2015年7月22日 更新

暑い時期に飲みたくなる!簡単&美味しいアレンジモヒートのつくり方

蒸し蒸しと暑い時期になるのが、さっぱり口当たりのよいカクテル「モヒート」!作家ヘミングウェイが愛したカクテルの簡単アレンジをご紹介します。

ヘミングウェイが愛したカクテル、モヒートって?

ラム・ライム・フレッシュミント・砂糖・ソーダを基本ベースとした、冷たいロングカクテル。キューバ・ハバナが発祥の地といわれ、すっきりと爽やかな飲み口が夏にぴったりです。作家ヘミング・ウェイが愛飲したことでも有名。ミント&ソーダの清涼感と飲みやすさが暑い夏にぴったりの一杯です。

最近ではフルーツ果汁やリキュールを加えたり、さまざまなアレンジバージョンも人気です。
ハバナの旧市街のバー「ラ・ボデギータ・デル・メディオ」

ハバナの旧市街のバー「ラ・ボデギータ・デル・メディオ」

モヒート発祥の地といわれるハバナのバー。いつか本場のモヒートを味わってみたい。

お家で簡単!基本のモヒートの作り方

bogdanhoda/Shutterstock.com (9783)

via bogdanhoda/Shutterstock.com
モヒートの標準的なレシピはこちら。

・ホワイトラム・・・・・45ml
・砂糖    ・・・・・ティースプーン1〜3杯
・ライム   ・・・・・1/2個
・フレッシュミントの葉・適量
・ソーダ水・・・・・・・適量


作り方は、グラスにフレッシュミントの葉、ライム(なければレモン)、砂糖を加え、すりこぎやバースプーンを使って、ミントの葉をつぶします。(この時、あまり力を入れすぎず、ざっくりつぶした方が美味しいです)

この上にラムを入れ、最後のソーダ水を注ぎ入れます。好みの量の氷を入れ、完成です。

ポイントとして、砂糖やフレッシュミントの量はお好みではありますが、どちらも多めにしておくのがおすすめです。氷がとけてからも味が薄まりにくく、最後まで美味しく飲むことができます。

自分好みにカスタマイズ!おすすめアレンジレシピ

定番のレシピもいいけれど、フルーツやリキュールを加えたり、ベースのラムを変えると、ぐっと風味の変わったモヒートに。気分に合わせて、自分好みにカスタマイズするのも、家飲みの楽しみです。特にフルーツをたっぷり使ったカスタマイズはよりフレッシュで、暑い夏にぴったり&女性好みの味に仕上がりますよ。
まず最初に、甘いのがお好みの方におすすめなのが「桃の果肉&果汁たっぷり、桃のモヒート」。
All sizes | Mojito Peach | Flickr - Photo Sharing! (5245)

基本のモヒートに、桃の果肉(1/4〜1/2個)を加えたアレンジ。華やかな香りとフルーティな甘みが女性に喜ばれそうです。
甘酸っぱいのが好きな人には「ベリーのモヒート」がオススメ。ブルーベリーをつぶさずにそのまま入れると、ぷちぷちとした食感が楽しめる一杯に。ブルーベリーには、アントシアニンやポリフェノールといった抗酸化作用の高い栄養素がたっぷり含まれているので、夏バテ予防にも効きそうです。
All sizes | Mojito | Flickr - Photo Sharing! (5247)

ベリーが見た目にも可愛らしい。
夕日のようなオレンジ色が魅惑的な「スイカのカンパリモヒート」は、ラムの半分量をカンパリに置き換えて。
All sizes | Watermelon Margarita or Mojito | Flickr - Photo Sharing! (5249)

がらっと見た目が変わって、まるで全然別の飲みものみたいです。
モヒートのアレンジは難しくないので、ぜひ好みの材料を入れてみたり、増やしてみたり。あれこれ試していくうちに、お気に入りのアレンジレシピが誕生しそうですね!

暑い夏の夜を心地よく過ごすためのお供に。食欲のない時の食前酒かわりに。お好みのモヒートを楽しんでみてください。



thumbnail pic: iravgustin/Shutterstock.com
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

適当に頼んでいたけれど…。ちゃんと知りたい!カクテルのこと

ビールや日本酒は苦手だけどカクテルなら飲めるという女子、意外に多いのではないでしょうか。けれども、実際カクテルについてよくわからない方も多いと思います。ちゃんと知りたいあなたにカクテルの基本についてご紹介します。

寒い夜にやさしく体を温めてくれるカクテル “アイリッシュ・コーヒー| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。今回ご紹介するのはアイリッシュ・コーヒー。

“ミント・ジュレップ(Mint Julep)” | Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。今回ご紹介するのは、ウィスキーのほのかな甘みとミントの爽快さがクラッシュド・アイスによりキンキンに冷えたミント・ジュレップ

もう後がないカクテル “エックス・ワイ・ジィ” Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム] バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 今回ご紹介するのは、アルファベットの終わり。つまり、最後のカクテル X. Y. Z.

スコットランドの英雄の名を冠したカクテル “ロブ・ロイ” Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム] バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。 今回ご紹介するのは、「カクテルの女王」と呼ばれるロブ・ロイ。

キーワード

ライター

dish tips dish tips