2016年4月10日 更新

にんにくのしょうゆ漬けで作る焼豚のつくり方

【動画】人気料理家のレシピ集の中から基本となる「にんにくのしょうゆ漬け」の第2弾です。今回は「焼豚」を動画でご紹介します!煮汁につけたまま時々火を入れれば10日ほど保存できます。

19,213 view お気に入り追加 4

2~3ヶ月かかっても美味しい!

人気料理家の飛田和緒さんのロングセラーのレシピ集『私の保存食手帖』の新版から、基本となる「にんにくのしょうゆ漬け」と、それを使った「焼豚」をご紹介します。

「にんにくのしょうゆ漬け」は、もともと飛田さんの旦那さんのお母さんから教わったもの。今ではこれがないと料理が始まらないというくらい、とて大切にしている調味料だそうです。にんにくをしょうゆに漬け込むだけというシンプルなものですが、飛田さんはなくなったら上から足し続けて、ずっと使っているのだそうです。もし気になる時は、1瓶ずつ使い切ってつくり直してみてください。

にんにくのしょうゆ漬けの材料

・にんにく 適量
・しょうゆ 適量

つくり方

1. にんにくは皮をむいて、根元の硬い部分を切り落とす。芽が出ていれば半分に割って取り除く。
 (19668)

2. 煮沸消毒した保存ビンに入れ、かぶるくらいまでしょうゆを注ぐ。
 (19669)

[メモ]
*1週間ほどでにんにくのエキスが出て、しょうゆとともに料理に使えるようになります。
*にんにくが芯まで真っ黒になるには2~3ヶ月かかります。
*冷蔵庫で保存しましょう。

にんにくのしょうゆ漬けの焼豚の材料

・豚肩ロース肉・豚バラ肉など好みの部位のかたまり肉(700g程度のもの):2~3本
・しょうが:3かけ
・にんにくしょうゆ漬けのにんにく:5かけ
・酒:適量
・しょうゆ:1カップ(好みでにんにくしょう油を追加してください)
・ザラメ:1カップ(無ければ砂糖でも可)

つくり方

1. 豚肩ロース肉・豚バラ肉などかたまり肉の周りをタコ糸でまいてしばる。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

にんにくのしょうゆ漬けで作る鶏のから揚げのつくり方

【動画】人気料理家のレシピ集の中から基本となる「にんにくのしょうゆ漬け」と、それを使った「鶏のから揚げ」を動画でご紹介します!シンプルだけどとても役にたつレシピなんです!

白いご飯が大好き!一度食べたらやみつきになるご飯にかける美味しいおとも

ご飯のおともといえば、海苔や納豆などの定番の物から、美味しいふりかけまで色々ありますよね。忙しい朝ご飯の時間も、ご飯にかければ立派な朝ご飯!日々の食卓に一役買ってくれる、ご飯にかける美味しいご飯のおともをまとめました。

今流行の常備野菜!ピクルスを家庭で作って暑い夏を乗り切る!

疲労回復や美容効果も期待できるピクルス。最近では常備野菜が人気ですが、野菜を取る上でピクルスは最適な常備野菜です。そこで、これから暑い夏にピッタリのピクルスレシピをご紹介します。
dish tips | 1,935 view

作業時間15分でアレンジ自在に!常備菜「キャベツとごま油塩昆布和え」のつくり方

空いた時間にまとめて作っておけば、いろんなお料理に応用可能!そんな日々の食事の準備が楽チンになる便利な常備菜!そのまま食べても、ご飯に乗っけても、美味♪ だけど、別メニューにアレンジすることも出来るから、その日の気分でいろんなメニューに変身させよう。

作業時間15分でアレンジ自在に!常備菜「トマトの昆布おひたし」のつくり方

空いた時間にまとめて作っておけば、いろんなお料理に応用可能!そんな日々の食事の準備が楽チンになる便利な常備菜!そのまま食べても、ご飯に乗っけても、美味♪ だけど、別メニューにアレンジすることも出来るから、その日の気分でいろんなメニューに変身させよう。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部