2017年7月25日 更新

簡単に作れるご褒美デザート♪甘く濃厚な味がたまらない、マンゴープリン♡

【動画】手土産にしても、おもてなし用のデザートにしても喜ばれちゃう、マンゴープリン!材料も少なく、とっても簡単にカフェで出てくるような、キレイで可愛いマンゴープリンができるので、甘くて美味しそうなマンゴーを選んで作ってみて下さいね♪

なめらかで濃厚♡

ミキサーにかけるだけ!!簡単マンゴープリンです。

濃厚な甘みがあり、なめらかな口当たりに仕上げました。

上にはバラの形に作ったマンゴーをトッピングしたので、おもてなしにもオススメです。是非お試しください。

マンゴープリンの材料(グラス2個分)

・アップルマンゴー…1個
・板ゼラチン…3g
・水…80ml
・砂糖…40g
・生クリーム…50ml

<飾り>
・フランボワーズ…適量
・ローズマリー…適量
・エディブルフラワー…適量

つくり方

①板ゼラチンは冷水(分量外)で戻しておく。
②アップルマンゴーは皮をむき、150gはプリン用にざく切りにし、残りは飾り用にとっておく。
③鍋に水・砂糖を入れて火にかけ、砂糖が溶けたら火を止めて①を加えて混ぜ、粗熱を取る。
④ミキサーにざく切りにしたアップルマンゴー、生クリーム、③を入れてかくはんする。
⑤④をザルで濾し、グラスに注いで冷蔵庫で冷やし固める。
⑥飾り用にとっておいたマンゴーを薄くスライスし、ローズの形になるように端からクルクルと巻いていく。
⑦冷やし固まった⑤の上に⑥のアップルマンゴーをのせ、フランボワーズ、ローズマリー、お好みでエディブルフラワーを飾れば完成!
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ぷるんぷるん食感がクセになるイタリアの定番ドルチェ・パンナコッタのフルーツマリネ添え

【動画】イタリアの定番ドルチェ・パンナコッタ。パンナは「生クリーム」、コッタは「火を通す」という意味からこの名前になったそうです。生クリームや牛乳をバニラビーンズなどと一緒に煮詰めて、ゼラチンで固めた簡単スイーツ!プリンとは違った食感が楽しめますよ♪ぜひパンナコッタと相性抜群のフルーツマリネ「マチェドニア」を添えて召し上がってください!

暑い日でもさっぱり食べられるトロッと食感のマンゴープリン♪

【動画】今回はトロ~っとした食感がおいしい色鮮やかなマンゴープリンです。暑い日は自然とさっぱりしたものが食べたくなりますよね。デザートに生クリームにチョコたっぷりもおいしいですが、暑い日に食べるには少し重い。そんな時はさっぱりだけどマンゴーの味をしっかりと味わえるマンゴープリンがオススメです!今年の夏のデザートにぜひ作ってみて下さいね。

みんな大好きな定番ドーナッツ!ミニミニサイズのフレンチクルーラー

【動画】外側はカリッと、中はふんわり軽いミニサイズのフレンチクルーラー!レモンアイシングを塗ったり、シナモンシュガーをまぶしたり、色々なトッピングで楽しんでくださいね♪キレイに作るポイントは、じっくり時間をかけて揚げること☆短時間で揚げるとしぼんでしまうことがあるのでしっかり揚げましょう!

香ばしい香りに癒される♡とろ~りほうじ茶プリン!

【動画】ほんのりと優しい甘さとほうじ茶の香りが口いっぱいに広がるほうじ茶プリン。甘さ控えめでほうじ茶の香りをしっかり楽しめる味なので、飽きが来ず、何度でも作りたくなるプリンです!もちっと感と甘さがもっと欲しい方は、牛乳を減らして生クリームを多めに入れると柔らかさと甘さが増すので、調整しながら作ってみて下さいね♪

生クリームでしっとり食感♪紫いもとホワイトチョコレートの渦巻きスコーン

【動画】今回は、バターを使わずに生クリームで作る、しっとりスコーンをご紹介します♪バターを刻む手間もなく、材料も混ぜやすい!紫いもパウダー入りの生地にホワイトチョコレートと白あんを混ぜたものを塗り、渦巻き状に巻いてみました。紫色の生地に白のぐるぐる模様がくっきり!インスタ映え間違いなしの可愛らしい簡単スコーン、是非お試しください♡

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部