2016年1月29日 更新

体を温めるだけじゃない!寒い冬は寝る前にホットワインで風邪予防

赤ワインに味付けしながら煮込んで飲むホットワイン。これがなくては欧米のクリスマスのテーブルは成り立ちません。身体を温め、様々な薬効効果のあるホットワインで、この冬の寒さを乗り切っていきましょう。

ホットワイン、飲んでいますか?

Wild Drago/Shutterstock.com (15771)

via Wild Drago/Shutterstock.com
この数年流行っているホットワインですが、なんとローマ時代から飲まれていたってご存知でしたか?ブドウでお酒を造る習慣のある国々では自然に温めても飲むようになりますね。現代のヨーロッパでは、ハロウィーン、クリスマスの頃から厳しい寒さの冬中楽しめる飲物として定着しています。凍えるような日に訪ねてくれた友達に、水滴のついたグラスでジントニックなんて出しませんものね。耐熱グラスに注がれた湯気の立つ甘いホットワインで身も心も温まるというのがヨーロッパ流です。

どういう材料でできているの? 

Oksana Shufrych/Shutterstock.com (15774)

via Oksana Shufrych/Shutterstock.com
外ではよく飲むけれど家で作れるのかしらと思っている人もいるでしょうか。赤ワインとフルーツとスパイスとお砂糖があればすぐにできます。ワインは決して高価なものでなくてかまいません。どちらかというと手ごろな値段のもので十分ですよ。決まりのスパイスはシナモン、クローブ、ナツメグ、カルダモンに生姜だけ。スパイスは、普段使わないと何年でも戸棚で場所を取ることになりますが、ホットワインを作るようになればそれも解消できて一石二鳥ですね。
いろんなレシピがあり目移りしますけど、鍋に入れて火にかけ、砂糖が煮溶ければ火から下ろして少し待つというのは共通しています。それと、柑橘系のフルーツを必ず入れるということ。味に深みが出て美味しくなるのです。

もともとは薬だったホットワイン

Nila Newsom/Shutterstock.com (15777)

via Nila Newsom/Shutterstock.com
ローマ時代から存在していたホットワイン。中世には僧院で作られていました。ハーブやスパイスの知識を生かして、病気の予防と治療に役立てていたのですね。ワインを温め、ハーブやスパイスを入れるというシンプルに見える飲み物に、薬としての力が宿っていることがすでに知られていたのが素晴らしいです。
赤ワインには炎症を抑え、抗がん作用があり、、老化を防ぐ働きをするポリフェノールが豊富に含まれています。また、タンニンも多く、風邪やインフルエンザをやっつける働きをします。アルコール自体が体温を上げて血行を良くしてくれるのに、シナモンやクローブが、入り込んできたばい菌を退治してくれるのですね。その上、レモンと蜂蜜は殺菌効果があり、呼吸器の炎症など和らげてくれます。
ホットワインは家庭でも鍋で煮て作りますが、1人分をさっと飲みたい時には電子レンジでマグカップ1杯分作ることをおすすめします。引き始めの風邪なら目覚めた頃には治っているでしょうし、しっかり引いてしまったような時も二晩続ければ治っていることが多いです。

冬だからこそ飲みたいホットワイン

Julie208/Shutterstock.com (15781)

via Julie208/Shutterstock.com
昔、まだワインの質もひどく、衛生状態が悪かった時代に生まれたホットワイン。いつ飲んでも身体によい飲み物ですが、やはり寒くなった方が飲みやすいです。1週間ぐらい冷蔵しておける上、味も安定してくるので自家製をおすすめします。

thumbnail pictures by Anna Bogush /Shutterstock.com
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フランスの風邪ごはん「ヴァン・ショー」のつくり方

【動画】「ヴァン・ショー」とはフランス語で「ホットワイン」という意味です。フランスでは冬の寒〜い季節には氷点下になる地域もあるとか。。そんなフランスでは「ヴァン・ショー」を飲む事で冷えた体が芯から温まり風邪予防に効果的と言われています。ワイン好きなフランス人ならではな風邪対策をご紹介します。

ねじねじしたら、くるっと巻いて♪ふっくらもっちり!紫芋のスパイスパン

【動画】今回は色鮮やかな紫いものペーストを使ったスパイスパンです!かじるとシナモンとカルダモンがふわりと口の中に広がります♪ コーヒーとの相性も抜群!ぜひ作ってみてくださいね。

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.24

皆さん、楽しいお酒との時間を過ごされていますか? ワインを飲むことが出来る飲食店は増え続けていますが、皆さんはどんなワインを楽しまれているのでしょうか? 今日はブランデーのお話をしたいと思います。レストランでちょっと格好良く、食後にブランデーを飲めたら素敵だと思いませんか? デザートでオーダーするほど甘いものが お好きでない方の為に、デザートとチーズのどちらかを選べるレストランは多くあります。 チーズと甘いワイン(貴腐ワインやポートワインなど)もいいですが、甘いものがとにかく苦手な方にはブランデーがお薦めです♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.23

2016年4月16日~19日 第15回A.S.I.世界最優秀ソムリエ・コンクール アルゼンチン大会‼ ソムリエという職業はその技術と知識を競い合う、コンクールという素晴らしい機会のある仕事です。 今日は是非ソムリエ・コンクールについてお話させてください♪

そろそろワインをはじめてみませんか? vol.21

2016年、日本ソムリエ協会は新しい会長を迎え、新たな気持ちでスタートを切りました。 日本で一番有名なソムリエですね!!田崎信也さんが会長となりました。 今年4月は「第15会世界最優秀ソムリエコンクール」がアルゼンチンで開催されます。コンクールは3年に一度開催され、田崎さんは1955年第8回の優勝者です。ソムリエという仕事が注目を浴びそうに思います。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部