2016年1月21日 更新

ひらく瞬間が楽しい!!ヨーグルトソースで食べるサーモンの包み焼き

【動画】焼き魚にムニエル、カルパッチョと色んな料理方法があるサーモンですが、出来上がった瞬間の楽しさを1番感じられるのは、包みを開けた時にふわっと香るサーモンの香りをひとり占めできる包み焼きかもしれません。とってもおいしいのにちょっと味に変化がつけにくい・・・。いつもとは違う味を楽しみたい!そんな時はチーズ風味に変身させた特製たヨーグルトソースで味の変化を楽しんでみてはどうでしょう?

ヨーグルトに塩をたして・・・

3つの楽しい食材の組み合わせから生まれる、感動の“新しい味”を提案する「Three Good Things」。

今日はワインなんかに合わせたくなる、さわやかなソースで仕上げるメインディッシュをつくります。

選ぶ3つの食材は、サーモン、ヨーグルト、フェンネル。

魚にヨーグルトなんてちょっとびっくりしてしまうかもしれませんが、これがとってもいい組み合わせになるTIPSをご紹介しています♩

ヨーグルトは水切りして塩をまぜるだけで、チーズやサワークリームのような風味になるんです。それをさわやかなハーブやライムと一緒に包み焼きにしたサーモンと合わせれば、いつもはただ焼き魚にしていた定番の「鮭」だって違った顔になってしまいます。

包み焼きはひらく瞬間も楽しいので、ホームパーティなどにもおすすめです。

ぜひ試してみてくださいね。

サーモン×ヨーグルト×フェンネル(1人分)

 (15551)

・ サーモン:1匹
・ フェンネル(葉):ひとつかみ
・ フェンネル(茎):5〜7スライス
・ ライム:3スライス
・ ヨーグルト:2〜3スプーン
・ 塩:ひとつまみ
・ クッキングシート:1枚

つくり方

1.まずはヨーグルトの水抜きをします。 コーヒーフィルターでコーヒーを淹れるようにヨーグルトを入れて水分を抜く方法が簡単でおすすめです。(ギリシャヨーグルトを使用してもかまいません)
 (15710)

2.サーモンには塩を軽くなじませておきます。
3. クッキングシートの上に、サーモン、フェンネルの葉、スライスしたライムをのせて包みます。 動画では紐を使用していますが、ねじるだけでもかまいません。
 (15711)

 (15712)

 (15713)

 (15715)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

甘くて美味しい三種のぶどう、贅沢にまるごと包んじゃいました♪ぶどうのクリーム大福!

【動画】夏から秋にかけて旬をむかえるぶどう。今回は、種がなくて皮ごと食べられる「ナガノパープル」「シャインマスカット」「クイーンニーナ」の三種を使い、贅沢にまるごと1粒包んだクリーム大福をご紹介します!ひんやり冷たいまろやかなクリームと、みずみずしいぶどうの果汁が口の中に広がります♪

人気レストランのインパクト大!!な前菜サラダを特別にご紹介。

【動画】デザート?それともサラダ?今回は特別にThree good thingsのレシピを監修してくれている「Salmon&Trout」の森枝シェフの自慢の前菜、味も見た目も最高な組み合わせ、キウイとパクツーのサラダレシピをご紹介します。お店にいかないと食べることのできない味を是非自宅で再現してみて下さいね。

お正月に食べすぎてしまったからだをリセット!!やさしく濃厚な豆のポタージュ

【動画】今年こそは気を付けよう!!そう思っていても年末年始はついつい食べ過ぎてしまうもの。おいしいものを沢山食べて、心はとっても幸せだけどお腹はクタクタ。年末年始頑張ってくれたお腹をやさしく、さわやかで濃厚な豆のポタージュで元気にしてみてはどうでしょう?これでまたいっぱいおいしいごはんが食べれちゃうかもしれませんね!?

パリパリ♪春巻きの皮で包んだミルキーなデザート、バナナのデザート春巻き♪

【動画】あま~いくてパリパリのパイとは違うデザート。パイを作るってなるとちょっと手間がかかるけど、春巻きの皮ならどうでしょう?バナナをココナッツミルクでコトコト煮込んで、春巻きの皮の皮が破れないように丁寧にで包んで揚げれば簡単でパクパク食べられちゃうちょっとエスニック風なデザートの出来上がり♪是非隣にアイスをそえて食べてみて下さいね!

主役級のサイドディッシュ!クリスマスカラーのまろやかポテト♪

【動画】クリスマスのテーブルのメイン料理を際立たせるサイドディッシュ。キレイな焦げ目がついた大きなお肉や、クリームたっぷりのケーキの隣にさりげなく置かれているけれど、実はこのサイドディッシュ、メイン料理よりもおいしい “隠れメイン料理” かもしれませんよ?テーブルに後1品欲しいかも!なんて思ったら是非メイン料理の隣にそっと置いてみて下さいね。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部