2015年6月12日 更新

とろ~りクリーミー♡子供も大人も大好き!生クリームで作るじゃがいもとチーズのグラタン

新しい季節や出会いによってホームパーティーなどを開催する人も少なくないのではないでしょうか。そんな時に是非お勧めしたいレシピがこれ。ジャガイモとチーズのグラタンです。

口に入れた瞬間チーズと生クリームが絡まり、ジャガイモがホクホクと美味しく、僅かにニンニクが香る、とても美味しい一品です。
作り方はとても簡単!他の料理をしながら作ることができます。

じゃがいもとチーズのグラタン(2人前)材料

ジャガイモ・・・2~3個
牛乳・・・適量
塩・・・少々
胡椒・・・少々
ナツメグ(もしくはオールスパイス)・・・少々
ニンニク・・・真ん中を切ったものを1片
バター・・・適量
生クリーム・・・80~100cc
とろけるチーズ・・・適量
お好みでパセリ・・・適量

作り方

1) ジャガイモは7mm程度の幅で輪切りにする。鍋にジャガイモを入れ、ジャガイモが浸るくらいの牛乳を加え火にかけます。弱火でジャガイモに火が通るまで煮込みます。牛乳臭くなるので沸騰させないようにしましょう。火が通ったらナツメグや塩、胡椒で調味します。
2) 耐熱皿にニンニクの切り口をこすり香りを移します。次にバターを塗り、1を入れます。ジャガイモが重ならないようにしてください。
3) 生クリームをまわしかけ、チーズをたっぷりとかけます。
4) 200度に予熱を入れたオーブンで20分程度、こんがり焼き色がつくまで焼きます。
5) お好みでパセリを散らすと彩りが綺麗に見えますよ♪
沢山のジャガイモ|写真素材なら「写真AC」 (5533)

ジャガイモはビタミンが大変豊富な美容にピッタリの食材です。ホクホクとした食感は子どもから大人まで好まれていますね。
通常、ビタミンは加熱により壊れやすいと言われる栄養素ですが、ジャガイモに含まれるビタミンだけは別です。でんぷんで包まれているため、加熱などをしても壊れにくいのです。
今回はジャガイモだけを使ったグラタンをご紹介していますが、食べ合わせとしてほうれん草やブロッコリーなどを一緒に入れるとストレスの解消やガンの予防などに効果的です。

また、味付けとしてナツメグを加えましたが、ナツメグには若干の催眠効果があるスパイスです。眠れない時にナツメグを少し加えたホットミルクを飲むと眠りやすくなります。
そんな効果のあるスパイスを入れていますので、穏やかな夜を過ごしたいときにもお勧めです。
 (5535)

調理上のポイントですが、牛乳は沸騰させないように気を付けてください。牛乳の香りが強くなります。スパイスは、ナツメグが無い場合はオールスパイスでもOKです。勿論スパイスなしで作るのも美味しいです。
器にニンニクを塗りこむ工程はなるべく外さないことをお勧めします。このニンニクの香りがあるだけで、最後まで飽きずに頂くことができます。
基本的に牛乳で煮込んでオーブンで焼くだけの超簡単レシピな上に、見栄え良し、味良しなのでお料理初心者さんからベテランさんまでの方にお勧めします。

よっこ
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

手打ちならではのモチモチ食感!オレキエッテ バジルペスト和え

【動画】イタリア・プーリア州の代表的パスタ「オレキエッテ」。「小さな耳」という意味で、名前の通りコロンとしたフォルムが可愛らしいショートパスタです!モチっとした食感は自家製ならでは♪パスタのくぼみに香り豊かなバジルペストがよく絡みます。見た目も鮮やかで、写真映えする1品です!余ったソースはお肉料理や魚料理、サラダやピザなど、色々なお料理に活用してください♪

クリーミーなマッシュポテトがたっぷり入った"甘くない"おかずタルト♪

【動画】なめらかでクリーミーなマッシュポテトが入ったおかずタルトをご紹介します。爽やかなサーモンパテのタルトや夏野菜のラタトゥイユ風タルト、そしてひまわりモチーフが可愛いひき肉カレータルトの3種類♪手のひらサイズの小ぶりなタルトなので、ホームパーティーやピクニックにぴったり♡

お酒のお供に食べたくなる、そら豆とバジルのイタリアン風ポテトサラダ!

【動画】今回はいつも食べているポテトサラダとはひと味違うイタリアン風のポテトサラダです。ゴロゴロとしたじゃがいもとホクホク食感のそら豆、バジルが入ったこのポテトサラダは、お酒のお供やお弁当のおかずにもオススメのレシピです。

おつまみにぴったり♪もっちりサクサク「明太チーズいももち」

【動画】北海道の郷土料理「いももち」のレシピをご紹介します。通常のいももちは甘辛いタレを絡めて頂くものですが、今回はおかずにも、おやつにも、おつまみにもなる"明太チーズ味"に!ホクホクのじゃがいもが外はサクサク、中はモチモチに大変身しますよ♪

チキンがほろっと崩れる♡札幌発祥のスープカレー!

【動画】スパイシーな中にも深いコクがある「スープカレー」のレシピをご紹介します。今では全国的にもメジャーなカレーとなっていますが、実は札幌発祥のグルメ!定番具材の大きなじゃがいもは、煮込みすぎて煮崩れするとスープがドロッとしてしまうので、あらかじめレンジで加熱しておくのがポイントです♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部