2015年6月22日 更新

身体がクタクタな時にはコレ。鶏のみそ雑炊で身体も心も温めましょう♪

梅雨の時期に入り、疲れやだるさを感じやすいこの季節にオススメ!サラっとほっこり頂ける鶏みそ雑炊レシピをご紹介します!

Image by よっこ (6164)

via Image by よっこ
いつも家で料理を作っているとたま~に訪れる「今日はあんまり作りたくない日」や「今日はあんまり食べたくない日」。

そんな時は不調だったり、心身ともに疲れている時だったりします。
そういう時にササッと作れる雑炊を今回ご紹介いたします。
鶏のみそ雑炊(1人分)

<材料>
・ご飯・・・50g
・鶏ササミ・・・1本
★酒・・・大さじ1
★出汁(できれば昆布だし)・・・300cc
★人参・・・少々
・しょうがのすりおろし・・・少々
・みそ・・・大さじ1
・小ねぎ・・・少々
・七味唐辛子・・・お好みで
<作り方>
1) 人参はいちょう切りに、しょうがは擦りおろします。ササミは筋を取り除いておきます。
ご飯はザルなどに入れて洗い、水気を切ります。こうしてぬめりを押さえます。

2) 鍋に★を入れて火にかけます。煮立ったら鶏ささみを茹でます。灰汁は都度丁寧に取り除きましょう。

3) 2に生姜を加え、3分ほど煮ます。更にご飯を加えて弱火で3分ほど煮ます。この間にササミをほぐしましょう

4) ほぐしたササミを3に加え、火を止め味噌を溶きます。

5) 器に盛り、小ねぎを散らします。お好みで七味唐辛子もふってください。

※二人分を作る場合はこの分量を2倍で作ることができます。


今回のレシピのポイントはお米を洗って水を切る事、そして味噌は火を止めてから溶くことです。
沸騰したスープの中に味噌をいれると香りが飛んでしまいます。火を止めてから溶くようにしましょう。
Morguefile.com free stock photos (6168)

鶏ササミは赤ちゃんのご飯にも登場する位食べやすい食材ですよね。
実は鶏ササミは他の部位に比べて低タンパク質、低脂質で高たんぱくな食材なのです。
ダイエットをしている人や筋トレを頑張っている人にはとてもピッタリな食材としても知られています。
ササミが無い場合には鶏胸肉で代用しても良いでしょう。ですが、鶏胸肉は大きいので量には気を付けてください。
ササミや鶏胸肉は、事前に茹でてほぐしたものを冷凍しておくと今回のようなレシピで大変便利です。

今回使用している調味料である「味噌」は消化吸収がされやすい食材ですので、お疲れ気味の方や二日酔いの方にお勧めです。
photo AC (6170)

生姜は加熱することで血行がよくなり身体が温まりやすくなります。
風邪を引いたとき、夜少し寒さを感じるときなどに頂きたいですね。

小ねぎも血行を促進するにはピッタリの食材。ポカポカな身体で季節の変わり目の疲れを乗り切りましょう♪

よっこ

Thumbnail by *Zara
http://free-images.gatag.net/
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

料理ブロガー武田真由美さんが茶こしを使って旨みをUPさせた『鶏肉とピーマンのみそ炒め』のつくり方

【動画】便利なストックできるおかず「鶏肉とピーマンのみそ炒め」のレシピ。ポイントは、鶏肉に茶こし使って小麦粉をうすく均一にまぶすことで、鶏肉の旨みをギュっと閉じ込められます。ピーマンはサッと炒めて火を通しすぎないこと、シャキシャキとした歯ごたえが楽しめます。

スパイシー料理で夏を乗り切ろう!爽やかな辛さのジャークチキン

【動画】カリブ海に浮かぶ国・ジャマイカの郷土料理「ジャークチキン」。オールスパイスやカイエンペッパーなど、数種類のスパイスと野菜をたっぷり入れた特製ペーストに、鶏肉をじっくりと漬け込んでこんがり焼き上げました!冷たいビールにぴったり合うピリ辛メニューです♪

とろ〜り半熟卵とナンプラーが食欲を刺激する!タイの定番料理「ガパオライス」

【動画】自宅で簡単につくれるタイ料理「ガパオライス」。オイスターソースやナンプラーで味付けをした甘辛い鶏肉はご飯にぴったり!とろ〜り半熟卵を崩して召し上がれ♡

鶏むね肉が驚くほど柔らかい!ピリッと旨辛よだれ鶏

【動画】よだれが出るほど美味しいと言われている四川料理・よだれ鶏のレシピをご紹介します。鶏むね肉は余熱で調理することで、パサパサにならずに驚くほど柔らかくジューシーに仕上がります♪さっぱりとした鶏肉にかける唐辛子と山椒たっぷりのシビれるソースが食欲を刺激してくれますよ!晩酌のお供にぜひ!

見た目ほど辛くない!旨辛な四川料理「辣子鶏(ラーズージー)」

【動画】これでもか!と入った唐辛子がインパクト大な四川料理「辣子鶏(ラーズージー)」のレシピをご紹介。中国・四川省ではとてもポピュラーな料理で、本場は骨付きの鶏肉を使っていますが、今回は手に入りやすくて調理もしやすい鶏モモ肉で代用しました!じわじわとくる唐辛子の辛さと、花椒の香りがクセになる一品です♪ビールが欲しくなる!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部