2015年8月1日 更新

ネギごはんにはお稲荷さんに使う油揚げの甘煮がぴったり!30秒でわかるおにぎらずレシピ

【動画】うえやまとち氏のまんがマンガ「クッキングパパ」で紹介されて広まったおにぎらず。かわいく、美味しく、簡単に!自分の好きなおかずを包めば出来上がり!これまでのおにぎりにはない「切り口」を見せることで華やかに見えるおにぎらず。今回は「ネギごはんと油揚げの甘煮のおにぎらず」レシピをご紹介します。

今人気のおにぎらず

おにぎりは両手でご飯を握ることから「おにぎり」と呼ばれていますが、「おにぎらず」は握らずに包み込むだけですので、とても簡単なのでお弁当にも最適!です。今回はネギごはんとぴったり合うお稲荷さんで使う油揚げの甘煮を使った「ネギごはんと油揚げの甘煮、のおにぎらず」をご紹介します。

ネギごはんと油揚げの甘煮のおにぎらずの材料(1人分)

・焼き海苔 全型 1枚
・温かいご飯 100g

・油揚げの甘煮(市販品・稲荷寿司用) 1枚
・枝豆 適量

[1]
・万能ねぎ小口切り 3本分
・しょうゆ 小さじ1/2
・和風だしの素 ひとつまみ

つくり方

①[1]を混ぜ合わせ温かいご飯とさっくりと和えネギごはんをつくる

②焼き海苔を敷き、①のネギごはん半量を中央に広げ、油揚げの甘煮1枚と枝豆、、をその上に広げる。

③残り半量のネギごはんを②の上に広げ焼き海苔で包み、ラップで包んでなじませ横半分に切る。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

油揚げに油抜きは本当に必要?油抜きする理由と簡単な油抜きテクニックまとめ

「油揚げってそのまま使っちゃダメなの?」「油抜きするためにお湯を沸かすのは面倒!」など、油揚げの油抜きに関して疑問やお悩みがあるのでは?油揚げの油抜きをした方がいい理由と、簡単な油抜きテクニックをご紹介します。

食べ応え満点!香ばしい香りが食欲をそそる、ジューシー焼きいなり寿司

【動画】お弁当にピッタリ!こんがり焼き目をつけた油揚げの食感と、ほおばると口に広がる甘辛い出汁が絶品!今回はめんたい高菜漬けを混ぜて、大きめサイズで作ってみました。お好みの具でアレンジしても楽しいですよ。

酒の肴やご飯にも!【栃尾のあぶらげ】味も厚みも一級品です

新潟県長岡市にある栃尾の特産品は“あぶらげ”。大きさはなんと普通の油揚げの約3倍!長さは約20cm、幅は6cmで暑さはなんと3cmもあるんですよ!周りはパリっと歯ざわりがよく、中は弾力があってふっくら柔らか。淡白な風味なので味付け次第でどんなお料理にもマッチしますよ!

春のお弁当にオススメな旬の菜の花を入れたゆずが香るいなり寿司

【動画】今回は菜の花が入ったいなり寿司です。お花見やピクニックのお弁当にもぴったりな、春の爽やかなレシピです。メインの酢飯はお砂糖を入れずに作っているので、とてもスッキリとした味わいです。そこにピリッと辛いゆず胡椒を入れるとアクセントがついてさらにおいしくなりますよ。ふわっと香るゆずの香りを楽しみながら食べてみて下さいね。

もち米の食感を楽しみながら食べたい枝豆の和菓子、ずんだ餅!

【動画】枝豆のおいしい季節にぜひ試して欲しい、枝豆餡のずんだ餅。枝豆の味や風味が感じられるとっても爽やかな餡をもち米と黒米で包めば、りっぱな和菓子の出来上がり♪もち米は粒が残る程度に潰すと餡を包む時まとまりやすく、食感も楽しめるのでぜひ潰しすぎずに作ってみてくださいね。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部