2016年10月5日 更新

寒い日じゃなくても食べたい、お肉も野菜もギュッと!!と詰まったホカホカ肉まん♪

【動画】寒い日にはあったかさと小腹を満たすために、わざわざ寄り道をしてまで買ってしまう肉まん。もちもち生地にたっぷりとお肉が詰まった冬の定番はやっぱりホカホカの状態で食べたいもの。持って帰って食べる頃には冷めていて、表面の皮がちょっと固くなってる・・・。なんて悲しいことをなくすために、お家で作ってみるのいいかもしれません。いつでも簡単にあのホカホカの肉まんを食べることができちゃいますよ!

もっちりギュッと!!

“買って食べる”と決めつけていたものを“実は作れる!”に変える「#とことんHOMEMADE」。

今日は肉まんの作り方をご紹介します。

弾力がありむっちりした生地に、ジューシーなお肉と具材をゴロッと入れたレシピです。蒸し立てのツヤツヤふっくらした生地をはふはふと味わうのは至福のひと時。

ぜひ一から手作りして楽しんでみてくださいね。

それでは作り方を見ていきましょう。

肉まんの材料(8〜10個分)

▼具材
・豚肩ロース:150g
・豚ひき肉:150g
・長ネギ:1本
・たけのこ水煮:50g
・干しシイタケ:3枚
・しょうが:15g
・ごま油:小さじ2
・醤油:小さじ3
・オイスターソース:小さじ1
・砂糖:小さじ1
・ 塩:小さじ1
・甜麺醤:小さじ1

▼皮
・薄力粉:300g
・グラニュー糖:40g
・塩:5g
・ドライイースト:4g
・ベーキングパウダー:8g
・スキムミルク:6g
・ぬるま湯:150g
・サラダ油(ごま油などでもOK):12g

つくり方

1.まずは肉まんの具材を作る。豚肩ロースを細かく刻む。
2.水に戻しておいた干しシイタケ、たけのこの水煮、長ネギも細かく刻む。
 (27710)

 (27711)

3.ボウルに材料と調味料を全ていれて粘り気が出るまでよく手で混ぜ、丸くまとめておく。
 (27713)

 (27738)

 (27740)

4.次は生地をつくる。ボウルに薄力粉、グラニュー糖、塩、スキムミルク、ドライイースト、ベーキングパウダーを入れて手で混ぜる。
39 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

つるっとモチモチした弾力が絶品の自家製麺!本格ジャージャー麺

【動画】ジャージャー麺は、ひき肉・しいたけ・たけのこを味噌で炒めて作った肉味噌と麺を一緒に食べる北京周辺の家庭料理です。ピリ辛でジューシーな肉味噌が食欲をそそり、トッピングの温泉卵が辛さをマイルドにしてくれます♪食べる直前によ~くかき混ぜて、モチモチの手打ち麺としっかり絡めましょう!手作りならではのおいしさを味わってくださいね♡

【野菜別】新聞紙に包む保存方法。ねぎ・さつまいも・人参を長持ちさせよう

野菜を保存するとき新聞紙を使うことは知っていても、具体的にどのような方法をとればいいのか迷う方も多いはずです。ねぎ、さつまいも、人参と異なる方法をとる野菜を例にとって、新聞紙を使った保存術を見てみましょう。

ゴロゴロと大きなミートボールにコクのあるクリームソースと絡めたスウェ—デン風ミートボール!

【動画】濃厚でコクのあるクリーミーなソースを絡めるスウェ—デン風ミートボール!簡単に作れるのに絶対に美味しいお腹がいっぱいになるおかずです。単品でもパスタなどと合わせても美味しいので、今晩のおかずに是非チャレンジしてみて下さいね。

ハーブの香りと煎り米の香ばしさが食欲をそそる!豚肉と煎り米のエスニックサラダ「ラープ・ムー」

【動画】今回は、タイ東北部の名物料理「ラープ・ムー」をご紹介します!ラオス語で「ラープ」は幸せ、「ムー」は豚肉という意味。豚肉をハーブ・唐辛子・ナンプラー・ライム・煎り米粉で和えたエスニックなサラダで、バンコクのお惣菜屋さんやレストランでも定番のサラダです☆辛さと酸味が合わさったタイ料理独特の美味しさで、煎ったお米の香ばしさと、たっぷり入れた爽やかなハーブの香りが口の中に広がります。ピリッと辛いタイ料理でスタミナをつけましょう♪

着色料不使用!野菜がたっぷり摂れる、体に優しいカラフル餃子

【動画】野菜ペーストを皮に練り込んだ、もっちもちのカラフル餃子♪ひと口サイズで見た目も可愛く、さらに野菜がたっぷり入っているから体にも優しい餃子です!見た目が地味なイメージの餃子だけど、こんなに可愛くてカラフルな餃子ならパーティー料理としても使えますよ♡

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部