2016年7月27日 更新

ラップでくるっ♪と巻いて簡単に作れるハーブが香る本格ソーセージ。

【動画】味も大きさも色々な種類があるソーセージ。大好きだからもっともっとたくさん食べたい!!でもソーセージって材料をそろえるのも、作るのもちょっと難しそう。この″難しそう”の原因はお肉を腸に詰める作業!今回はその作業をまるっとなくした、簡単なのに本格的なソーセージを手作りできる方法をご紹介します。

ラップで作るお手軽ソーセージ!

“買って食べる”と決めつけていたものを“実は作れる!”に変える「#とことんHOMEMADE」。
今日はサルシッチャと呼ばれるイタリアのソーセージをつくります。

粗めのミンチ状にした肉に、たっぷりのハーブやスパイス、ワインで風味付けした、香り豊かなソーセージ。
腸に詰めるのが通常ですが、今回は家庭でも作りやすいよう、ラップで成形する方法をご紹介します。

大きく成形して大胆に盛り付けてもビストロのようで楽しいし、味がしっかりしているので細かく切ってパスタやリゾットに使っても本格的な味になります。

ソーセージの材料(8本分)

・豚肩ロース:500g
・豚モモブロック:500g
・セージ:6g
・バジル:5枚(お好みのハーブで代用や、なくてもOK)
・ローズマリー:3枝
・フェンネルシード:6g
・にんにく:5かけ
・レモン:1/2
・塩:12g
・赤ワイン:160g

つくり方

1.豚肩ロース、豚ももブロックをミンチに近いくらい細かくカットする(細かくないと粘り気がなく崩れてしまう)
 (25053)

 (25054)

2.ハーブ類と、にんにく、レモンをカットする。
 (25059)

 (25057)

3.ボウルに1を入れてよくねる。
 (25061)

4.3に2とワイン、塩、フェンネルシードを入れて粘り気が出るまでよく混ぜる。
35 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ワイン特集】新しい文化の誕生、オーストリアワイン×日本料理!

今、オーストリアワインと寿司を始めとした会席料理は風味や味わいの相性が良いと注目されています!

手作りパンチェッタでつくる濃厚&クリーミーな本格カルボナーラ☆

【動画】イタリア料理に欠かせないパンチェッタ!豚ばら肉を塩漬けにして、乾燥・熟成させて作ったものです。今回はご家庭でも簡単に作れるように、冷蔵庫で乾燥させながら熟成させていきます。傾けた網にのせると、豚肉の水分が下にぽたぽたと落ちていき、お肉の水分がだんだん抜けて旨みが凝縮します!手作りのパンチェッタで作るカルボナーラは最高に美味しい♪ハーブは全て揃えなくてもいいので、お好きなハーブで香りを付けてくださいね☆

秋のおもてなし料理♡ローズマリー香る"秋刀魚とトマトのオーブン焼き"

【動画】今が旬の秋刀魚を使った、おもてなしにぴったりのメニューです。青魚とトマトは相性抜群!ローズマリーの香りが魚の匂いをやわらげてくれるから、青魚が苦手という方にも食べてもらえるはず!秋刀魚に薄く塗った粒マスタードと、上に乗せたパン粉がいいアクセントに♪

食べ応え満点!!チーズもソースも野菜もたっぷり、ホールケーキのような極厚シカゴピザ♪

【動画】ピザなのに分厚い!!中に何が詰まっているんだろう?とワクワクしてしまう大きくて分厚いシカゴピザ。ピザなのにケーキ型で作っていき、中にはソースにチーズ、野菜にソーセージと盛り沢山!切り分けるととろっ〜とチーズがとろけ出し、食欲をそそります!

ピンクのクリームで華やかにデコレーション♪おしゃれでキュートなおつまみ「エクレア・サレ」

【動画】サクサクのエクレア生地に、サーモンとクリームチーズの爽やかなクリームを添えて。ワインなどのアルコールのお供にもぴったりです!彩りをプラスして華やかな仕上がりに。見ているだけで気分が上がるフィンガーフードです♪気軽につまめるのでイベントやパーティーで活躍すること間違いなし!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部