2016年4月27日 更新

買って食べる→作って食べる!!にしたくなる色とりどりのやみつきフライドポテト♪

【動画】ファーストフード店に行くとついつい頼んでしまうフライドポテト。大好きな人も多いのでは?簡単だけど、ただお芋を揚げただけになりがちなフライドポテトは、ちょっとだけポイントを覚えて作ると、「どうやって作ったの?」と聞かれてしまうやみつきな味のフライドポテトに作ることができます。色々な色のじゃがいもを使うと見た目も華やかになるので、パーティーメニューのサイドディシュとして作るものオススメですよ ♪

食べるのがとまらない!!!!

“買って食べる”と決めつけていたものを“実は作れる!”に変える「#とことんHOMEMADE」。

今回作るのは、フライドポテトです。

ファーストフードで定番のフライドポテトですが、自分で作ればごちそうになれるほど美味しく作ることもできます。

そんなわけで今回は、中はホクホク外はカリカリ、ハーブとにんにくの香りがたまらないフライドポテトの作り方をご紹介します。

色とりどりのじゃがいもを使えばぐっと華やかになったり、厚みを変えることで食感も変えることができたり、ハーブや塩の種類を変えれば味付けも自由自在。

お好みでアレンジしながら「自分の味」を探ってみてくださいね。

フライドポテトの材料小鍋1杯(2~3人分)

・お好みのじゃがいも(小) 4個
・お好みのハーブ各種 各1~3束程度
(ローズマリー、ローリエ、セージ、オレガノなど)
・強力粉        適量
・オリーブオイル 適量
・にんにく(皮付き) 2片
・塩 適量

※おすすめの色付きじゃがいもの品種
紫の芋:シャドークイーン
ピンクの芋:ノーザンルビー
黄色の芋:インカのめざめ

つくり方

1.じゃがいもを棒状にカットし、水にさらしてアクをとる。
 (20674)

2.じゃがいもの水気をよくきって軽くふきとったら、ボールに入れて強力粉をまぶす。
 (20670)

 (20672)

3.フライパンにオリーブオイルを入れ、そこににんにくを皮ごと入れて香りをうつす。
 (20673)

 (20675)

4.中火にしてじゃがいもを入れる。あまり混ぜたりせずにそのままにして、時々フライパンをゆらすのがポイント。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

濃厚ソースとからめて食べたいもちもちの食感がクセになるお団子パスタ、ニョッキ!

【動画】丸くてもっちとした弾力があり、少量でもお腹がいっぱいになるイタリアのお母さんの味「ニョッキ」小さなめなお団子のような形のこのパスタはいつも食べている細長い麺のパスタとは違い、じゃがいもを使って作ることでクセになるような、もちもちの食感のニョッキが作れます♪それをチーズたっぷりの濃厚クリームソースと絡めれば寒い日に食べたいもっちもちパスタの出来上がりです!

手作りパンチェッタでつくる濃厚&クリーミーな本格カルボナーラ☆

【動画】イタリア料理に欠かせないパンチェッタ!豚ばら肉を塩漬けにして、乾燥・熟成させて作ったものです。今回はご家庭でも簡単に作れるように、冷蔵庫で乾燥させながら熟成させていきます。傾けた網にのせると、豚肉の水分が下にぽたぽたと落ちていき、お肉の水分がだんだん抜けて旨みが凝縮します!手作りのパンチェッタで作るカルボナーラは最高に美味しい♪ハーブは全て揃えなくてもいいので、お好きなハーブで香りを付けてくださいね☆

秋のおもてなし料理♡ローズマリー香る"秋刀魚とトマトのオーブン焼き"

【動画】今が旬の秋刀魚を使った、おもてなしにぴったりのメニューです。青魚とトマトは相性抜群!ローズマリーの香りが魚の匂いをやわらげてくれるから、青魚が苦手という方にも食べてもらえるはず!秋刀魚に薄く塗った粒マスタードと、上に乗せたパン粉がいいアクセントに♪

手打ちならではのモチモチ食感!オレキエッテ バジルペスト和え

【動画】イタリア・プーリア州の代表的パスタ「オレキエッテ」。「小さな耳」という意味で、名前の通りコロンとしたフォルムが可愛らしいショートパスタです!モチっとした食感は自家製ならでは♪パスタのくぼみに香り豊かなバジルペストがよく絡みます。見た目も鮮やかで、写真映えする1品です!余ったソースはお肉料理や魚料理、サラダやピザなど、色々なお料理に活用してください♪

クリーミーなマッシュポテトがたっぷり入った"甘くない"おかずタルト♪

【動画】なめらかでクリーミーなマッシュポテトが入ったおかずタルトをご紹介します。爽やかなサーモンパテのタルトや夏野菜のラタトゥイユ風タルト、そしてひまわりモチーフが可愛いひき肉カレータルトの3種類♪手のひらサイズの小ぶりなタルトなので、ホームパーティーやピクニックにぴったり♡

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部