2017年8月1日 更新

梅酒で作った、きらきら光る梅寒天の梅あんみつ♪

【動画】今回は梅あんみつです。あんみつの中に入っている寒天を梅酒で作り、きらきらと黄金色に光る梅酒の寒天をメインに梅あんみつを作りました。暑い日のデザートはアイスやカキ氷になりがちですが、和のスイーツ“あんみつ”も涼しさを感じられるオススメのスイーツですよ♪

あんこも白玉もいっぱいのせたい!!

梅酒を使った寒天の梅あんみつをご紹介します。加える梅干しは、梅酒の中に入っている梅、もしくは、はちみつ漬けなど甘味のある梅干しがオススメです。

お酒が苦手という方は梅ジュースや梅シロップで作ってもおいしく出来上がりますよ。

あんこを白あんにして、白梅あんに変えるとまた別のおいしさが味わえます。お好みの組み合わせを探してみて下さいね。

梅あんみつの材料

・梅酒…200ml
・水…30ml
・メープルシロップ…小2
・粉寒天…2g
・梅干し…2粒
・小倉あん…40g
・フルーツ(シロップ漬け)…適量
・求肥…適量
・白玉…適量

《トッピング》
・メープルシロップ…お好みで

つくり方

1.梅をみじん切りにする。
2. 小倉あんに1で刻んだ梅(1粒分)を加えて練り合わせる
3. 鍋に梅酒・水・メープルシロップを入れて中火にかけながら混ぜ、沸騰したところで火を止める。
4.3に粉寒天と1で刻んだ残りの梅干し(1粒分)も加えてしっかり混ぜる。
5. お好みの型に4を流し入れて、冷蔵庫で冷やし固めたら適当な大きさに切り、2とフルーツ・求肥・白玉などと器に盛る(トッピングのメープルシロップはお好みで)
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

暑い日の夜にオススメなお酒のデート♪つるるんのど越しの梅酒の水まんじゅう!

今回は梅づくしの水まんじゅうをご紹介します。冷たく、のど越しが良くて暑い日にピッタリな梅酒で作った水まんじゅうです。お饅頭の中のあんこにも梅を練りこんであるので、梅の味もしっかりと味わえます♪冷たく冷やしてから召し上がってみて下さいね。

紫キャベツでこんなに綺麗な色になるの!?梅雨の時期にぴったりな紫陽花の和菓子

【動画】着色料を一切使わずにつくる「紫陽花の和菓子」をご紹介します。見た目の美しさはもちろん、こしあんの上品な甘さと白玉のもちもちとした食感など、味も格別ですよ♪手土産にも喜ばれるはず!

どんな大きさにする?あんこはたっぷり?自分好みのどら焼きを作ろう♪

【動画】丸く焼いた生地にあんこが挟まったお茶と相性ばっちりな『和』のお菓子、どら焼き。アレンジされたどら焼きがいろいろなお店でたくさん売っているけど、自分にとって1番の組み合わせのどら焼きってどんなのだろう?たくさん組み合わせて大好な味を見つけてみよう♪

和菓子であって和菓子じゃない。ラム酒香る"ドライフルーツ羊羹"

【動画】あっさりとした甘さの羊羹に、ラム酒で香りづけしたいちじくやフランボワーズなどのドライフルーツ、そして香ばしいクルミがゴロゴロと入った"和菓子であって和菓子じゃない"スイーツです。切った時の美しい断面に感動しますよ♪お茶やコーヒーとも合いますが、ウイスキーやワインなどの洋酒とも相性ぴったりです!

マスカルポーネチーズをパンの上いっぱいにのせた、あんことオレンジゼストのおやつパン♪

【動画】まんまるのフランスパンの中につぶあんを詰め込んで、上に甘いアパレイユをたっぷりとパンにしみこませ、こんがりと焼いておやつパンを作ってみました♪上にマスカルポーネチーズとさわやかな香りのオレンジゼストをかけておやつの時間に召し上がれ♡

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部