2015年6月26日 更新

お酒の肴にピッタリすぎる!ピリッと辛い「鶏の辛味和え」と「鶏皮の炒め物」のつくり方

さっぱりヘルシーに鶏胸肉を使ってピリッと辛い簡単『辛味和え』と甘辛がクセになる『鶏皮の炒め物』をご紹介します!!

鶏肉は部位によっては安価で美味しく頂ける食材ですね。
中でも鶏胸肉はパサついた食感があまり人気の食材ではありませんが、ひと手間加えることで美味しいおかずになります。
鶏皮もスーパーによっては取扱いがある場合があり、こちらもお安く手に入れることができます。
筆者は鶏皮が置いてあったら高確率で買うくらい鶏皮が大好き♪
なかでもお気に入りのレシピをご紹介します!
筆者 (7417)

via 筆者
鶏の辛味和え(2人分)

<材料>
・鶏胸肉・・・1/2枚
・酒・・・大さじ1
・きゅうり・・・1/3本
・塩・・・少量
☆醤油・・・大さじ1
☆豆板醤・・・小さじ1/2~1
☆ごま油・・・小さじ1
☆ラー油・・・少々
☆ニンニク(すりおろし)・・・少々
<作り方>
1) きゅうりは細切りにして塩を少量ふり、揉み軽く絞ります。鶏胸肉は観音開きにします。
2) 鍋に湯を沸かし、酒を加え1の鶏肉を茹でます。火が通ったらザルにあげ粗熱を取ります。
3) ☆の材料を全て混ぜます。
4) 2の鶏肉をほぐし、ボウルに入れ、1のきゅうりも加えて混ぜます。☆の調味料も加えてよく和えます。器に盛って完成です。
筆者 (7420)

via 筆者
鶏皮の炒め物(2人分)

<材料>
・鶏皮・・・1~2枚
☆醤油・・・大さじ1
☆砂糖・・・大さじ1
☆みりん・・・大さじ1
・塩、胡椒・・・少々
<作り方>
1) 鶏皮は2cm角に切ります。皮の表面をまな板に乗せて切ると比較的切りやすいです。
2) フライパンを火にかけ、油をひかずに鶏皮を加え炒めます。最初は弱火でじっくり鶏の脂を出すように、徐々に火を強めて皮から出た脂で炒めるようにします。
3) 皮に火が通ったらフライパンを傾け、脂をキッチンペーパーでふき取り☆の材料を加えます。タレにトロミがつき絡まったら完成です。
4) 味を見て足りないようでしたら塩・胡椒で調整してください。
photo AC (7423)

今回ご紹介したレシピは両方とも鶏肉でした。
鶏胸肉は観音開きにすると厚みがなくなるので火が通りやすくなります。
今回のレシピでは茹でてザルにあげましたが、時間がある時は鍋のままゆっくりと粗熱を取るとしっとりと美味しくなります。
鶏胸肉1枚を茹でてほぐし、レシピで残った鶏胸肉はラップにくるんで冷凍もできるので、スープなどでサッと使うことができるので大変便利です。
鶏胸肉はパサついた食感が好まれないことも多いですが、ダイエット中の人や筋肉トレーニングなど身体づくりをしている人には是非お勧めしたい食材です。

鶏皮は焼き鳥屋さんでも人気の食材ですね。
こちらも意外と色んな調理法で楽しむことができる食材です。スーパーではあまり見かけない食材ですが、見かけたら是非このレシピに挑戦してみてください。
子供も大人も大好きな甘辛い味わいでご飯が進みます。

よっこ


Thumbnail pic by Adriana Nikolova
http://www.shutterstock.com/
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

鶏むね肉が驚くほど柔らかい!ピリッと旨辛よだれ鶏

【動画】よだれが出るほど美味しいと言われている四川料理・よだれ鶏のレシピをご紹介します。鶏むね肉は余熱で調理することで、パサパサにならずに驚くほど柔らかくジューシーに仕上がります♪さっぱりとした鶏肉にかける唐辛子と山椒たっぷりのシビれるソースが食欲を刺激してくれますよ!晩酌のお供にぜひ!

しっかり食べて健康に!昭和女子大学の学生と先生が考えた「つくねのイガグリ風」と副菜レシピ

【動画】昭和女子大学健康デザイン学科・管理栄養学科では食事、運動を通して、体の中から美しくなる『輝け☆健康「美」プロジェクト(H&Bプロジェクト)』を展開中。今回はカラダの中から美しくなるランチメニューを紹介します。副菜と合わせて定食としていただいても、エネルギー量はひとりあたり615kcal!

鶏胸肉をジューシーに美味しく食べる方法♪

鶏もも肉よりもお安く、手軽に使える鶏胸肉。鶏胸肉は安いだけでなく、タンパク質が豊富でカロリーも低く、ダイエットや体作りに最適なお肉なのです。でも鶏胸肉はもも肉に比べて、どうしてもパサパサして淡白な味というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。でも、鶏胸肉も下処理の仕方でジューシーに美味しく仕上がるんですよ! 今回は鶏胸肉を美味しく調理する方法を紹介しますね。

食べられる芸術作品♡ほんのりピンクに色付いたりんごのレアチーズケーキ

【動画】さっぱりとした味わいのレアチーズケーキの中に、甘酸っぱいりんごのコンポートをたっぷりと入れ、上にも薔薇をかたどったコンポートをのせたフォトジェニックなスイーツ。レアチーズ生地に泡立てた生クリームを入れることで、ふんわりとした軽い食感に仕上げました。りんごのコンポートは着色料を使わなくてもりんごの皮で美しいピンク色に染まります!

ぷるんぷるん食感がクセになるイタリアの定番ドルチェ・パンナコッタのフルーツマリネ添え

【動画】イタリアの定番ドルチェ・パンナコッタ。パンナは「生クリーム」、コッタは「火を通す」という意味からこの名前になったそうです。生クリームや牛乳をバニラビーンズなどと一緒に煮詰めて、ゼラチンで固めた簡単スイーツ!プリンとは違った食感が楽しめますよ♪ぜひパンナコッタと相性抜群のフルーツマリネ「マチェドニア」を添えて召し上がってください!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部