2015年5月23日 更新

皮をむかずにそのまま調理♪『新じゃがのエスニック風』

【動画】柔らかな新じゃがに魔法のソース「スイートチリ」をかけていつものじゃがいも料理とはひと味違うエスニック風のおかずを楽しんでみてください。

魔法のソース!? サルサとスイートチリ

きよ彦流 野菜ご飯 ―simple recipe― KIYOHIKO & SANAE
今回の主役は5月から6月が旬の新じゃが。7月には北海道産の新じゃがも出回ります。新じゃがは皮が柔らかいので、皮をむかずにそのまま調理をしてみずみずしい食感を楽しみましょう。じゃがいもに含まれるエネルギーはご飯の約半分、ビタミンCも豊富に含まれているのでダイエットにも。

さて、「海外旅行は、食が豊富で香港にはまった」ときよ彦さん、今回はみずみずしい初夏の味覚「新じゃが」を使った「新じゃがのエスニック風」を作ります。アクセントは魔法のソース、スイートチリソースとサルサソースをかけ合わせてひと口食べればそこは異国。これがきよ彦流!

新じゃがのエスニック風の材料(2人分)

・新じゃが(小ぶりのもの)…10個
・スナップエンドウ…8個
・スウィートチリソース…大さじ3
・サルサソース…大さじ5
・レモン…1/4個
・サラダ油…大さじ1
・塩…適量
・粗挽きこしょう…適量

つくり方

1. 新じゃがを洗って半分に切る。スナップエンドウはスジを取って半分に切る。

2. 新じゃがとスナップエンドウを耐熱容器に並べ、新じゃがに串が通るくらいまで電子レンジで加熱する。

3. フライパンにサラダ油を引き、新じゃがを炒める。

4. しっかりと焼き色がついたら、新じゃがを荒くつぶして塩・こしょうをする。

5. 新じゃがを器に盛り付け、スナップエンドウと軽く和え、サルサソース、スウィートチリソースをかけてレモンを絞って出来上がり。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

エスニック料理用調味料が残ったら

伝統的な和食スタイルでは、どうしてもスイートチリソースなどエスニック系の調味料はあわせにくいもの。活用法方法を考えてみます。

ワタシメシ 新物を使った「トマトサラダ」と「ジャーマンポテト」を作ろう!

簡単美味しい時短レシピ!甘味のある新タマネギと新ジャガを使った料理を、栄養についての豆知識と合わせてご紹介します♪

手打ちならではのモチモチ食感!オレキエッテ バジルペスト和え

【動画】イタリア・プーリア州の代表的パスタ「オレキエッテ」。「小さな耳」という意味で、名前の通りコロンとしたフォルムが可愛らしいショートパスタです!モチっとした食感は自家製ならでは♪パスタのくぼみに香り豊かなバジルペストがよく絡みます。見た目も鮮やかで、写真映えする1品です!余ったソースはお肉料理や魚料理、サラダやピザなど、色々なお料理に活用してください♪

クリーミーなマッシュポテトがたっぷり入った"甘くない"おかずタルト♪

【動画】なめらかでクリーミーなマッシュポテトが入ったおかずタルトをご紹介します。爽やかなサーモンパテのタルトや夏野菜のラタトゥイユ風タルト、そしてひまわりモチーフが可愛いひき肉カレータルトの3種類♪手のひらサイズの小ぶりなタルトなので、ホームパーティーやピクニックにぴったり♡

お酒のお供に食べたくなる、そら豆とバジルのイタリアン風ポテトサラダ!

【動画】今回はいつも食べているポテトサラダとはひと味違うイタリアン風のポテトサラダです。ゴロゴロとしたじゃがいもとホクホク食感のそら豆、バジルが入ったこのポテトサラダは、お酒のお供やお弁当のおかずにもオススメのレシピです。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部