2016年10月3日 更新

家にあるアレが意外と優秀!?便利なお掃除用具として大活躍する“残り物”たち

あまり物には福がある?いつもは捨ててしまうようなものや、意外なものがお掃除道具として使えるものがあります。 これを読んだら思わず試したくなる、ユニークなアイデアを一挙にご紹介!

これからは掃除道具!?片栗粉の実力!

FotoDuets/Shutterstock (27635)

片栗粉はお料理のとろみ付けや下処理に活躍する食材の一つですよね。実はこの片栗粉、最近はお掃除道具として注目されているのです。

この“トロミ”が、いわゆるジェル系の洗剤と同じ役割を果たしてくれます。カビ取り剤や漂白剤と片栗粉を1:1の割合で混ぜ合わせてペースト状にしたものを作ります。液だれしてしまうことで汚れに洗剤が定着しづらい縦の部分もしっかり定着。お風呂のパッキンや扉、窓、サッシなどのカビ汚れに塗って5分ほど放置した後に、濡れたティッシュで拭き取れば驚くほど綺麗になります。

魚焼きグリルにも片栗粉は活躍!グリルを使う前に、「水1カップに対して大さじ4の片栗粉」を受け皿に流し込むだけ。普通にお魚を焼いた後は、そのまま片栗粉が自然とゼリー状に固まるまで放置。それをペロンと剥がしてポイ★片栗粉は洗剤ではないので安心して使えますよね♪

肌に合わなかったクレンジングシートが掃除に使える!

Svyatoslav Aleksandrov/Shutterstock (27636)

メイクを落とすときに便利なクレンジングシート。ウェットティッシュのように、サッと使えて便利ですよね。でも、肌に合わなくて使っていないもの、ちょっと乾きかけているようなものはありませんか?

クレンジングシートに使われている布は不織布でできており、水やクエン酸、オイルが配合されているなど様々です。しかし、これらはどれも「油汚れ」を落とすのにはピッタリなんです!

たとえば、キッチンのコンロ回りや壁。ちょっと水拭きでは落ちないけど、洗剤を使って本格的に掃除をするに至らないような汚れには、このクレンジングシートでササッと一拭きすればスッキリ♪パソコンのキーボードなど、皮脂で汚れやすいところにも使えます。

肌に合わなかったクレンジングオイルも、頑固なキッチンの油汚れに使えますよ。

試供品で貰った、余ったリンスも捨てないで!

Traza/Shutterstock (27637)

試供品で貰ったものの使っていないリンスはありませんか?ボトルの詰め替えで一旦すすぎ洗いをするときも、シェイクしたらバケツに一旦プールして!

実はこの水に溶かしたリンスが柔軟剤の代わりや、お掃除の仕上げ拭きに使えるのです。

1カップのお湯に対して1プッシュのリンスを溶かして洗濯機の中に投入して終了♪香りも良く、洗濯物を柔らかく仕上げてくれる効果もあります。

また、雑巾にリンスをしみこませて、テレビボードや飾り棚をサッと一拭きすれば、静電気が発生してホコリがつきにくくなります。ホコリが溜まりやすいコードの部分やテレビ裏などもサッと拭いておけば、お掃除の頻度が下がりますよ★
"もう使わないから、いらないからと断捨離する前に、自分のポーチや試供品がまとまって入っているところにあるものをチェックしてみて下さい。意外と使えるものが入っているので、試しに使ってみる価値はありますよ♪"


Thumbnail Picture by Budimir Jevtic/Shutterstock.
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ニンニクも生姜もまとめて冷凍!冷凍保存しておくと便利な食材とテクニック

大量にまとめ買いをしてしまった食材や、使いきれなかったニンニクや生姜。そのまま冷蔵庫に入れておくと傷んでしまいますが、冷凍保存しておくとかなり便利!お弁当や副菜、一人暮らしのパパっとご飯にあると便利な食材の冷凍テクニックをご紹介します。

洗濯機の汚れはどうしたらいい?洗濯槽だけでは終わらせない洗濯機のお掃除

洗濯しても洋服がにおう人は洗濯槽が汚れているかも!?思わず見て見ぬ振りしたくなってしまいがちな汚れもしっかりケアをしてカビを防止!意外と汚れている洗濯機の細かいパーツもしっかり綺麗にしましょう♪

見て見ぬ振りをしていた換気扇の汚れ... 状態にあわせた解決法でスッキリお掃除しよう!

お料理すると必ず汚れる換気扇、臭いやベタつきがひどく気になりますよね?汚れのレベルにあわせた落とし方と対処法を知って、毎日のお掃除や大掃除に活用しましょう。

洗濯している暇がないママに!今日から挑戦できるお洗濯の時短テクニック

小さな子供がいると、洗濯物を取り込んでたたむだけでも一苦労。 家事をしている最中に子供に呼ばれると、思うようにお洗濯も進みません。 忙しいママにこそチャレンジしてほしい洗濯時短テクニックを紹介します。

茶渋は塩で? コップの汚れをピカピカにスッキリ落とす3つの裏技

コップ汚れの種類別に、ピカピカにする裏技を紹介します。 ガラスのコップもマグカップも、ちょっとしたコツを使えば買ったばかりの状態によみがえります。 知っていると役立つ暮らしのまめ知識、早速チェックしていきましょう。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター