2017年9月17日 更新

2つのシューが重なった可愛らしいケーキ♡ラズベリーのルリジューズ

【動画】パリの街角のケーキ屋さんでよく見かけるルリジューズ。大きさの違うシュークリームを2つ重ねて、ラズベリー味のフォンダンでコーティングしました。艶やかなピンク色が可愛らしいケーキです♪本来はバタークリームやカスタードクリームなどを使いますが、今回はホイップクリームでお手軽に作りました!甘酸っぱいラズベリー風味でさっぱりと召し上がれますよ☆

キュートでフォトジェニックなフランス生まれのスイーツ!

大きさの違うシュー生地を2つ重ねて、修道女の姿に見立てたフランスの伝統菓子「ルリジューズ」
今回はラズベリーパウダーを使って、甘酸っぱいホイップクリームでさっぱりと仕上げました☆
可愛らしいピンク×ホワイトで、乙女心をくすぐるスイーツです♪

ルリジューズの材料 (8個分)

<シュー生地>
・バター...50g
・水...120ml
・塩...少々
・薄力粉...70g
・卵...2個(室温にもどす)
<ラズベリークリーム>
・生クリーム...200ml
・ラズベリーパウダー...大さじ2
・砂糖...20g
<飾り>
・フォンダン...150g
・ラズベリーパウダー...大さじ1
・ホイップクリーム...適量
・アラザン...8粒

*今回は加水せずにそのまま使用できる『フォンダン アプソリュ』を使用しました。通常のフォンダンを使う場合は、シロップなどを加えて湯煎にかけて、柔らかくしてからご使用ください。

つくり方

<シュー生地>

① 鍋にバターと水、塩を入れて火にかけ、バターが溶けたら火を止める。
② 薄力粉を振るいながら加えて混ぜ、再度火にかけ鍋の底にうっすら膜が張ってくるまで弱火で練り続ける。
③ ボウルに移し、溶き卵を数回に分けて少しずつ加えながらしっかりと混ぜ合わせる。
④ 絞り袋に入れ、クッキングシートを敷いた天板の上に大小8個ずつ絞る。
⑤ 霧吹きをかけ、200度のオーブンで20分焼き、180度に下げて15分焼く。

<ラズベリークリーム>

20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フランスの定番おやつ♪ふわ〜と溶ける口どけが後を引く、ひとくちサイズのシューケット♪

【動画】シュークリームのような見た目の小さな焼き菓子シューケット。軽いのにしっとりとしたシュー生地や周りについたお砂糖のザクザク食感が楽しいフランスでは子供から大人までみんなに愛される定番のおやつです♪何個でも食べたくなっちゃうお手軽おやつなのでぜひチャレンジしてみて下さいね。

一回で三層の生地が作れちゃう!抹茶と豆乳のマジックケーキ☆つぶあんマスカルポーネ添え

【動画】ガトーマジックをご存知でしょうか?「魔法のケーキ」として今、世界中で話題になっているスイーツです!ガトーマジックの特徴は、一つの生地を焼くだけでフラン・カスタード・スポンジの三層に分かれ、それぞれの食感を楽しめること☆上手に作るポイントはメレンゲを混ぜすぎない事です!今回は抹茶と豆乳で和テイストにアレンジしてみました。マスカルポーネと粒あんを混ぜたクリームをたっぷり付けて食べると、より一層美味しくいただけますよ♪是非お試しください!

スイーツは食べるのが難しい?デートでも恥ずかしくない上手な食べ方

スイーツって食べるのが難しいと思ったことはありませんか?せっかくキレイに盛り付けられたケーキを食べてる間にいつのまにかグチャグチャに…。お皿の上が汚いとデートでも恥ずかしい思いをしがち。スイーツをキレイに食べるコツをご紹介します。

可愛いマーブル柄♡ほんのり甘酸っぱいラズベリーのマーブルクグロフケーキ♪

【動画】フランス・アルザス地方のお菓子として知られているクグロフ。王冠のような独特の形のクグロフ型は、中心に穴が開いているので火が通りやすく、形もオシャレ!ピンクの生地はベリーパウダーをたっぷり入れて、ラズベリーリキュールで風味をつけ、ベリーの酸味でスッキリした甘さに仕上げました。ふんわり軽くてしっとりとした食感です!表面にホワイトチョコレートをかけてフランボワーズで可愛らしくデコレーション♪プレゼントや持ち寄りパーティなどにもピッタリなスイーツです☆

ティータイムをおしゃれに演出してくれる極上スイーツ♪甘酸っぱいラズベリーチーズクリームのロールケーキ

【動画】口溶けの良いふわふわのココア生地に甘酸っぱいラズベリーチーズクリームをはさんだロールケーキ。チーズクリームのなめらかな舌触りと冷凍クランベリーのプチプチ食感のコントラストが絶妙です。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部