2016年4月15日 更新

食品の持つ抗菌パワーをいかす!お弁当に取り入れたい抗菌食材5選

お弁当は、お昼ご飯として職場に持参したり、運動会やハイキングでみんなと楽しく食べたりすることが多いですね。しかし、お弁当作りで注意したいことのひとつに食中毒があげられます。抗菌作用がある身近な食品とお弁当への取り入れ方をご紹介します。

15,631 view お気に入り追加 0

梅干しのクエン酸とリンゴ酸のパワーで強力殺菌! 

Ursula Ferrara/Shutterstock.com (12320)

via Ursula Ferrara/Shutterstock.com
梅干しに含まれるクエン酸やリンゴ酸には強力な殺菌力があり、食中毒の原因となる菌の繁殖を防いでくれます。また、クエン酸には唾液の分泌を促す効果もあります。梅干し自体の抗菌作用と唾液の殺菌作用で体の外からも中からも食中毒を防ぐことができる食材なのです。ただ、梅干しは、接触しているまわりの部分にしか殺菌作用がありません。お弁当に取り入れるときはご飯の上にのせるのではなく、細かく刻んでご飯に混ぜるなどして、梅干しが全体にまんべんなく行きわたるようにしましょう。

食中毒を防いで美味しさアップ!Wの効果が嬉しいお酢

Warren Price Photography / Shutterstock.com (12323)

via Warren Price Photography / Shutterstock.com
お酢には食品をいたまないようにする防腐効果のほか、酢酸による強い抗菌効果があります。その抗菌効果を利用して、板前さんが包丁やまな板をお酢で消毒するほど。お酢をお弁当に利用するときは、スプーン1杯のお酢をお米と一緒に炊くことで、効果的に菌の繁殖を防ぐことができます。また、ハンバーグを作る際はひき肉にお酢を少量加えて焼くことで、いたみにくくジューシーに焼きあがります。食中毒を防いで、なおかつおかずをおいしくしてくれるお酢はお弁当にぴったりです!

わさびの辛味成分で細菌の増加をブロック!

kowitstockphoto/Shutterstock.com (12326)

via kowitstockphoto/Shutterstock.com
わさびの辛味成分である「アリルからし油」には食中毒の原因となる細菌の増加を防ぐ効果があります。お刺身にわさびが添えられているのはその殺菌効果を利用したもの。わさびの防カビ・防臭効果を利用したお弁当用シートもあります。お弁当にわさびを利用するときは、わさびソースを使ったおかずを入れたり、お弁当の蓋に薄くわさびを塗ったりするといいでしょう。

殺菌効果と食欲増進効果で不調を撃退できる生姜

aboikis/Shutterstock.com (12329)

via aboikis/Shutterstock.com
わさび同様、生姜に含まれる辛味成分「ジンゲロール」と「ショウガオール」には殺菌作用と酸化防止効果があります。お寿司にしょうがの甘酢漬けがついてくるのは、生姜の殺菌効果を利用しているのです。生姜は、肉料理や魚料理とも味の相性がいいので、お弁当のおかずとしても取り入れやすい食材ですね。また、サッパリとした口当たりが食欲を増進しますので、箸休めとしてお弁当に入れるのもオススメです。

大葉は特有の香りと辛味が抗菌パワーの秘密!

jreika/Shutterstock.com (12332)

via jreika/Shutterstock.com
大葉に含まれる「ペリルアルデヒド」には独特な香りと辛味があります。この成分は、別名シソアルデヒドと呼ばれ、殺菌作用や食品の腐敗を防ぐ効果が認められる大葉特有の成分です。大葉は食塩と一緒に使うことで殺菌作用を発揮しますので、おにぎりに刻んで混ぜたり、お肉料理に挟んだりしてお弁当に取り入れましょう。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏場の「お弁当」大丈夫?気になる食中毒や食品の傷みを減らす方法

お子さんやパパのお弁当作りで、夏場になると気になるのが食中毒問題ではないでしょうか。情報収集をすればキリがなく、一体何をしたらいいのか悩んでしまう人もいると思います。そこで、「このポイントさえ抑えておけば大丈夫!」というコツをまとめます。

ピクニックにも運動会にも♪いなり寿司お弁当のつくり方

【動画】 今週のonedishmealsはピクニックや運動会にオススメな「いなり寿司お弁当」のつくり方をご紹介します。平日は自分や家族用に一人分のお弁当を作る方も多い筈。たまにはみんなでワイワイ食べるお弁当もいいですよね。運動会やピクニックなど、お日様の下で食べるお弁当は美味しさも楽しさもひとしおです♪みんな笑顔になる「いなり寿司お弁当」試してみて下さいね!

お弁当が傷んじゃう!?行楽シーズンのお弁当作りに気をつけたいポイント

これからどんどん暖かくなってくる行楽シーズン!でも、日差しの中で長時間置きっぱなしにされがちなお弁当は、傷んでしまわないかが心配ですよね。お弁当を作る時、そして詰めるときも重要な「お弁当を傷みにくくするポイント」をしっかり抑えましょう!

お酒と一緒に食べたい♪ピザ生地を揚げたカリッともちっとなゼッポリーネ!

【動画】今回はピザ生地に生青のりを混ぜて揚げたイタリアの前菜、ゼッポリーネを作ってみました!パクッと食べれる小さめのサイズなので、お弁当のおかずや、お酒のお供にもピッタリ♪あともう1品欲しいかも!という時に是非作ってみてくださいね。

お煎餅が衣に!!塩麹に漬け込んだやわらか鶏肉の歌舞伎揚からあげ!

【動画】形が特徴的なお煎餅「歌舞伎揚」をからあげの衣にしちゃった歌舞伎揚からあげ。お肉を漬け込むタレは、お肉を柔らかくする効果もある塩麹にしっかりと漬け込み、濃いめの味付けのからあげに仕上げました。歌舞伎揚がどんな衣になっているか作って確かめてみてくださいね。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部