2016年2月7日 更新

たまねぎのじっくり炒めで作るオニオングラタンスープのつくり方

【動画】人気料理研究家の藤井恵さんが「下ごしらえおかず/たまねぎのじっくり炒め」から作る「オニオングラタンスープ」をご紹介します。どこの家でも買いおきしている常備野菜は保存性が高く、日持ちします。使用頻度が高いからこそ、そのままでも食べられてアレンジがきく、シンプルな下ごしらえおかずとしてストックしておくと、とても重宝するんです。

下ごしらえをしていれば簡単!

人気料理研究家の藤井恵さんの新刊レシピ本「下ごしらえおかず」から、「たまねぎのじっくり炒め」と、そのアレンジレシピ「オニオングラタンスープ」をご紹介します。

一年中いつでも手に入り、どこの家でも買いおきしている常備野菜は保存性が高く、日持ちしますが、使用頻度が高いからこそ、そのままでも食べられてアレンジがきく、シンプルな下ごしらえおかずとしてストックしておくと、とても重宝します。レシピ本には様々な野菜の下ごしらえおかずとアレンジレシピを紹介しているので、是非書店で手に取ってみてください!

たまねぎのじっくり炒めの材料(つくりやすい分量)

・たまねぎ 4個(900g)
・塩 小さじ1/2
・バター 30g

つくり方

1. たまねぎは縦半分に切り、繊維に沿って薄切りする。耐熱皿に平らに広げ入れ、ラップをせずに電子レンジ(600w)で8分加熱し、全体を混ぜてさらに8分加熱する。
 (16514)

 (16515)

2. フライパンに1を水分ごと入れて塩をふり混ぜ、強火にかける。バターを加えて炒め、水分が抜けてきたら中火にし、ときどき混ぜながら15-25分かけてじっくり炒める。
 (16516)

3. 2の粗熱を取って保存容器に入れ、冷めたら冷蔵庫で保存する。
[メモ]
*電子レンジで加熱すると炒め時間が半分に短縮できます。
*途中で焦がしても、水を少し加えて混ぜると復活します。
*冷蔵期間は冷蔵で10日間。小分けにしてラップに包んで冷凍すれば、1ヶ月は保存可。

オニオングラタンスープの材料(2人分)

・たまねぎのじっくり炒め 80g
・小麦粉 小さじ2

(A)
・固形スープ(砕く) 1個
・水 2 1/2カップ

(B)
・塩 小さじ1/3
・コショウ 少し

・フランスパン(7-8cmの厚さに切ったもの) 4枚
・ニンニク 少し
・ピザ用チーズ 30g
・粗挽きコショウ(黒) 適量
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

たまねぎのじっくり炒めで作るオニオンアンチョビパスタのつくり方

【動画】人気料理研究家の藤井恵さんが「下ごしらえおかず/たまねぎのじっくり炒め」から作る「オニオンアンチョビパスタ」をご紹介します。どこの家でも買いおきしている常備野菜は保存性が高く、日持ちします。使用頻度が高いからこそ、そのままでも食べられてアレンジがきく、シンプルな下ごしらえおかずとしてストックしておくと、とても重宝するんです。

体が喜ぶスタミナ薬膳スープ!骨付き鶏もも肉の参鶏湯

【動画】日本でも有名な韓国料理・参鶏湯(サムゲタン)。本場は鶏を丸ごと使って作りますが、日本のスーパーではなかなか手に入らないので、今回は骨付き鶏もも肉を使いました。骨付き鶏もも肉でもしっかり骨から旨味が染み出る!夏バテや風邪をひいた時にぴったりのメニューです。

冷房で冷えてしまった身体をぽかぽかに♡酸味とトマトのダシがきいたトマト酸辣湯!

【動画】優しい酸味とトマトの旨味がたっぷりとしみだしたスープが美味しいトマト酸辣湯!そのまま食べるとお腹に優しくほっこりするような酸辣湯ですが、これだとちょっとボリュームが足りないという方は、お米や中華麺を入れて食べると、また違う美味しさと出会えるのでオススメですよ♪

モッチモチ食感のもち米で、オートミールとお豆腐のタネを覆ったヘルシーしゅうまい!

【動画】今回はヘルシーさと食感にこだわった、お豆腐のしゅうまいです。お肉のかわりにお豆腐を使い、食感や風味を味わえるようオートミール・たまねぎ・しいたけを入れたタネを作り、それにもち米をコロコロとつけて蒸してみました!お米やお豆腐が入ることで満足感のあるしゅうまいになりますよ♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部