2015年8月16日 更新

カクテルの王様「ドライマティーニ」のつくり方 | Barの美学 [barism]

【動画】ベースはドライ・ジン。古くから多くの人に愛されているこのカクテルはまさにキング。冷えきった、澄みきった、黄昏にすするその一杯はまさに傑作。

飲んで飽きないのはドライマティーニだけ!

カクテルの王様、マティーニ。ジンとベルモットがステアされただけのに、これほど逸話と伝説に満ちているカクテルはない。ベースはドライ・ジン。1769年、ロンドンで生まれたゴードンは、今なお伝統的な処方で製造されている正統派のロンドン・ジンである。作家、開高健は、「何百種類とあるカクテルの中で、飲んで飲み飽きないのはドライマティーニだけで、音がするくらいに冷えきった、澄みきった、黄昏にすするその一杯はまさに傑作といいたい。」と綴っている。

ドライ マティーニ(Martini (Dry)) Barの美学 [barism; バーイズム]
カクテル・ベース: ジン、テイスト: 辛口、アルコール度数: 35度、TPO: プレ・ディナー・カクテル

ドライマティーニの材料

・ドライ・ジン…4/5
・ドライ・ベルモット…1/5

つくり方

①ミキシング・グラスに材料と氷を入れてステアし、カクテル・グラスに注ぎ、レモン・ピールを絞りかける。

②好みでカクテル・ピンに刺したオリーブを飾る。

お酒にまつわる名言

(バーナード・モントゴメリー将軍の言葉に対して)
「私はたっぷり飲み、少しだけ眠り、次々と葉巻を吸う。それが私が200%完璧でいられる理由だ。」
ウィンストン・チャーチル

Barの美学 [barism; バーイズム]

バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。“Barの美学”は、バーテンダーの流れる様な無駄のない所作、グラスの輝き、カクテルの美しさ、澄んだ氷の音、バーにある美を紹介します。
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

寒い夜にやさしく体を温めてくれるカクテル “アイリッシュ・コーヒー| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。今回ご紹介するのはアイリッシュ・コーヒー。

ボガートが愛した薔薇色のカクテル “ジャック・ローズ| Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム]バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。今回ご紹介するのはジャック・ローズ。

甘く見るなかれ「モスクワのラバ」 “モスコー・ミュール| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]今回ご紹介するのは、モスコ・ミュール。

ブランデー・ベースの定番カクテル “サイドカー| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。今回ご紹介するのは、柑橘系リキュールがブランデーの風味を引き立てるサイドカー。

“ミント・ジュレップ(Mint Julep)” | Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。今回ご紹介するのは、ウィスキーのほのかな甘みとミントの爽快さがクラッシュド・アイスによりキンキンに冷えたミント・ジュレップ

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部