2017年3月6日 更新

スパイシーな香りと味が魅力!鶏肉のジャンバラヤ

【動画】スパイスをピリッときかせた赤い炊き込みごはんに、パリッと焼いた鶏肉をのせて。今日のレシピはアメリカ南部の郷土料理、いわゆるケイジャン料理の代表格である「ジャンバラヤ」。

最後はホットソース「シラチャー」をかけて完成!

今日のレシピはアメリカ南部の郷土料理、いわゆるケイジャン料理の代表格である「ジャンバラヤ」をご紹介します。

スパイスをピリッときかせた赤い炊き込みごはんに、パリッと焼いた鶏肉をのせて。最後は米国ですっかり定番化したホットソース「シラチャー」をかけて完成!スパイシーな香りと味が魅力の一品です。

鶏肉のジャンバラヤの材料(3〜4人分)

■ 無洗米…2合
■ オリーブオイル…小さじ2
■ ニンニク…1かけ
■ 玉ねぎ…1個
■ ウインナー…2本
■ ピーマン…1/2個
■ 赤パプリカ…1/2個
■ 黄パプリカ…1/2個
■ 水…360ml
■ トマトジュース…200ml
■ コンソメ(顆粒)…小さじ2
■ チリパウダー…小さじ2
■ パプリカパウダー…小さじ1/2
■ コリアンダーパウダー…少々
■ 塩…ひとつまみ
■ ブラックペッパー…少々
■ 鶏もも肉…2枚
■ チリパウダー(下味用)…大さじ1/2
■ 塩(下味用)…少々
■ コショウ(下味用)…少々
□ ホットチリソース(シラチャー等)…適量
□ パセリ(刻み)…適量

つくり方

① フライパンにオリーブオイル・みじん切りのニンニクを入れて香りを出す。
② みじん切りの玉ねぎを入れ、玉ねぎが透き通るまでしっかりと炒める。
③ スライスしたウインナー・みじん切りにしたピーマン・赤パプリカ・黄パプリカを加えて軽く炒める。
④ 無洗米を加え、米が透き通るまで炒める。
⑤ 水・トマトジュース・コンソメ・チリパウダー・パプリカパウダー・コリアンダーパウダー・塩・ブラックペッパーを入れて全体を混ぜる。
⑥ フタをして強火で沸騰させる。
⑦ 沸騰したら弱火で15分炊き、火を止めて10分蒸らす。
⑧ 鶏もも肉にチリパウダー・塩・コショウを両面に塗り込んで下味をつける。
⑨ フライパンにオリーブオイル(分量外)を敷き、鶏もも肉の皮目を下にして焼き目が付くまでしっかりと焼く。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スパイシーなご飯でスタミナをつけよう♪ジューシーな鶏肉とスパイスを炊き込んだチキンビリヤニ!

【動画】ビリヤニとは「お肉とスパイスの炊き込みご飯」で、インドやパキスタンでつくられるスパイシーな米料理のこと。まだ日本では馴染みが薄いのですが、インドのお祝いやお祭りに欠かせない、歴史のあるおもてなし料理なんです。漬け込んだチキンがとってもジューシー!お肉の旨みとスパイスの香りが口の中で広がります♪ライムやレモンを絞ってさっぱり仕上げるのもオススメです!

体が喜ぶスタミナ薬膳スープ!骨付き鶏もも肉の参鶏湯

【動画】日本でも有名な韓国料理・参鶏湯(サムゲタン)。本場は鶏を丸ごと使って作りますが、日本のスーパーではなかなか手に入らないので、今回は骨付き鶏もも肉を使いました。骨付き鶏もも肉でもしっかり骨から旨味が染み出る!夏バテや風邪をひいた時にぴったりのメニューです。

アメリカンドッグは何が「アメリカン」?意外と知らない名前の由来と作り方

コンビニやお祭りの屋台でも人気のアメリカンドッグ。そもそもアメリカにもアメリカンドッグはあるんでしょうか?どうして「アメリカン」なんて名前がついたのか、アメリカンドッグの名前の由来と作り方もご紹介します♪

沖縄ご飯の「じゅーしー」って何?作ってみれば意外と簡単な沖縄風炊き込みご飯

沖縄には不思議な名前の美味しいご飯がたくさんありますよね。「毎月14日は“じゅーしーの日”」といわれるほど沖縄ではメジャーな食べ物「じゅーしー」。一体どんな食べ物なのでしょうか?美味しいじゅーしーの作り方もご紹介します。

スパイシー料理で夏を乗り切ろう!爽やかな辛さのジャークチキン

【動画】カリブ海に浮かぶ国・ジャマイカの郷土料理「ジャークチキン」。オールスパイスやカイエンペッパーなど、数種類のスパイスと野菜をたっぷり入れた特製ペーストに、鶏肉をじっくりと漬け込んでこんがり焼き上げました!冷たいビールにぴったり合うピリ辛メニューです♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部