2016年6月10日 更新

雨が続く時でも安心!ズボンを早く均等に乾かす方法・干し方のテクニック

洗濯物がなかなか乾かないと憂鬱な気持ちになりますよね。 とくに乾きにくい「ズボン」を早く乾かす方法・テクニックを3つ紹介します。 忙しい合間をぬって家事をしている方に役立つ生活のまめ知識、さっそく見ていきましょう。

1.こまめに洗濯!洗濯物をためないこと

www.BillionPhotos.com/Shutterstock.com (19918)

via www.BillionPhotos.com/Shutterstock.com
雨の日が続くと、どうしても洗濯物がたまっていきます。
家族が多い家庭でも2〜3日分まとめて、なんてことがあるでしょう。
一緒に洗ったものは同時に干すので、ハンガーがいっぱいになります。
空気がとおる隙間が少なくなれば、ズボンもすぐには乾きません。
干す時間を短くするには、こまめに洗濯すること。
乾いたものから取り込んで、空気を通してあげるといいでしょう。
一定量の洗濯物がたまったときには、コインラインドリーを併用するのもひとつの手です。
業務用乾燥機にかければ、一気に洗濯物を処理できます。

2.傷まない丈夫な生地はもう一度脱水をオン

Csaba Vanyi/Shutterstock.com (19919)

via Csaba Vanyi/Shutterstock.com
全自動洗濯機は便利なもので、全ておまかせで洗濯できます。
スイッチを入れたら音がなるまで放置、という方も多いでしょう。
厚手の生地のズボンだと、一度の脱水では水分がとりきれません。
湿った感じが強いようなら、もう一度脱水をかけましょう。
ただしこれは、シワになりにくい丈夫なズボンにだけ使える技。
基本的には脱水するほどシワ・ダメージが加わるので、デリケート素材の場合は気をつけます。
柔らかい生地のズボンなどは、手でしぼって水分を飛ばすだけでも違います。
もしくは、形を変えながら数秒の脱水を繰り返すこと。
大事な衣服を傷ませないよう調整しながら試してください。

3.風の通り道ができるように筒状で干す

Iakov Filimonov/Shutterstock.com (19921)

via Iakov Filimonov/Shutterstock.com
大体乾いたように感じても、ウエスト・ポケットのあたりが濡れていることありますよね。
乾かしムラがでてしまうのは、生地が分厚い部分があるから。
筒状にして風の通り道を作ってあげると、均等に早く乾きます。
乾きにくい裏地により風をあてるためには、裏返してから干すのがポイント。
色落ちも防いでくれるので、ズボンの持ちが良くなります。
大型量販店に行くと、ズボン専用のピンチハンガーが売っています。
四隅にピンチがついていて、ウエストを広げて干せる形のものです。
プチプラで用意するなら、100円ショップの小さなハンガーで代用可能。
ズボン用の乾燥グッズを活用して、お洗濯の時短をしましょう。
部屋干しする時には、扇風機や除湿器がおすすめです。
風をあてたり湿気をとったりする家電の機能を使えば、ズボンもしっかり乾きます。
換気扇をまわして、空気の循環を良くするのも良いアイディア。
ちょっとの工夫でかなりの時短ができるので、ぜひ試してみてください。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

洗濯する時間はいつ?日中に洗濯ができない場合はどうする?洗濯をするタイミング

洗濯機を回すと意外と大きな音や振動が気になって、集合住宅やマンション、アパート暮らしの人にとってはちょっと気になる問題ですよね。仕事などで日中に洗濯できない人は朝や夜に回したいもの。何時ぐらいに洗濯するのがベストなのでしょうか。

先人たちに学ぶ!洗濯物の花粉対策「鉄の掟」がかなり合理的な理由

この春、いよいよ花粉デビューしてしまった人もいるのではないでしょうか。「みんな一体どうやって洗濯物を花粉から守ってるの?」と疑問に思いますよね。探ってみると、洗濯物の花粉対策には鉄の掟がありました。洗濯物を花粉から守ってくれるその掟とは?

ジーンズ・パーカーを洗うときに活用しよう! 洗濯の色落ちを防ぐ裏技3選

お気に入りのジーンズを洗ったら色落ちしてしまった、白い服に色移りしてダメにした、そんなお洗濯の失敗を防ぐ色落ち防止テクニックを紹介します。クリーニングに出さなくても自宅できれいにできるのが理想、色落ちしやすい洋服を洗う時に試してみましょう。

適当に使うと逆効果!? 柔軟剤のトリセツには書いていない正しい使い方とコツ

洗濯のときに使っているいつもの柔軟剤。洗濯物がゴワゴワになったり、あまり香りがしないときは間違った柔軟剤の使い方をしていることがあります。柔軟剤のパッケージに書かれているトリセツを見ただけでは分からない、正しい使い方をおさらいしましょう。

洗濯している暇がないママに!今日から挑戦できるお洗濯の時短テクニック

小さな子供がいると、洗濯物を取り込んでたたむだけでも一苦労。 家事をしている最中に子供に呼ばれると、思うようにお洗濯も進みません。 忙しいママにこそチャレンジしてほしい洗濯時短テクニックを紹介します。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター