2015年8月18日 更新

作業時間15分でアレンジ自在に!常備菜「トマトの昆布おひたし」のつくり方

空いた時間にまとめて作っておけば、いろんなお料理に応用可能!そんな日々の食事の準備が楽チンになる便利な常備菜!そのまま食べても、ご飯に乗っけても、美味♪ だけど、別メニューにアレンジすることも出来るから、その日の気分でいろんなメニューに変身させよう。

和・洋・中など、今日の気分でアレンジ自在

★レシピ(作業時間目安:15分※冷蔵庫に入れる時間を除く)
[材料]
-トマト:4個(約700〜800g)
-水:600cc
-昆布:10g
-砂糖:小さじ1
-塩:小さじ1
[作り方]
1:湯むきする
トマトはヘタを取り、先端に十字に浅く切り込みを入れる。
沸騰したお湯に入れ、皮が少しめくれたら、冷水にとり、皮をむく。

2:浸ける
昆布の表面は固く絞った濡れ布巾で拭く。
密閉容器に砂糖、塩、水を入れ混ぜる。
昆布とトマトも入れ、冷蔵庫に10時間入れる。

★保存方法★
密閉容器に入れ、冷蔵庫で3、4日のうちに使い切ってください。

常備菜「トマトの昆布おひたし」アレンジメニュー

【常備菜アレンジメニュー】トマトと卵のスープごはん

【常備菜アレンジメニュー】鶏とトマトのピリ辛まぜ麺

【常備菜アレンジメニュー】トマトと豚肉の味噌煮

【常備菜アレンジメニュー】和風ラタトゥユ

10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お肉の旨味と野菜の旨味がしみ込んだ、ほろっと牛肉のビール煮込み♪

【動画】お肉が口の中で自然にとろけるまで、じっくりと時間をかけて煮込んだ牛肉のビール煮込み。ほろほろのお肉と玉ねぎの甘みがしっかりと味わえるように、煮込んで絶品のお肉料理を完成させて下さいね!

秋のおもてなし料理♡ローズマリー香る"秋刀魚とトマトのオーブン焼き"

【動画】今が旬の秋刀魚を使った、おもてなしにぴったりのメニューです。青魚とトマトは相性抜群!ローズマリーの香りが魚の匂いをやわらげてくれるから、青魚が苦手という方にも食べてもらえるはず!秋刀魚に薄く塗った粒マスタードと、上に乗せたパン粉がいいアクセントに♪

お肉をスパイスでしっかり味付け!ギリシャ風ラム肉のピタパンロール

【動画】串焼きにした肉、野菜、ポテトフライなどをピタパンで巻いてヨーグルトソースをかけたギリシャの定番ファーストフード「スブラキ・ピタ」が自宅で味わえちゃう!今回は串で焼く手間を省いて、スパイスを効かせたラム肉をフライパンでこんがり香ばしく焼きました。ラム肉が苦手という方は、牛肉や豚肉で代用してみてくださいね☆「ザジキ」といわれるヨーグルトソースには、みじん切りのきゅうりが入っているからシャキシャキとした食感がいいアクセントになっています!もちもちの手作りピタパンは発酵時間が短く、フライパンであっという間に焼けるので手軽に作れますよ♪

冷房で冷えてしまった身体をぽかぽかに♡酸味とトマトのダシがきいたトマト酸辣湯!

【動画】優しい酸味とトマトの旨味がたっぷりとしみだしたスープが美味しいトマト酸辣湯!そのまま食べるとお腹に優しくほっこりするような酸辣湯ですが、これだとちょっとボリュームが足りないという方は、お米や中華麺を入れて食べると、また違う美味しさと出会えるのでオススメですよ♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部