2015年8月7日 更新

発酵食品を取り入れよう!今から始める「ぬか漬け」ライフのすすめ

暑くなってくると、さっぱりしたものが美味しく感じられるようになりますね。ご飯のお供に爽やかな酸味のぬか漬けもぴったりです。ぬか漬けは日本の伝統的な発酵食品であり、とても体にいいのです。お家で簡単にできるぬか漬けの作り方をご紹介します。

ぬか漬けって、どんな漬けもの?

江戸時代から伝わる、米ぬかで作ったぬか床で漬ける漬けもの、それが「ぬか漬け」です。

主に、胡瓜や茄子、ニンジンや大根、セロリやかカブといった水気の多い野菜を漬け込むことが多いのが特徴です。一晩で簡単に漬かるので、普段の食卓のお供として昔から食べられてきました。

昔はどこの家庭にもあったと言っても過言ではないぬか床ですが、毎日の管理が大変なこと・手に匂いがついてしまう・核家族化が進み作るよりも買ってきた方が楽、などといった理由でぬか漬けを漬ける家庭は激減してしまいました。

しかし近年、食生活が見直され、乳酸菌による発酵食品であるぬか漬けが注目されるように。家庭で手軽に漬けられるような冷蔵庫で漬ける方法なども編み出され、若い人の中にも、自宅でぬか漬けを楽しむ人も増えてきています。
夏野菜のぬか漬け。

夏野菜のぬか漬け。

瑞々しい夏野菜のぬか漬けは、箸休めにぴったりです。

発酵食品ぬか漬けの持つパワーとは?

ぬか漬けで一番に注目される栄養素は、ビタミンB群です。

実はぬか漬けの元である米ぬかには、ビタミンB群がたっぷり含まれています。そして、この米ぬかのビタミンB群は水に溶けやすい性質を持つため、ぬか床に溶け出し、その溶け出したビタミンB群が野菜にしみ込んでいくのです。

ビタミンB群は疲労回復や、粘膜を保護し丈夫に保つ効果等に優れていますが、水溶性ビタミンのため体の中に貯蔵しておけません。そのため、食事毎にぬか漬けを食べることはビタミンB群の補給に効果的なのです。

次に注目されるのが、乳酸菌。

ぬか漬けの発酵は乳酸菌による発酵であり、ぬか漬けを食べることで良質の乳酸菌を採ることができます。乳酸菌=ヨーグルトのイメージを持っている人も多いと思いますが、ぬか漬けの場合、乳酸菌と野菜の食物繊維も一緒に採ることができるダブルの効果が!これにより便秘の解消はもちろん、免疫力や代謝の向上に繋がるといわれています。
Reika/Shutterstock.com (10421)

via Reika/Shutterstock.com

はじめての人はぬか床パックがおすすめです

米ぬかや塩、水や香辛料を合わせてオリジナルのぬか床を作るのも良いですが、やっぱりそれは面倒... そもそも米ぬかってどこで買ったらいいのという方におすすめなのが、ぬか床パックです。

これは熟成されたぬか床がパックされて販売されているもので、買ってきたその日からぬか漬けを楽しむことが出来ます。

少人数の家庭なら、このぬか床パックを琺瑯等の保存容器に入れ、冷蔵庫の野菜室での保存がおすすめです。常温での保存に比べ、発酵が緩やか&匂いが気になりにくいところがおすすめです。
シンプル&定番の和食が一番!

シンプル&定番の和食が一番!

ごはん・味噌汁・焼き魚にぬか漬け。シンプルな和食こそが健康への近道です。

健康美人を目指して、ぬか漬けライフを楽しもう!

ぬか床を作ってみようか気になりつつもなかなか手が出ない...と躊躇しているあなた、今年こそぬか漬けライフをはじめてみてはいかがですか?自家製のぬか漬けが並ぶ食卓は、普段の健康管理にも一役買ってくれそうですね。
とれたて野菜を漬けよう!

とれたて野菜を漬けよう!

夏野菜はぬか漬けとの相性抜群です!
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

納豆や甘酒も!?美容を助ける発酵食品がお家で作れるヨーグルトメーカー

美味しくて健康や美容にも良いと言われているヨーグルト。 毎日のおやつや朝食として、ちょっと小腹がすいた時にも食べやすい食品なのでぜひ取り入れたいですよね。 なんと、専用メーカーを使えば自宅でカンタンにヨーグルトを作ることができるんです。

食欲がない時でもツルッと食べれる♡さっぱりヘルシーな翡翠色のなすそうめん

【動画】翡翠のような色合いが涼やかな「なすそうめん」のレシピをご紹介します。なすにひと手間加えるだけで、まるでそうめんのようなさっぱりとした一品に!小麦粉を使用していないので、そうめんよりもヘルシーです♪なすの皮も無駄なく甘辛なふりかけにしました!

モッチモチ食感のもち米で、オートミールとお豆腐のタネを覆ったヘルシーしゅうまい!

【動画】今回はヘルシーさと食感にこだわった、お豆腐のしゅうまいです。お肉のかわりにお豆腐を使い、食感や風味を味わえるようオートミール・たまねぎ・しいたけを入れたタネを作り、それにもち米をコロコロとつけて蒸してみました!お米やお豆腐が入ることで満足感のあるしゅうまいになりますよ♪

キーワード

ライター

dish tips dish tips