2015年6月19日 更新

ヘルシーなグリーンアスパラでもうあと1品!

初夏になるとグリーンアスパラが旬を迎えます。塩茹でしてマヨネーズをつけるのに飽きたら、ちょっとだけ手を加えていつもと違う料理にしてみましょう。おすすめの簡単レシピはコチラ!

おつまみに最適、アスパラとタコのバターしょうゆ炒めの作り方

image by 筆者 (6627)

via image by 筆者
材料
・アスパラ 5~6本
・茹でタコ 120g
・オリーブオイル 大さじ1
・にんにくのみじん切り 1片
・白ワイン 大さじ1
・バター 大さじ1/2
・しょうゆ 大さじ1/2
① アスパラは2センチの長さに、タコは乱切りにする。
② フライパンにオリーブ油を熱し、ニンニクのみじん切りを炒める。
③ ニンニクが香ってきたら中火にしてアスパラを炒め、ワインを加えて弱火で1分半ほど蒸し焼きにする。
④ さらにタコを入れて軽く炒め、バターとしょうゆで味を整えたらできあがり。
香ばしくって、おつまみにもおすすめの1品です。

チーズ&バターとの相性が抜群、アスパラのパルミジャーノ風の作り方

image by 筆者 (6630)

via image by 筆者
材料
・アスパラ 5本
・パルメザンチーズ 大さじ2
・バター 大さじ2
・レモン汁 少々
・パセリのみじん切り 少々
・塩コショウ
① アスパラは堅めに塩茹でしておく。
② バターはレンジで熱して溶かす。
③ 茹であがったアスパラを長さ15センチに切り揃え、耐熱皿に並べる。
④ 塩コショウを少々とパルメザンチーズを全体にふりかけて、さらに溶かしバターをかける。
⑤ 200~220℃のオーブンで、表面に焼き色がつくまで焼く。
*お好みでレモン汁とパセリをふりかけてできあがり。
バターがソース代わりになって、アスパラの味に深みを与えてくれます。

ほどよい塩気とパリパリ感とがうれしい、アスパラの生ハム春巻きの作り方

image by 筆者 (6633)

via image by 筆者
材料
・グリーンアスパラ5本
・生ハム5枚
・春巻きの皮2枚 半
・片栗粉 適量

① 半分に切った春巻きの皮で、半分に切った生ハム1枚分とアスパラを巻く。(アスパラは火が通りにくい場合があるので塩で固ゆでしておくか、根元を切り落とし、下半分の皮をピーラーで剥いておいてください)
② 水溶き片栗粉で巻いた口元を留める。
③ 170℃の揚げ油で色よく揚げてできあがり。
*お好みでレモンを添えてください。
カリッと揚がった春巻きの皮とホクホクのアスパラに生ハムの塩気が効いた、おつまみに最適な一品です。アスパラは長いので、フライパンで揚げるといいですよ。
写真素材なら「写真AC」 (6635)

アスパラガスは彩りもよくて、このほかにも料理の脇役として大活躍します。
購入時は色が鮮やかで穂先が締まった新鮮なものを選びましょう。冷蔵庫ではラップで包んで、できるだけ立てて保存します。
また、アスパラは、茹でてもビタミン類が流出しにくく、疲労回復効果のあるアスパラギン酸や血管を丈夫にしてくれるルチンなどの栄養も含まれているそうで、栄養価の高い野菜といえます。国産のものが出回るこの時期に、ぜひ食卓に取り入れてみてくださいね。
thumbnail by 筆者
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

白と緑のアスパラガスは同じ種類ってホント!?作り方の違いと栄養価について

スーパーに行くと緑と白のアスパラガスが並んでいます。 全く違う色をしている2つのアスパラ、実は同じ種類ということをご存知でしょうか? 2つのアスパラの作り方や栄養価の違いについて見てみましょう。

春に美味しいアスパラガスのフランドル風と、白身魚の塩昆布和え

手がこんで見えるけれど手軽にできるフランスのお惣菜、「アスパラガスのフランドル風」と、昆布の持つ旨みが白身魚をグレードアップさせてくれる一品、「白身魚の塩昆布和え」をご紹介します。夕飯のあと一品に悩んだ時、簡単にできておすすめです。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部