2015年4月21日 更新

今夜は家呑み!お家でつくれるオイルサーディンの簡単レシピ

美味しいけど、お店で売っている缶詰のオイルサーディンは、ちょっと高い…。手作りなら、安く簡単にできて、しかも美味しい! 自分好みの味付けにできるのでオススメ!1週間ほど保存も可能なので、作り置きも可能です♪

手作りなら、安くカンタン、しかも美味しい!

flickr.com/simpleprovisions (540)

夜のお楽しみの晩酌。
毎晩お刺身を食べられれば最高ですが、
お財布と相談するとちょっと厳しい…。

おつまみを毎回作るのも、
ネタが尽きてしまうし、何より面倒くさい…。
台所を汚してしまうと、片づけも大変。

そんなときに、冷蔵庫からぱぱっと出せる
おつまみがあれば、うれしいですよね。

そこで、おすすめなのが
「手作りオイルサーディン」!

オイルサーディンは美味しいけど、お店で
売っている缶詰のオイルサーディンは、
ちょっと高い…。

手作りなら、安く簡単にできて、しかも美味しい! 自分好みの味付けにできるのでおすすめです。いっぺんにたくさん作れて、1週間ほど保存も可能なので、作り置きも可能です。出来立ての物はもちろん美味しいですが、日にちがたって味がなじんだものもまた旨いんです!

少し濃いめの味付けですが、ビールにも日本酒にも、もちろんワインにも、抜群にお酒に合うオイルサーディンレシピをご紹介いたします。

オイルサーディンの材料

・小鰯:30匹(刺身用でも、フライ用でもどちらでもOK。頭と内臓をとってある調理済みの物だと、手間が省けます)
・オリーブオイル:200ml
・塩:適量
・ニンニク:2片
・唐辛子:2本
・ローリエ:1~2枚
・塩:小さじ1/2
・醤油:大さじ2
・砂糖:小さじ2

オイルサーディンのつくり方

 (512)

1.小鰯の頭と内臓を取り除きます。

2.1を水で良く洗います。鰯は柔らかいので、身を崩さないようにやさしく洗ってください。

3.全体にまんべんなく塩を振りかけ、1時間ほど置きます。
 (513)

4.ニンニクは薄切り、唐辛子は種を取り除き、輪切りにします。
 (514)

5.3の水気をキッチンペーパーなどで良く拭き取ります。この時、よく水気を取っておかないと、6のとき油がはねてしまいます。
 (515)

6.フライパンに2とニンニク、唐辛子、ローリエを入れ、弱火で20分ほど加熱します。

7.粗熱を取り、塩と砂糖、醤油を入れてやさしく混ぜ合わせたら、骨まで食べられる美味しいオイルサーディンの出来上がりです。
 (508)

時間は少しかかってしまいますが、ほぼ待ち時間なので何かほかの作業をしながら作れます。6の時、火を通しすぎると硬くなってしまうのでご注意ください。揚げ過ぎてカリカリになった物もそれはそれで美味しいですので色々試してみてください。
残ったオイルは、パンにつけても、パスタに使ってもピザにかけても美味しい、万能調味油として使用できますよ。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

時短缶詰レシピ!10分でできる「オイルサーディンリエット」のつくり方

クリームチーズとオイルサーディンのコラボレーション。バゲットにのせてパクっ。 缶詰は、既に半分調理されているので、圧倒的に時短! 長期保存できるので、買って置けばいざという時に便利♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部