼンチン大会が開かれています!!
チーム日本の石田博(いしだ ひろし)さん、森覚(もり さとる)さんの二名は準決勝進出を決めていますよ!!

この大会には歴代の優勝者が集結しています。
第8回優勝者の田崎真也さんは流暢なスペイン語で挨拶されていました!!素晴らしい!!

コンクールでは、世界のワイン、アルコール飲料を対象にした筆記試験、ブラインド・テイスティング、実技試験が行われます。

全日本最優秀コンクール予選の筆記問題も、これが超難関な問題ばかりで驚きます。
世界大会に出場できるソムリエの選出ですから、当たり前のことなのですが…

ワインの産地、葡萄品種、栽培、醸造、熟成、葡萄の病気や害虫等々、多くの知識が必要となります。
tea leaves fruit by Le living and co. (21461)

via tea leaves fruit by Le living and co.
Coffee Beans by DeaPeaJay (21462)

via Coffee Beans by DeaPeaJay
ワイン等のアルコール飲料以外にも、コーヒー、紅茶、シガー、料理等々、レストランでお客様が口にするありとあらゆる物の知識が問われます。

その他にも、例えばサミットの際の晩餐会の席次についてなどを問われたりします。
サミットでは加盟国の大統領制を設けている国が上位となり、アメリカが筆頭というルールがあります。日本は首相制なので下位となります。
サービスの順は国名のアルファベット順で行うなど、多くのルールが設けられています。
このような国際ルールについての知識、顔写真を見てどの国の大統領で名前は?なども覚える必要があります。

出題範囲があるわけではないので、優勝を狙う為にはコンクールの為の勉強を続ける必要があります。
仕事を続けながらという決まりがあり(給与明細のコピー提出などあります)、仕事を休職してコンクールの為に勉強するなどは認められません。

緊張の中でのテイスティングと実技試験

コンクールのティスティングは、予選は記述ですが、決勝では公開で行われます。
グラスに注がれた液体を、香り、味わい、サービス方法、合わせる料理と様々なコメントをしていきます。
ワインが注がれているとは限りません。日本酒である可能性もあります。

最高潮の緊張の中、持てる感覚と知識で答えを導き出すのです。
最後に結論を述べますが、その瞬間、会場内を最高潮に緊張感が覆います。導き出された言葉を、聴衆は固唾を飲んで見守ります。

実技試験では審査員とゲスト役の方がテーブル着いていて、与えられたシチュエーションでサービスを行います。
「○○(ワインの銘柄を述べられます)をお願いします」
実技試験にはトラップが仕掛けられています。
Moet & Chandon by mespechesmignons (21466)

via Moet & Chandon by mespechesmignons
例えばシャンパーニュのモエ・エ・シャンドンをオーダーされたとします。
ワインクーラーにはノン・ヴィンテージとヴィンテージのシャンパーニュの二種類が用意されています。

制限時間は短く、時間内にサービスを終えられないこともあります。
大きなプレッシャーの中で素早い判断力を問われます。

ソムリエという仕事

image by 筆者 (21469)

via image by 筆者
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.21

2016年、日本ソムリエ協会は新しい会長を迎え、新たな気持ちでスタートを切りました。 日本で一番有名なソムリエですね!!田崎信也さんが会長となりました。 今年4月は「第15会世界最優秀ソムリエコンクール」がアルゼンチンで開催されます。コンクールは3年に一度開催され、田崎さんは1955年第8回の優勝者です。ソムリエという仕事が注目を浴びそうに思います。

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.24

皆さん、楽しいお酒との時間を過ごされていますか? ワインを飲むことが出来る飲食店は増え続けていますが、皆さんはどんなワインを楽しまれているのでしょうか? 今日はブランデーのお話をしたいと思います。レストランでちょっと格好良く、食後にブランデーを飲めたら素敵だと思いませんか? デザートでオーダーするほど甘いものが お好きでない方の為に、デザートとチーズのどちらかを選べるレストランは多くあります。 チーズと甘いワイン(貴腐ワインやポートワインなど)もいいですが、甘いものがとにかく苦手な方にはブランデーがお薦めです♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.22

2016年4月16日~19日 第15回A.S.I.世界最優秀ソムリ エコンクール アルゼンチン大会が終わりました。 今日はアルゼンチン大会の内容に触れたいと思います。

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.19

みなさんはソムリエの仕事って、ワインの給仕だけだと思われていませんか?ソムリエはワインだけでなく、水、日本酒など飲料全般の提供や管理などを行います。 店舗によって一部の飲料しか揃えていない等ありますが、全ての飲料に対してアドバイス出来るように知識を蓄える必要のある仕事なのです。パリのミシュラン星付きレストラン等では、日本酒を見掛けるようになりました。 ソムリエ達の日本酒への関心は高く、その知識もとても高く兼ね備えています。 フランス料理に日本酒を巧みに合わせてくれ、驚きと感激を与えてくれます。食の都パリで日本酒が認められていることは嬉しいことですね♪今日はフランスで頑張っている日本酒について、ちょっと触れてみたいと思います。

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.14

9月に入りましたが、まだまだ暑さも残る毎日ですね。 少し蒸し暑さを感じる日には是非、ロゼワインをお飲みになって戴きたいです!!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部