2017年7月24日 更新

夏野菜を美味しくアレンジ!ズッキーニの詰め物 ローマ風

【動画】ズッキーニが美味しい季節がやってきましたね!ズッキーニを器にして、牛ひき肉をたっぷり詰めて、オーブンでジューシーに焼き上げました。表面のチーズとパン粉が香ばしく、カリっとした食感がアクセント☆きりっと冷やした白ワインにピッタリで、ホームパーティーにもオススメの1品です!

夏野菜を食べて、暑い季節を乗り切ろう♪

夏野菜の定番「ズッキーニ」、まさに今が旬ですね☆
ズッキーニの中身をくり抜いて、ひき肉をたっぷり詰め込みました!
オーブンでサクッと焼き上げて、ジューシーな仕上がりに♪
シンプルなトマトソースがお肉の旨みを引き立てます!

ズッキーニの詰め物 ローマ風の材料(2人分)

・ズッキーニ...2本
・玉ねぎ(a)...80g
・にんにく(a)...1/2片
・牛ひき肉...200g
・パルメザンチーズ...30g(15g+15g)
・パン粉...20g(10g+10g)
・タイム...適量
・塩...適量
・こしょう...適量
・オリーブオイル...適量
・セルフィーユ(チャービル)...適量
<トマトソース>
・にんにく(b)...1片
・玉ねぎ(b)...1/2個
・トマトの水煮...1缶

つくり方

1. ズッキーニを縦半分に切り、スプーンなどで中身をくり抜いて器を作る。
2. 1でくり抜いたズッキーニの中身・玉ねぎ(a)・にんにく(a)をみじん切りにして、ボウルに入れる。
3. 2に牛ひき肉、パン粉10g・パルメザンチーズ15g・塩・こしょうを加えて混ぜ合わせる。
4. 1の器に薄力粉(分量外)をまぶして3を詰めて形を整える。
5. パン粉10gとパルメザンチーズ15gを表面にまぶし、オリーブオイルをかけてタイムを散らす。
6. 210℃のオーブンで約20~30分焼く。
7. 鍋にオリーブオイルとみじん切りのにんにく(b)を熱し、みじん切りの玉ねぎ(b)を加えて軽く炒め、トマトの水煮・塩・こしょうを加えて、半量になるまで煮詰める。
8. お皿に7を敷き、焼き上がった6をのせて、セルフィーユを飾れば完成です!
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

秋のおもてなし料理♡ローズマリー香る"秋刀魚とトマトのオーブン焼き"

【動画】今が旬の秋刀魚を使った、おもてなしにぴったりのメニューです。青魚とトマトは相性抜群!ローズマリーの香りが魚の匂いをやわらげてくれるから、青魚が苦手という方にも食べてもらえるはず!秋刀魚に薄く塗った粒マスタードと、上に乗せたパン粉がいいアクセントに♪

お肉の旨味と野菜の旨味がしみ込んだ、ほろっと牛肉のビール煮込み♪

【動画】お肉が口の中で自然にとろけるまで、じっくりと時間をかけて煮込んだ牛肉のビール煮込み。ほろほろのお肉と玉ねぎの甘みがしっかりと味わえるように、煮込んで絶品のお肉料理を完成させて下さいね!

つるっとモチモチした弾力が絶品の自家製麺!本格ジャージャー麺

【動画】ジャージャー麺は、ひき肉・しいたけ・たけのこを味噌で炒めて作った肉味噌と麺を一緒に食べる北京周辺の家庭料理です。ピリ辛でジューシーな肉味噌が食欲をそそり、トッピングの温泉卵が辛さをマイルドにしてくれます♪食べる直前によ~くかき混ぜて、モチモチの手打ち麺としっかり絡めましょう!手作りならではのおいしさを味わってくださいね♡

手打ちならではのモチモチ食感!オレキエッテ バジルペスト和え

【動画】イタリア・プーリア州の代表的パスタ「オレキエッテ」。「小さな耳」という意味で、名前の通りコロンとしたフォルムが可愛らしいショートパスタです!モチっとした食感は自家製ならでは♪パスタのくぼみに香り豊かなバジルペストがよく絡みます。見た目も鮮やかで、写真映えする1品です!余ったソースはお肉料理や魚料理、サラダやピザなど、色々なお料理に活用してください♪

ほうれん草を練り込んでグリーンに変身☆もちもち平打ちパスタ「フェットチーネ」

【動画】おうちでできるパスタシリーズ。今回は、もっちりとした食感が特徴の平打ち麺「フェットチーネ」。イタリア語で「小さなリボン」という意味の幅の広いロングパスタです。ほうれん草を練り込んで風味豊かに仕上げたパスタ、酸味のきいた爽やかなトマトソースをたっぷり絡めて味わってください♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部