2016年8月30日 更新

夏バテ対策!梅パワーで夏を乗り切れ!

暑くなってくると食欲がなくなってきて身体がだるくなってきます。やる気も、集中力も続かないことって経験ありますよね。是非、梅パワーで夏を乗り切ってください。

梅の効果

しそ漬梅17% | 紀州いち梅本舗 (6215)

梅干しの効果って意外と知られているようで知られていないですよね。
夏バテに一番効果が高いとされている「クエン酸」です。梅にはこの「クエン酸」が多く含まれています。クエン酸の量は梅干しにすると、さらに増えます。クエン酸は疲労回復効果があることで知られる栄養素です。
私たちが疲労を感じる原因は、体内に蓄積された乳酸と呼ばれるものです。体の中に乳酸がたまってしまうと、疲労という形になってあらわれます。疲労回復のためには乳酸を分解すればいいわけですが、このときに活躍するのがクエン酸です。

梅干しの作り方

梅干しの作り方 漬け方 (6226)

【材料・用意するもの 】
完熟梅(黄色く熟した梅) 3kg
塩(粗塩) 540~600g
 ※「梅1kg」に対し「塩180~200g」

殺菌した保存容器
ビニール袋(丈夫な物) 2枚

1,完熟梅は、丁寧に水で洗い、水気をしっかり拭き取る。
 なり口のホシを、竹串などで丁寧にとり除く。梅の下ごしらえをする
2.殺菌した保存容器に、完熟梅と 塩(全量の2/3)を交互に入れていく。
 梅と塩を交互に入れる3.完熟梅をすべて入れ終えたら、残りの塩(全量の1/3)を、最後に上に置く。残りの塩を最後に上に置く。
4.ビニール袋を二重にかさね(水漏れを防ぐため)保存容器の中に広げる。
5.ビニール袋の中に、静かに水を注ぎ入れ、重石の代わりにする。
 こうすると、重しが均等にかかり、良い具合に漬けあがる。ビニール袋は二重にかさねる。
6.水が漏れないよう、しっかりと括る。水が漏れないようしっかりと括る
7.これで、第一段階「塩漬け」は完了。1~2日で、梅酢が上がってくる。

梅ご飯

梅干しだけだとなかなか毎日は食べれないですよね。梅干し入りの混ぜご飯にしてしまえば夏にもさっぱりした気分で白ごはんを食べることが出来ると思います。
是非、お試しください。

梅ジャムの作り方

パン派の方も多いと思います。梅ジャムで朝食なんてとってもおしゃれですよね。

梅シロップエナジードリンク

最後は梅ジュース。私はエナジードリンクと呼んでいます。とってもさっぱりしていて夏にピッタリ!お出かけの際にも水筒に持って持ち歩くと熱中症対策にもなります。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

体が喜ぶスタミナ薬膳スープ!骨付き鶏もも肉の参鶏湯

【動画】日本でも有名な韓国料理・参鶏湯(サムゲタン)。本場は鶏を丸ごと使って作りますが、日本のスーパーではなかなか手に入らないので、今回は骨付き鶏もも肉を使いました。骨付き鶏もも肉でもしっかり骨から旨味が染み出る!夏バテや風邪をひいた時にぴったりのメニューです。

食欲がない時でもツルッと食べれる♡さっぱりヘルシーな翡翠色のなすそうめん

【動画】翡翠のような色合いが涼やかな「なすそうめん」のレシピをご紹介します。なすにひと手間加えるだけで、まるでそうめんのようなさっぱりとした一品に!小麦粉を使用していないので、そうめんよりもヘルシーです♪なすの皮も無駄なく甘辛なふりかけにしました!

梅酒で作った、きらきら光る梅寒天の梅あんみつ♪

【動画】今回は梅あんみつです。あんみつの中に入っている寒天を梅酒で作り、きらきらと黄金色に光る梅酒の寒天をメインに梅あんみつを作りました。暑い日のデザートはアイスやカキ氷になりがちですが、和のスイーツ“あんみつ”も涼しさを感じられるオススメのスイーツですよ♪

夏バテには辛い食べ物が効果的って本当?今年の猛暑は辛いもので乗り切っちゃおう♪

夏は始まったばかりですが、もう夏バテ気味という人もいるのでないでしょうか。気温の上下や気圧の変化が激しい季節の変わり目は体調を崩しがちです。そんな夏バテ気味の身体には辛い食べ物が良いって嘘?本当?

暑い日の夜にオススメなお酒のデート♪つるるんのど越しの梅酒の水まんじゅう!

今回は梅づくしの水まんじゅうをご紹介します。冷たく、のど越しが良くて暑い日にピッタリな梅酒で作った水まんじゅうです。お饅頭の中のあんこにも梅を練りこんであるので、梅の味もしっかりと味わえます♪冷たく冷やしてから召し上がってみて下さいね。

キーワード

ライター

dish tips dish tips