2017年1月25日 更新

服を片付ける収納術!きれいなクローゼットで新しい季節を迎えよう

どんどんいらない服が増えてクローゼットがパンパン、そんなときに試してほしい片付けテクニックを紹介します。収納方法、処分ルールを決めておくだけでクローゼットがすっきり、お洒落好きの女性なら知っておきたいお片づけのまめ知識を見てみましょう。

登場頻度で分類して引き出しケースに収納

Venus Angel/Shutterstock (32375)

プラスチックの引き出しケースに衣類をしまうとしたら、登場頻度で分類します。なかなか着ない洋服を一番下のケースに入れて、上にどんどん重ねていきます。同じ形のプラスチックケースを使えば何個も重ねていけるため、クローゼットの高さを活かした収納ができます。取り出しやすい高さに靴下、下着など登場頻度が高い衣類を持ってきて、家事の負担を軽減します。

引き出しケースにしまったまま一年以上着ていない洋服は、処分候補にまわしましょう。お下がりでも気にしない家族、友人に譲ったりリサイクルショップに売ったりすると、有効活用できるでしょう。

収納ケースの大きさにあわせて服をたたむ

Kostikova Natalia/Shutterstock (32376)

収納ケースを使ってもなかなか片付かない場合には、たたみ方を見直します。すっきり収まるサイズにするには収納ケースの大きさに合わせること、高さや横幅を一定に四角くたたむときれいに見えます。シャツの袖は内側に折り込み、角を整えて収納します。ハンガーにかけてもなかなか着ないジャケットなども、ケースにしまうとすっきりします。セーター、ニットなど厚手でシワになりにくい素材なら、立て幅をそろえて丸めます。周囲をゴムバンドなどで固定して、ほどけないようにしまってください。

筒状にした衣服はかさばるので、普段使っているクローゼットとは別の場所にしまうのも一案です。忘れにくい収納場所を決めて、衣替えで移動しましょう。

一枚買ったら一枚捨てる流れを意識する

rubchikovaa/Shutterstock (32377)

同じようなデザイン、色の服があっても、忘れて買ってしまうことがあります。下着や靴下、インナーなどは似たデザインが集まりやすく、クローゼットが散らかる原因です。お買い物をするときに、一枚買ったら一枚捨てる流れを意識します。ボロボロになった下着、ほつれてしまったニットなどきれいに着こなしできないものを処分して、新しいものへと買い替えます。

アイテムの絶対数が同じなら収納スペースを増やす必要がなく、決まった場所にしまうだけなので手軽です。片付いたクローゼットを維持するための断捨離習慣を身に付けましょう。
クローゼットがスッキリ片付くと洗濯物をしまう作業を時短でき、忙しい主婦には助かります。一度思い切ってお片づけしたら、きれいな状態を維持するだけです。そもそも収納スペースが少ない場合は、着なくなった服を処分しましょう。バッグ、シュシュなどにリメイクして、もう一度活用するのも一案です。


thumbnail picture by Africa Studio/Shutterstock
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

キッチンの上手な収納は手際よく料理するための近道!賢い片付け方のコツは?

キッチンでは毎日使う調理道具や調味料、大きな鍋やフライパン、缶詰や瓶詰の食料品など多くの物があるので、限られた収納スペースで収まらないこともありますね。片付け方のコツをマスターして、使いやすいきれいなキッチンにしましょう。

テーブルの上の紙類がうっとおしい!新聞やDM、はがきはみんなどうしてる?

テーブルやカウンターに置かれた紙類、細々とした物の正体は一体何でしょうか?いつの間にかテーブルの端に積まれていくチラシやDMなどの紙類をパパっと片付けられるコツをご紹介します。

見た目もこだわりたい!ノコギリ不要の簡単DIYでおしゃれな収納スペースが完成!

生活しているとどんどん物が増えて、いつの間にか部屋が物でいっぱいに…などの悩みをお持ちの方におすすめです。ちょっとした収納スペースをつくって、お部屋をすっきり&おしゃれにしませんか?ノコギリは不要、女子にもできる簡単DIYをご紹介します。

これでクローゼットがスッキリ!ハンガーを使った収納アイディア・スペース倍増計画

クローゼットのスペースを有効活用するため、ハンガーを使った収納アイディアを紹介します。 どうしてもスペースが足りない場合の収納場所確保術、ハンガーラックの活用法と一緒に見てみましょう。

キッチン周りは使いやすさ重視!料理から片付けまでスッキリ時短できる自分流の収納術

雑誌で見るオシャレなキッチン収納は憧れますよね。 でも、実際に自分の家でやるとなると難しいことも…。 シンク下の収納も、扉式かスライド式では収納の仕方も変わってきます。 そこで、キッチンの使い勝手に合わせた収納術をみていきましょう!

キーワード

ライター

ビデリシャス・ライター ビデリシャス・ライター