2017年5月24日 更新

とろ〜り半熟卵とナンプラーが食欲を刺激する!タイの定番料理「ガパオライス」

【動画】自宅で簡単につくれるタイ料理「ガパオライス」。オイスターソースやナンプラーで味付けをした甘辛い鶏肉はご飯にぴったり!とろ〜り半熟卵を崩して召し上がれ♡

半熟卵と甘辛な鶏肉を、ご飯に絡めて召し上がれ♡

タイでは屋台の定番料理として、日本ではカフェ飯として大人気のガパオライスをご紹介します。

そもそも「ガパオ」とはタイ語で「ホーリーバジル」を意味しているのですが、日本のスーパーではあまりホーリーバジルを見かけないので、今回は手に入りやすい「スイートバジル」を使っています。

多めの油でカリッと揚げた半熟の卵を割って、全体をよく混ぜてお召し上がりください♪

ガパオライスの材料(2人分)

■鶏ひき肉...300g
■玉ねぎ...1/2個
■赤パプリカ...1/2個
■赤唐辛子...2本
■バジル...30g
■にんにく...2かけ
■サラダ油...大さじ3
■砂糖...小さじ1
■ブラックペッパー...少々
■オイスターソース...大さじ2
■ナンプラー...小さじ2
■鶏ガラスープ...60ml
■卵...2個
■タイ米...適量
■バジル(トッピング用)...適量

つくり方

① フライパンにサラダ油・みじん切りにしたにんにくを入れ、弱火で香りを出す。
② 鶏ひき肉を加え、強火で炒める。
③ 色が変わってきたら、薄切りにした玉ねぎ・赤パプリカ・輪切りにした赤唐辛子・砂糖・ブラックペッパー・オイスターソース・ナンプラー・鶏ガラスープを加えて炒める。
④ 玉ねぎがしんなりしてきたら大き目に手でちぎったバジルを加えて軽く炒める。
⑤ 別のフライパンで多めのサラダ油(分量外)を熱し、卵を割り入れて揚げ焼きにする。
⑥ お皿にタイ米を盛り、上から④の具材・⑤の目玉焼き・バジルをのせれば完成。
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハーブの香りと煎り米の香ばしさが食欲をそそる!豚肉と煎り米のエスニックサラダ「ラープ・ムー」

【動画】今回は、タイ東北部の名物料理「ラープ・ムー」をご紹介します!ラオス語で「ラープ」は幸せ、「ムー」は豚肉という意味。豚肉をハーブ・唐辛子・ナンプラー・ライム・煎り米粉で和えたエスニックなサラダで、バンコクのお惣菜屋さんやレストランでも定番のサラダです☆辛さと酸味が合わさったタイ料理独特の美味しさで、煎ったお米の香ばしさと、たっぷり入れた爽やかなハーブの香りが口の中に広がります。ピリッと辛いタイ料理でスタミナをつけましょう♪

夏こそタイ料理!フルーティーな甘酸っぱさがクセになるパイナップルチャーハン

【動画】夏になると、無性にタイ料理が食べたくなりませんか?今回は甘酸っぱいパイナップルとチャーハンの塩気が絶妙なバランスの「パイナップルチャーハン」をご紹介します。パイナップルをくり抜いた器がインパクト大なので、パーティー料理にオススメ♪

ココナッツミルクのコクと青唐辛子の爽やかな辛さがクセになる♡タイのグリーンカレー

【動画】タイカレーの中でも人気が高いグリーンカレー。見た目はそんなに辛そうじゃありませんが、青唐辛子の爽やかな辛さが食欲をそそります!スーパーで手に入る"グリーンカレーペースト"を使えば簡単にお店の味が再現できますよ♪

辛味と爽やかな酸味にハマる!タイ料理の定番「トムヤムクン」

【動画】一度味わうとやみつき!唐辛子の辛みとレモンの爽やかな香り&酸味が複雑な味わいを作りだす「トムヤムクン」。エビの頭を入れることで出汁とコクが出て、より本格的に仕上げてくれますよ。

スパイシー料理で夏を乗り切ろう!爽やかな辛さのジャークチキン

【動画】カリブ海に浮かぶ国・ジャマイカの郷土料理「ジャークチキン」。オールスパイスやカイエンペッパーなど、数種類のスパイスと野菜をたっぷり入れた特製ペーストに、鶏肉をじっくりと漬け込んでこんがり焼き上げました!冷たいビールにぴったり合うピリ辛メニューです♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部