2015年9月20日 更新

「飾りのフルーツは食べてもいい?」Barメソッドstep4 &(シンガポール・スリング)のつくり方

【動画】基本的なバーのマナー・楽しみ方をマスターしていく様子を紹介するBarメソッド。今回は「スマートな滞在時間は?」「飾りのフルーツは食べてもいい?」についてお答えします!

1時間で2~3杯?

《スマートな滞在時間は?》
注文は1杯でもOK。1時間に2〜3杯がスマートな滞在時間と言われていますが、自分の適量と適度な時間を守って楽しむのが基本です。

《飾りのフルーツは食べてもいい?》
飾りのフルーツや野菜もカクテルの一部なので食べても構いません。食べた後の種や皮は、コースターの上に置くか、紙ナプキンで包むのがマナーです。

シンガポール・スリングの材料

・ドライ・ジン…45mml
・チェリー・ブランデー…20ml
・レモン・ジュース…20ml
・ソーダ水…適量

つくり方

①ソーダ水以外の材料をシェークして氷を入れたタンブラーに注ぐ。

②冷やしたソーダ水を満たして軽くステアする。

③スライスしたオレンジ、レモン、ライムなどのフルーツを飾る。

Barの美学 [barism; バーイズム]

バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。オーセンティック・バーにはマナーやしきたりがあり、行ってみたいけど、ひとりでバーの扉を開くには敷居が高い。そんな思いを抱く新社会人の女性が、はじめてオーセンティック・バーの扉を開け、基本的なバーのマナー・楽しみ方をマスターして行くのが“Barメソッド”です。

(参考文献)
NBAオフィシャル・カクテルブック/日本バーテンダー協会著(柴田書店)
カクテル完全バイブル/渡邉一也監修(ナツメ社)
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

寒い夜にやさしく体を温めてくれるカクテル “アイリッシュ・コーヒー| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。今回ご紹介するのはアイリッシュ・コーヒー。

ボガートが愛した薔薇色のカクテル “ジャック・ローズ| Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム]バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。今回ご紹介するのはジャック・ローズ。

甘く見るなかれ「モスクワのラバ」 “モスコー・ミュール| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]今回ご紹介するのは、モスコ・ミュール。

ブランデー・ベースの定番カクテル “サイドカー| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。今回ご紹介するのは、柑橘系リキュールがブランデーの風味を引き立てるサイドカー。

“ミント・ジュレップ(Mint Julep)” | Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。今回ご紹介するのは、ウィスキーのほのかな甘みとミントの爽快さがクラッシュド・アイスによりキンキンに冷えたミント・ジュレップ

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部