2015年7月22日 更新

ワンパターンになりがちな野菜の変わりレシピ(ナス編)

今が旬の夏野菜『なす』。たくさん買い込んでもレシピがワンパターンになりがちですよね。発想を変えていつもとチョット違う”なす”レシピをご紹介します!

あとむ (9845)

via あとむ
定番ものの夏野菜の一つ、「ナス」。家庭菜園で作っているという人も多い野菜なので、
夏はナスがたくさんという人も多いのではないでしょうか。

ナスを使った料理も、麻婆ナスやパスタの具材、焼きナス、ナスの肉詰めなどワンパターンになりがちなのではないでしょうか。

そこで今回は、ナスを使った、ちょっとだけいつもと違うレシピをご紹介させていただきます。しかも、ナスだけを使ったものを紹介しますので、ナスが自宅にある人は実践しやすいですよ。食卓のメニューの参考にしてみてくださいね。

レンジでチン!簡単蒸しナス

jreika/Shutterstock.com (9848)

via jreika/Shutterstock.com
ナスだけを使ったレシピというと焼きナスが定番ですが、焼きナスと同じような食感のメニューが、レンジで簡単に作れてしまうんです。

作り方はとても簡単です。

1. ナスの皮をむく

2. 縦半分に切って、それを縦長にカットする。

3. 耐熱容器に入れてラップをし、1分加熱。
ナスがまだ固い場合は調理時間を増やしてください。

4. 醤油や麺つゆなどをかけていただきます。

とても簡単ですね。

調理をするときは、シリコンスチーマーを使用してもいいですが、1、2本でしたら深さのあるお皿でもOKです。温かいまま食べてもいいですし、冷やしてもおいしいです。鰹節やおろしショウガなどを載せるとさらにおいしいです。おつまみや、あと1品ほしい、というときに便利なメニューですよ。

ご飯がすすむナスの甘辛煮

Maggiezhu/Shutterstock.com (9851)

via Maggiezhu/Shutterstock.com
続いては、ナスの甘辛煮を紹介しますね。

○材料

・ナス:3本
・サラダ油:大さじ1
・砂糖:大さじ2
・醤油:大さじ3
・みりん:大さじ3

1. ナスは縦半分に切って乱切りにする。
半分にした時に斜めに切れ目を入れると味がしみ込みやすいです。

2. 鍋にサラダ油を熱し、ナスを中火で炒める。

3. しんなりしてきたら調味料を入れ、弱火で煮込む。

4. 煮汁がなくなってきたら出来上がり。

上から万ねぎをのせると見栄えもよくなりますよ。

ナスのおかずでありながらご飯のお供にもなります。さらにここに豚肉を加えればメインのおかずにもなりますね。

子供も喜ぶナスのチーズ焼き♪

Elena Zajchikova/Shutterstock.com (9854)

via Elena Zajchikova/Shutterstock.com
こちらも超簡単なレシピです。

材料は、ナスとマヨネーズととろけるチーズだけです。

ナスを縦に半分にカットする。上からマヨネーズととろけるチーズを載せてトースターで焦げ目がつくまで焼く。
ナスのそのものの形を使っているので、普段とは違うメニューになりますよね。

ぜひ試してみてください。



thumbnail pictures byキイロイトリ/photo AC
http://www.photo-ac.com/
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ワンパターンになりがちな野菜の変わりレシピ(きゅうり編)

冷やしたきゅうりを味噌につけて丸かじり!きゅうりの食べ方の醍醐味ですよね。でも、食べ方を少しひと工夫してもっと味わってみませんか?今回は和えたり、炒めたりたくさんのバリエーションをご紹介したします!

さくっと作っておいしい時短料理テクニック!

暑くてキッチンに立つのも億劫になってきますよね。そんな時、パッと作れる時短料理テクニックをご紹介します!

食欲がない時でもツルッと食べれる♡さっぱりヘルシーな翡翠色のなすそうめん

【動画】翡翠のような色合いが涼やかな「なすそうめん」のレシピをご紹介します。なすにひと手間加えるだけで、まるでそうめんのようなさっぱりとした一品に!小麦粉を使用していないので、そうめんよりもヘルシーです♪なすの皮も無駄なく甘辛なふりかけにしました!

夏なのにおでん!?夏野菜がたっぷり入った"冷え冷え"夏おでん

【動画】スープを吸った手作りがんもどきと今が旬の夏野菜が美味しい"冷え冷え"夏おでん!がんもどきはすりおろした山芋を入れることでふわふわな食感になりますよ♪夏おでんは和がらしよりも柚子胡椒を付けるのがオススメです!

夏野菜なのに何で「冬瓜」なの?冬の字が入る理由と冬瓜のレシピ

冬瓜は7~8月に旬を迎える夏野菜。でも、夏なのに「冬」の漢字が入っているのはなぜ?どうして冬瓜って名付けられたのかちょっと不思議ですよね。冬瓜の名前の由来と一緒に、簡単な冬瓜の夏レシピをご紹介します♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部