2016年9月19日 更新

雨でも外で干す方が早い? 雨の日の洗濯のちょっとしたヒント!

雨の日が続くと、いつの間にか洗濯物が溜まっていってしまいますよね。カラっとした晴天まであと数日…でもそこまで洗濯物を溜めておけないのが現実。みなさんどうやって雨の日の洗濯をやり過ごしているのでしょうか?

19,053 view お気に入り追加 0

雨が降っていても一度は外に干す!?

Sergey Edentod/Shutterstock (26668)

意外にも、天気に関わらず「毎日洗濯機を回す」というご家庭が多いようです。お子さんがいたり、大家族だと洗濯物の量は1日おいてしまっただけでも大変!仕方なくコインランドリーへ行くという人もいれば、浴室乾燥機をうまく利用している人も多いようです。

しかし、近くにコインランドリーがない、浴室乾燥機がないご家庭ではどうすればいいのでしょうか。実は、雨の日でも外に洗濯物を干すと、意外と乾くことはご存知でしたか?もちろん洗濯物に直接雨がかからないベランダや屋根の下に干すことが大前提。しとしと雨が降っていて、少し風がある程度なら外に干してしまいましょう。

半日ほど経って、洗濯物の水分が蒸発したら取り込んで室内干しに切り替えます。扇風機の風を直接洗濯物にあてるように調整すると乾きが早くなります。エアコンの冷風や除湿機能を上手に使いましょう。

室内干しで気になるニオイを防ぐために

beeboys/Shutterstock (26669)

室内干しの気になるニオイは雑菌であることはみなさんもご存知の通りです。雑菌が発生するのは湿度が原因。扇風機を回す、除湿機やエアコンの冷風などを利用して、室内の湿度を下げてあげましょう。

タオルやトレーニングウエア、体操服など、濡れて乾くのを繰り返す洗濯物は細菌が繁殖しやすい環境になっています。気付いたら洗濯しただけでは意外と細菌が落としきれておらず、ニオイの発生原因になっていることも。酸素系漂白剤を使って浸け置き洗いをしてみましょう。

洗濯物だけでなく、洗濯機そのものが汚れている場合もあるので、こちらも酸素系漂白剤をつかって洗濯層の掃除をしてみることをオススメします。

雨に濡れた洗濯物はすすぎだけでOK?

Aumsama/Shutterstock (26670)

突然の雨で洗濯物が濡れてしまった場合、そのまま干しっぱなしにして乾かしたり、取り込んだまま室内で乾かすのはNG。排気ガスやホコリ、砂など、空気中の汚れが雨に交じって洗濯物に付着してしまうと、乾いたときニオイの原因になります。

基本的には、汚れは表面についているだけなので、いちから洗濯し直さなくても「すすぎ」だけでも大丈夫。ただし、小さいお子さんたちが使う肌着など、直接肌に触れるものは洗濯し直してあげたほうがベター。どうしてもニオイが気になる場合は、消臭成分を含む柔軟剤を使って解消しましょう。
雨の日の洗濯は億劫ですが、毎日少しずつ洗って洗濯物の量を溜め込まないのも大切です。下着や衣類など、早く着たいものは先に洗う、晴れの日まで待てる洗い物は後回しにするなどの工夫をして、小分けにして洗濯をするのもいいですよ♪

雨の日が続くときの洗濯はサッと済ませて快適に過ごしましょう。


thumbnail pic by mpaniti/shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

納豆のニオイが苦手な人は試してみて!納豆のニオイを軽減して美味しく食べる方法

「納豆はどうしてもニオイが苦手!」という人は多いですよね。しかし、克服したいと思っている人や、お子さんに食べさせたいと思っている親御さん方も多いでしょう。栄養満点の納豆を食べたいならひと手間加えて、苦手を克服しちゃいましょう!

洗濯する時間はいつ?日中に洗濯ができない場合はどうする?洗濯をするタイミング

洗濯機を回すと意外と大きな音や振動が気になって、集合住宅やマンション、アパート暮らしの人にとってはちょっと気になる問題ですよね。仕事などで日中に洗濯できない人は朝や夜に回したいもの。何時ぐらいに洗濯するのがベストなのでしょうか。

先人たちに学ぶ!洗濯物の花粉対策「鉄の掟」がかなり合理的な理由

この春、いよいよ花粉デビューしてしまった人もいるのではないでしょうか。「みんな一体どうやって洗濯物を花粉から守ってるの?」と疑問に思いますよね。探ってみると、洗濯物の花粉対策には鉄の掟がありました。洗濯物を花粉から守ってくれるその掟とは?

ジーンズ・パーカーを洗うときに活用しよう! 洗濯の色落ちを防ぐ裏技3選

お気に入りのジーンズを洗ったら色落ちしてしまった、白い服に色移りしてダメにした、そんなお洗濯の失敗を防ぐ色落ち防止テクニックを紹介します。クリーニングに出さなくても自宅できれいにできるのが理想、色落ちしやすい洋服を洗う時に試してみましょう。

適当に使うと逆効果!? 柔軟剤のトリセツには書いていない正しい使い方とコツ

洗濯のときに使っているいつもの柔軟剤。洗濯物がゴワゴワになったり、あまり香りがしないときは間違った柔軟剤の使い方をしていることがあります。柔軟剤のパッケージに書かれているトリセツを見ただけでは分からない、正しい使い方をおさらいしましょう。

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター