2016年5月29日 更新

和食には欠かせない名脇役?しいたけに隠された知られざる実力とは

しいたけが身体にいいことは何となく知っていたけど、具体的にどのような健康効果があるのか知らないという人も多いと思います。 あまりにも身近な食材なだけに、大きく注目されていなかった食材の一つとも言えるしいたけの実力について、詳しくご説明していきます。

しいたけの旬と、選び方、保存方法

Dokmaihaeng/Shutterstock.com (19149)

via Dokmaihaeng/Shutterstock.com
しいたけは3~5月の春と、9~11月の秋が最もおいしい季節になります。
肉厚でカサがしまっており、カサの裏側が白く、さらに軸が太くて短いというのがおいしいしいたけの条件です。お料理する前に、カサを裏返して1時間ほど天日干しにすると旨味が増します。
保存の際はよく乾かしてから冷蔵庫に入れます。これはシイタケが湿気を吸いやすく、傷みやすいためです。カサを裏返してラップに包み、3~4日程度で食べきりましょう。

また冷凍する場合は、汚れや石づきを切り落して冷凍保存用の袋にカサを裏返して並べておきます。使う際は自然解凍で大丈夫です。

大人も子供も嬉しい“骨”への健康効果

Zurijeta/Shutterstock.com (19152)

via Zurijeta/Shutterstock.com
しいたけは干すことでカルシウムの吸収を促すビタミンDが増します。
高齢者の骨粗しょう症の予防や、子供の成長期を支えるためにも、カルシウムと一緒に摂取すると効果的です。
また、血中コレステロールを低下させる「エリタデニン」という成分が含まれています。動脈硬化の予防や、ストレスの影響による高血圧症に悩まされている人にとっても嬉しい成分です。
他にも、低カロリーなのでダイエットに向いており、免疫力を活性化させる成分が豊富に含まれているなど、注目すべき点の多い食材です。

しいたけを美味しく食べるためのポイント

Anna Hoychuk/Shutterstock.com (19155)

via Anna Hoychuk/Shutterstock.com
・干ししいたけ
しいたけの実力を引き出すには、干すのが効果的です。
干ししいたけ(どんこ)を水で戻すと「グルタミン酸」という旨味成分が抽出されます。
お料理する時は、旨味と栄養が凝縮された戻し汁は捨てずに、筑前煮や含め煮などのお出汁として使い切ってしまいましょう。

・生しいたけ
生しいたけなら鶏ひき肉を使って肉詰めにすると、おいしい上にヘルシーです。
軸も固いところだけ切り落として、みじん切りにすれば挽肉と混ぜて無駄なく全て食べきることができますよ。
茶わん蒸しや炊き込みご飯、スープにしても風味や香りが楽しめます。

・しいたけが苦手な人向けの食べ方
中には、しいたけが苦手という人もいると思います。
しいたけは蒸すとニオイが気にならなくなるので食べやすくなります。
蒸したしいたけを春巻きや餃子の具材に混ぜたり、肉そぼろ風の味付つけでツナと一緒に炒めてご飯にかけたり、混ぜご飯にしてみましょう。
濃い味付けにしてみるのもいいですよ。

栄養価の高いしいたけ

Slobodan Kunevski/Shutterstock.com (19158)

via Slobodan Kunevski/Shutterstock.com
しいたけは意外にも栄養価が高く、育ち盛りのお子さんや産後でカルシウム不足に悩んでいるママ、血圧やコレステロール値に問題がある方など、多くの人にとって救世主となる食材であることがお分かりいただけたと思います。
どうしてもしいたけが食べにくい時は、蒸したり、濃い味付けにしたりすれば食べやすくなりますので、是非試してみて下さいね。

thumbnail pictures by Naviya Koomprawat /Shutterstock.com
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ヘルシーな健康食材としてお馴染みの「豆腐」を使ったオリジナルレシピ♪

日本料理に欠かせない食材、豆腐。とてもヘルシーで身体に良い大豆製品ですが、毎回味噌汁や冷や奴にするだけでは飽きてしまいますよね。そこで今回は、豆腐を使ったオリジナルレシピをご紹介します!

お手頃価格のヘルシー食材♪鯵(アジ)の美容・ダイエット効果がスゴすぎる

日本人の「魚離れ」が深刻になっています。 生の魚を買ってきて食べたのはずっと前という方も多いのではないでしょうか。 ここでは、アジの美容・ダイエット効果について紹介します。 知ればきっと食べたくなる、鯵のまめ知識を見てみましょう。

ためしたらもう病み付き!お豆腐のちょっと変わった美味しい食べ方

お豆腐は、女性ホルモンをアップさせる美容食材。ヘルシーなイメージも強く、キレイな女性の味方です。ただ、淡白な味ゆえに、だんだん飽きてしまいます。そんな悩みを解消する「ためしてみたら病み付きになったお豆腐のちょっと変わった食べ方」を紹介します。

チョコレートは美容・健康の強い味方!「神様の食べ物」カカオの栄養成分と効能

はるか昔から、「神様の食べ物」として人類に愛されてきたカカオ。チョコレートやココアとして親しまれているとても身近な存在ですが、ただ美味しいだけではないんです。美容や健康を助ける、優れた栄養成分とその効能をご紹介します。

体の中から健康に!海外でも注目を集めているマクロビオティクス

マドンナ、トム・クルーズ…世界のセレブも実践するマクロビオティック。名前は聞いたことあるけれど、実際マクロビって何?どんな効果があるの?今さら聞けないマクロビの色々を分かりやすくご紹介しますね。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部