2017年5月23日 更新

夏に食べたい冷たいキラキラデザート♡さくらんぼとスパークリングワインのジュレ!

【動画】暑い日が続いて冷たいデザートが食べたくなる季節。今が旬の色鮮やかなさくらんぼとスパークリングワインを使った大人なジュレをご紹介します。

ひんやり冷たい大人のデザート

生産者が手間を惜しまずに育てたさくらんぼとスパークリングワインのジュレを合わせた、初夏にピッタリな冷たいデザートを紹介。

使ったさくらんぼは山形が生んだ「佐藤錦」、火を入れるのはあまりにもモッタイナイので、素材の良さをそのまま生かしました。

「佐藤錦」は、ナポレオンと黄玉という品種を掛け合わせて作られた代表的な品種で、鮮やかな紅色が特徴。桐箱に詰められた「佐藤錦」は、まさに宝石のようです♪

さくらんぼのジュレ

<材料>
・さくらんぼジュース 300g
・板ゼラチン 6g
・さくらんぼ(佐藤錦)  250g    

<つくり方>
1.氷水に板ゼラチンを入れ、ふやかす。
2.さくらんぼジュースを700Wのレンジで1分加熱する。
3.水気を切った板ゼラチンを入れて混ぜ、 氷水に当てて少し固まるまで冷やす。
4.器に入れる。
5.さくらんぼを半分に切って種を取り除き、ジュレの中に入れる。
6.冷蔵庫で1時間冷やし固める。

スパークリングワインのジュレ

<材料>
・スパークリングワイン 200g
・水 40g
・グラニュー糖      5g
・板ゼラチン       6g

<つくり方>
1.氷水に板ゼラチンを入れ、ふやかす。
2.水とグラニュー糖を混ぜ合わせ、700Wのレンジで1分加熱する。
3.水気を切った板ゼラチンを入れて混ぜる。
4.スパークリングワインを加え、氷水に当てて冷やしながら混ぜる。
5.バットに流し入れ、冷蔵庫で1時間冷やし固める。
6.固まったらフォークで掻いてクラッシュする。

仕上げ

<材料>
・ナパージュ 適量
・レモン汁 適量

<つくり方>
1.固まったさくらんぼのジュレの上に、クラッシュしたスパークリングワインのジュレを盛る。
2.ナパージュとレモン汁を混ぜ合わせる。
3.さくらんぼを半分に切って種を取り除き、2と和える。
4.スパークリングワインのジュレの上に盛る。
5.真ん中にさくらんぼを1つ飾れば完成。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

りんごの甘さを引き立てる!りんごとシナモンのケーキ☆

【動画】りんごが美味しいこれからの季節にぴったり!しっとりした生地にキャラメリゼしたりんごをたっぷり入れて焼き込んだパウンドケーキをご紹介します☆キャラメリゼしたりんごと生のりんごを贅沢にダブルで使い、それぞれのりんごの味を楽しめますよ!りんごと相性抜群のシナモンを効かせて♪是非お試しください!

甘さと塩っぱさがクセになる本格塩チョコレートタルト!

【動画】甘いと塩っぱい両方好き♡という方にはとても嬉しいタルト!チョコレートと塩の絶対に美味しくて癖になってしまう組み合わせで、お店で売っているような本格的な塩チョコレートタルトを作ってみました♪手間も時間もかかりますが、「ここぞ!!」という時にチャレンジしてみてくださいね。

一回で三層の生地が作れちゃう!抹茶と豆乳のマジックケーキ☆つぶあんマスカルポーネ添え

【動画】ガトーマジックをご存知でしょうか?「魔法のケーキ」として今、世界中で話題になっているスイーツです!ガトーマジックの特徴は、一つの生地を焼くだけでフラン・カスタード・スポンジの三層に分かれ、それぞれの食感を楽しめること☆上手に作るポイントはメレンゲを混ぜすぎない事です!今回は抹茶と豆乳で和テイストにアレンジしてみました。マスカルポーネと粒あんを混ぜたクリームをたっぷり付けて食べると、より一層美味しくいただけますよ♪是非お試しください!

栗のパウンドケーキ×マロンクリーム!栗づくしの贅沢なモンブランケーキ

【動画】今回は、秋の味覚「栗」の渋皮煮とマロンペーストを贅沢にた~っぷり使ったモンブランケーキをご紹介します!マロンペーストとは、蒸したりシロップで煮た栗を潰して砂糖とバニラを加えたもので、マロンクリームやマロンピューレとは違うものなので気をつけてくださいね! パウンドケーキは1日置くとしっとり感が増して美味しくなりますよ♪大切な方への贈りものやパーティにオススメのケーキです☆

香ばしい香りに癒される♡とろ~りほうじ茶プリン!

【動画】ほんのりと優しい甘さとほうじ茶の香りが口いっぱいに広がるほうじ茶プリン。甘さ控えめでほうじ茶の香りをしっかり楽しめる味なので、飽きが来ず、何度でも作りたくなるプリンです!もちっと感と甘さがもっと欲しい方は、牛乳を減らして生クリームを多めに入れると柔らかさと甘さが増すので、調整しながら作ってみて下さいね♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部