2016年8月25日 更新

亡き恋人に捧げたカクテル “マルガリータ” | Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム] バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 今回ご紹介するのは、甘みと酸味がマッチしたスノー・スタイルのカクテル。

亡き恋人に捧げたカクテル

マルガリータは、甘みと酸味がマッチしたスノー・スタイルのカクテル。スノー・スタイルとはカクテル・グラスの縁に塩や砂糖をまぶしつけること。
ベースはテキーラ。エラドゥーラ・プラタは、ほかのシルバー・テキーラとは製法が異なり、スタンダード・テキーラにありがちな刺激がなく、滑らかな口当たりの上品なテキーラである。
マルガリータという呼び名の由来は、ロサンゼルスのバーテンダーが、亡くなった恋人マルガリータに捧げたとの説をはじめ、諸説ある。

材料

【レシピ】
・テキーラ…2/4
・コアントロー…1/4
・ライム・ジュース…1/4


カクテル・ベース: テキーラ、アルコール度数: 26度、テイスト: 中口、TPO: オール・デイ
 (25821)

作り方

1.ライム果汁をグラスの淵に付け、塩をまぶしてスノー・スタイルにする。
 (25824)

 (25825)

2.シェイカーにテキーラ、コアントロー、ライムジュースを入れ、シェイクする
 (25827)

 (25828)

 (25829)

 (25830)

23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

硬い雰囲気を砕く爽やかなカクテル “フローズン・アイスブレーカー| Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム] バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 今回ご紹介するのは、この暑い夏にぴったりなフローズン・スタイルのカクテルです。

ボガートが愛した薔薇色のカクテル “ジャック・ローズ| Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム]バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。今回ご紹介するのはジャック・ローズ。

甘く見るなかれ「モスクワのラバ」 “モスコー・ミュール| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]今回ご紹介するのは、モスコ・ミュール。

ブランデー・ベースの定番カクテル “サイドカー| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。今回ご紹介するのは、柑橘系リキュールがブランデーの風味を引き立てるサイドカー。

“ミント・ジュレップ(Mint Julep)” | Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。今回ご紹介するのは、ウィスキーのほのかな甘みとミントの爽快さがクラッシュド・アイスによりキンキンに冷えたミント・ジュレップ

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部