2016年9月22日 更新

寒い夜にやさしく体を温めてくれるカクテル “アイリッシュ・コーヒー| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。今回ご紹介するのはアイリッシュ・コーヒー。

寒い夜にやさしく体を温めてくれる

アイリッシュ・コーヒーは、冷たい雨の日や冬の寒い夜にやさしく体を温めてくれる、人気のホットドリンクだ。
ベースはアイリッシュ・ウイスキー。ジェムソンはピートを使わず、伝統的な3回蒸留と樽熟成を経て造られる。豊かな香りとスムーズな味わいのアイリッシュ・ウイスキーである。
アイリッシュ・コーヒーは、1940年代はじめにアイルランドの水上飛行場のレストラン・バーで考案された。飛行艇が給油する間、体が冷えた乗客のためにこの温かいカクテルを振るまった。

ベース: ウイスキー、アルコール度数: 8度、テイスト: 中口、TPO: アフター・ディナー
 (27177)

材料

【レシピ】
・アイリッシュ・ウイスキー…45ml
・砂糖(ザラメまたはコーヒーシュガー)…1・1/2tsp.
・コーヒー(濃いホット)…適量
・ホイップ・クリーム…適量

作り方

1.グラスに砂糖、ウイスキーを入れる
 (27182)

 (27183)

2.少し火にかける
 (27185)

3.コーヒー入れて軽くステアする。
 (27188)

 (27194)

20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

“ミント・ジュレップ(Mint Julep)” | Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。今回ご紹介するのは、ウィスキーのほのかな甘みとミントの爽快さがクラッシュド・アイスによりキンキンに冷えたミント・ジュレップ

ニュースタイルのカクテル スイカのオールドファションド Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム] バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。今回は、古典的なカクテルオールドファッションドをスイカを使ってニュースタイルな形でご紹介いたします。

もう後がないカクテル “エックス・ワイ・ジィ” Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム] バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 今回ご紹介するのは、アルファベットの終わり。つまり、最後のカクテル X. Y. Z.

スコットランドの英雄の名を冠したカクテル “ロブ・ロイ” Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム] バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。 今回ご紹介するのは、「カクテルの女王」と呼ばれるロブ・ロイ。

ハードボイルド小説に似合うキレのある一杯 “ギムレット Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム] バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。 今回ご紹介するのは、キレ味のある一杯ギムレットをご紹介します。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部