2018年11月30日 更新

【ワイン特集】新しい文化の誕生、オーストリアワイン×日本料理!

今、オーストリアワインと寿司を始めとした会席料理は風味や味わいの相性が良いと注目されています!

ワイン×日本料理 新しい文化の誕生

 (39899)

普段ワインはいつ飲まれますか?

日本人の多くは、フランス、スペイン、イタリアなどヨーロッパ周辺地域の料理やおつまみと合わせて飲むのではないでしょうか。

特にスパイスや塩味の効いた味の濃い料理にはよく好まれます。

そんなワインですが、今なんとオーストリアワインと寿司を始めとした会席料理は風味や味わいの相性が良いと注目されています。

風土や文化に根付いて製造されているオーストリアのワイン、日本料理の1つである食材や調理法に季節感を重んじている繊細な盛り付けと味付けの会席料理。

この2つの組み合わせがなぜ今注目されているのかが分かれば、あなたもワイン通の1人です。


オーストリアワインの3大魅力

まずは、オーストリアワインについて。

今日、オーストリアワインは世界中のワインのプロや愛好家に愛されており、地元の生産者の手作業で作られたワインは幾度となく国際的なブラインドテイスティングにおいてそのポテンシャルを裏付けています。


オーストリアワインは他に換えることのできない3つの独自性と特徴をもっています。

 (39900)

①気候・土壌
暖かい陽が降り注ぐ夏と、収穫時期の北ならではの夜の冷え込みによって、香り豊かでフレッシュとなり、段状斜面畑、火山性といった土壌によって味に個性のあるワインが生まれる

 (39901)

②品種・文化
国際的に成功を収めているグリューナー・ヴェルトリーナーなどの品種はいずれもオーストリアの特定の産地や畑で栽培されています。

また、オーストリアのワインの歴史はローマ時代から続く2000年以上の長い歴史があり、ローマ時代にワインが製造されていたバロック様式の修道院、畑、城などはワイン産地ならではの要素です。

 (39902)

③味わい
オーストリアは辛口ワインが主流で、世界的に評価されているのは白ワインが6割以上を占めています。また、日本料理の「うま味」を削らない繊細で絶妙な味の塩梅こそが、今回注目の根源です。

オーストリアワインと日本料理のマリアージュ

 (39903)

39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

本音(ガチ)トーク「寿司×SUSHI」

世界を股にかける寿司職人こと寿司サムライ・小川洋利と、寿司漫画の金字塔『将太の寿司』作者・寺沢大介氏による本音(ガチ)トーク!

ピンクのクリームで華やかにデコレーション♪おしゃれでキュートなおつまみ「エクレア・サレ」

【動画】サクサクのエクレア生地に、サーモンとクリームチーズの爽やかなクリームを添えて。ワインなどのアルコールのお供にもぴったりです!彩りをプラスして華やかな仕上がりに。見ているだけで気分が上がるフィンガーフードです♪気軽につまめるのでイベントやパーティーで活躍すること間違いなし!

ワインに合う♡ベーコン&バジルのもちもちポンデケージョ

【動画】ブラジル生まれのチーズパン「ポンデケージョ」。チーズの塩気ともちもち食感がクセになる美味しさです。今回は刻んだベーコンとバジルを入れてワインにぴったりな味に仕上げましたが、黒ごまやコーンなど好きなものを入れてアレンジしてみてくださいね♪

2色のぶどうを白ワインゼリーで閉じ込めた♡大人のフルーツテリーヌ

【動画】今回は2色のぶどうを使った大人のフルーツテリーヌをご紹介します。白ワインとサイダーのゼリーに2色のぶどうをたっぷりと閉じ込め、さらにミントとヨーグルトの爽やかなゼリーを重ねて2層のテリーヌにしました。切った時の断面に感動するはずですよ♡

お酒と一緒に♪黒オリーブとバルサミコ酢でグッ‼︎と大人な味になった黒オリーブ入りハンバーグ

【動画】ライスよりもパンで食べたいディナー向けのハンバーグ。黒オリーブをハンバーグのタネに混ざることで、子供から大人までみんな大好きなハンバーグが、お酒と一緒に食べたい大人のハンバーグに大変身しちゃいます!酸味が苦手という方はソースをトマトソースにチェンジ食べてみて下さいね。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部