2015年6月2日 更新

捨ててはもったいない!野菜の皮でできるおいしいレシピ<根菜編>

栄養豊富な野菜の皮を使ってサッと一品!意外と大根や茄子の皮も使えるんですよ。今回は、皮を使った「きんぴら」と「かきあげ」のレシピをご紹介します。

acworks (4174)

野菜を調理する時、皮や芯など捨てる部分が出てくると思います。普通なら捨ててしまうところですが、実は野菜の皮には栄養がたくさん詰まっているんです。ですから、野菜の皮なども活用してみませんか?

野菜の皮を使って簡単きんぴら

Ippei Suzuki (4175)

まずは野菜の皮を使ってきんぴらを作りましょう。大根の皮、人参の皮、なすの皮でもおすすめです。作り方は、普通のきんぴらと同じです。

1. 野菜の皮を細く切ってよく洗う。
2. フライパンに胡麻油を熱し、鷹の爪を入れる。(お好みで、鷹の爪の大きさ、量は調整してください)

3. 野菜の皮を炒めます。
4. しんなりしてきたら、砂糖、みりん、濃口醤油で味を整えます。
5. 最後に白ごまをふりかけます。

普段なら捨てる食材だけで一品できるのでとっても経済的ですよね!野菜の皮だけじゃ味気ない、という人はさつまあげやちくわを追加してみるのもおすすめです!

流水でしっかり洗ったり、50度のお湯で野菜を洗うことにより汚れも落とせるので大丈夫。しっかり洗うことは大切です!

野菜の皮でかき揚げ

kyu3 (4176)

続いては、野菜の皮でかき揚げを作るレシピです。かき揚げでしたらメインのおかずにもなるのでうれしいですよね。

こちらも大根の皮、人参の皮を使います。他にもブロッコリーの芯の皮、ネギの青い部分などもできますよ。

野菜の皮だけでも美味しく食べられますが、ボリュームや味を出したいのなら
ちくわや桜えび、切りイカなどをプラスするのがおすすめです。

作り方はコチラも普通のかき揚げと変わりません。

1. 野菜の皮をよく洗い、細長く切る。他の具材も同じ大きさに切ります。
2. ボールに野菜の皮と小麦粉、桜えびや切りイカをいれます。
3. 水を入れて粉っぽくなくなるまで混ぜます。
4. お鍋に油を熱して揚げます。

天つゆではなく、塩で食べるのもオススメ!皮以外にごぼうやタマネギなどをプラスしてもいいですね。

他にも、炒めものや佃煮、味噌汁に入れるなど皮だけでも結構使えるんです。

皮ごと調理するのもいいですが、皮は皮で食べるのも違う触感が楽しめていいかもしれませんね。

今まで捨てていたという人も、ぜひ野菜の皮を活用してみてください!

thumbnail by acworks on photo-ac
http://goo.gl/mwXkY7
8 件

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部