2016年9月8日 更新

甘く見るなかれ「モスクワのラバ」 “モスコー・ミュール| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]今回ご紹介するのは、モスコ・ミュール。

甘く見るなかれ「モスクワのラバ」

「モスクワのラバ」の名を持つ世界的に有名なc。ラバのキックのように強い飲み物の意味もある。
ベースはウオッカ。南スウェーデンの蒸留所で製造されているアブソルートは、一切の不純物をろ過した、なめらかで芳醇な味わいのウオッカである。
モスコー・ミュールは、1940年代にハリウッドのレストランで、スミノフ・ブランドのウオッカの販売促進ために考案し、紹介したのが始まりとされる。銅製のマグカップを使用するのが伝統的なスタイルである。


カクテル・ベース: ウオッカ、アルコール度数: 12度、テイスト: 中口、TPO: オール・デイ
 (26345)

材料

【レシピ】
・ウオッカ…45ml
・ライム・ジュース…15ml
・ジンジャー・ビアー…適量
・生姜…適量

作り方

1.すりおろした生姜とライム・ジュース、ウオッカを氷を入れたタンブラーに注ぐ
 (26350)

 (26352)

 (26351)

2.冷やしたジンジャー・ビアーで満たして軽くステアーする。
 (26354)

 (26355)

完成です。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ボガートが愛した薔薇色のカクテル “ジャック・ローズ| Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム]バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。今回ご紹介するのはジャック・ローズ。

硬い雰囲気を砕く爽やかなカクテル “フローズン・アイスブレーカー| Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム] バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 今回ご紹介するのは、この暑い夏にぴったりなフローズン・スタイルのカクテルです。

ブランデー・ベースの定番カクテル “サイドカー| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。今回ご紹介するのは、柑橘系リキュールがブランデーの風味を引き立てるサイドカー。

“ミント・ジュレップ(Mint Julep)” | Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。今回ご紹介するのは、ウィスキーのほのかな甘みとミントの爽快さがクラッシュド・アイスによりキンキンに冷えたミント・ジュレップ

カリブ海で生まれたトロピカル・カクテル “ピニャ・カラーダ| Barの美学 [barism]

【動画】パイナップルジュースとココナッツミルクのトロピカルな組み合わせ。今回ご紹介するカクテルは夏らしいカリブ海生まれのカクテルピニャコラーダ。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部