2015年6月25日 更新

切り餅を使った、イチゴチョコ大福のつくり方

簡単に豪華デザートの出来上がり!甘~いチョコと、ちょっとすっぱいイチゴ、柔らかいお餅のハーモニーは最高です。

筆者 (8322)

via 筆者
ちょっと小腹がすいたときや食後のデザートなどに、いつでもぱぱっと気軽に作れます♪

イチゴチョコ大福の材料(2個分)

・切り餅 2個
・水 適量
・きび糖 大さじ1
・片栗粉 適量
・チョコレート 6カケくらい
・イチゴ 大粒のもの2個

つくり方

① 切り餅を耐熱容器にいれ(タッパーがおすすめ)、切り餅が隠れるくらいまで水を注ぐ。

② レンジで1分〜3分、様子を見ながら加熱し柔らかくなっているのが確認できたらレンジから取り出す。

③ 耐熱容器の中の水を、大さじ1程残して捨てる。

④ きび糖を加え、スプーン等でぐるぐるとよくまぜ、一塊にする。
(だんだん水気がなくなってきます。)
筆者 (8323)

via 筆者
⑤ チョコを耐熱容器に入れ(小さいものが理想)、レンジで1分ほど加熱する。

※レンジによって時間が異なるので、様子をみて下さい。

⑥ チョコの表面がとけていたらティースプーンでかき混ぜ、すべて溶かす。

⑦ イチゴは洗ってヘタを取り、水気をよくふき取る。

※チョコレートは水分に弱く、混ざるとボソボソになってしまうので注意しましょう。

⑧ ⑥の耐熱容器にイチゴを入れ、チョコを全体につける。

⑨ イチゴをクッキングシートの上に置き、冷蔵庫で冷やす。(すぐに固まります)
筆者 (8324)

via 筆者
⑩ 3分程して固まったことが確認できたら、④の餅を二等分にし、片栗粉をひいたバットの上で平らにのばす。
筆者 (8325)

via 筆者
⑪ 平らにのばした餅の上にイチゴをのせて包み、大福の形にする。

⑫ ベタつきがあれば片栗粉をまぶし、完成!
筆者 (8326)

via 筆者

アレンジ方法、ポイント

いかがでしたか?わざわざ買いにいかなくてもとっても簡単に、イチゴチョコ大福が作れてしまいます。

これを応用して、更にあんこを包めば苺大福のようになりますし、チョコを抹茶チョコに変えれば和風な味に、ホワイトチョコにすれば洋風な味になりますよ。お好みでラム酒を加えてもおいしくいただけます。

お餅をピンク色にしたい場合は、お餅を混ぜるとき一緒に食紅を少しだけ入れましょう。更に苺大福らしく見えるようになります。

元は切り餅なので、長時間放置すると固まってしまいます。出来上がったら早めにいただいてくださいね。
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これって実は作れるんだ!!お店で買っていたおやつやスナックを手作りにチェンジしよう♪

【動画】お店で買うもの、食べるものって特に決まりはないのになんとなく決まってしまっていませんか?それがあまりに当たり前になりすぎて、お家で作るなんて考えもしなかった定番のメニューたち。難しそう、手間がかかりそう・・・そう思っているあのメニューも実はお家でとっても簡単に作れちゃったりするんですよ!いつもの定番メニューを″お店で買って食べるもの”→″HOME MADE”にチェンジしてみませんか?

甘くて美味しい三種のぶどう、贅沢にまるごと包んじゃいました♪ぶどうのクリーム大福!

【動画】夏から秋にかけて旬をむかえるぶどう。今回は、種がなくて皮ごと食べられる「ナガノパープル」「シャインマスカット」「クイーンニーナ」の三種を使い、贅沢にまるごと1粒包んだクリーム大福をご紹介します!ひんやり冷たいまろやかなクリームと、みずみずしいぶどうの果汁が口の中に広がります♪

しっとり濃厚♡お餅と甘納豆が入った"和風ブラウニー"

【動画】しっかりとチョコを感じる濃厚なブラウニーに、日本の食材をプラスした和風スイーツ!意外にも相性抜群で、ついつい食べ過ぎてしまう美味しさです♪お餅は一日経つと固くなるので少し温めるとより美味しく召し上がれます!

果物の甘みと酸味があんこにベストマッチ!カラフル♡フルーツ大福

【動画】みずみずしいフルーツを白あんと求肥で包んだフルーツ大福のレシピをご紹介します。甘酸っぱいフルーツとあんこが相性抜群♪緑茶にも紅茶にも合うフルーツ大福、ぜひお好みの果物を包んで作って見てくださいね!

甘酒を使った和スイーツ♡もっちり甘酒もち

【動画】今話題の甘酒が、牛乳と片栗粉でもっちり和スイーツに変身!アルコールも入っていないのでお子さまでも安心して召し上がれますよ。トッピングはお好みでアレンジしてみてくださいね♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部