2017年7月31日 更新

皮も具もぷりぷり!ひと手間かけて風味アップ!エビ蒸し餃子

【動画】皮で使用している浮粉とは、小麦粉のでんぷんを精製して粉末状にしたもの。ぷるぷるの皮に仕上げるポイントは、沸騰したての熱湯を加える事!ぬるめのお湯だと粉がうまくまとまらなくなる事があるので注意してくださいね。今回は、にんにく・しょうが・ねぎを炒めてから具に加えているので、香りと風味がアップ!モチっとした皮とプリッとしたエビの食感をお楽しみください♪

ぷるぷる食感に仕上げるポイントは「熱湯」!

ぷりぷりのエビ蒸し餃子を皮から手作り!
にんにく・しょうが・ねぎを香ばしく炒め、具に香りとコクをプラスしました。
アツアツのうちに召し上がれ♪

エビ蒸し餃子の材料(2~3人分)

<皮>
a 浮粉...100g
a 片栗粉...10g
a 塩...少々
・ 熱湯...130~140ml
・ サラダ油...小さじ1
<具>
・ むきエビ...100g
・ たけのこ(水煮)...40g
・ 豚バラ肉...40g
・ ごま油...小さじ2
・ にんにく...1/2かけ
・ しょうが...1/2かけ
・ 長ねぎ...2cm
<調味料>
・ 鶏ガラスープの素...小さじ1/2
・ 片栗粉...小さじ1
・ 卵白...1/2個分(15g)
・ 塩...少々
・ こしょう...少々

つくり方

1. ボウルに<皮>のaを入れて、熱湯を注いで箸で混ぜる。
2. ある程度混ざったらサラダ油を加えて捏ね、ひとまとめにしてラップに包み、室温で約30分寝かせる。
3. むきエビ・たけのこ・豚バラ肉・にんにく・しょうが・ねぎをみじん切りにする。
4. フライパンでごま油を熱し、3のにんにく・しょうが・ねぎを入れて香りが出るまで炒めて、粗熱を取る。
5. ボウルにむきエビ・たけのこ・豚バラ肉・4・<調味料>の材料を全て加え、よく混ぜ合わせる。
6. 2を棒状に伸ばして18等分に切り分け、1つずつ直径8cm程度の円に伸ばして皮をつくる。
7. 6に5をのせて、ひだをつくりながら包む。
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ピリ辛×冷え冷え=食欲増進♪かき氷のようなスープのシャリシャリ冷麺

【動画】韓国の牛肉だし「ダシダ」をベースに作った簡単スープを凍らしてシャーベット状に♪今回は、暑い日にぴったりのシャリシャリ冷麺をご紹介します!具をのせたら、ピリッと辛味のあるコチュジャンだれをかけて☆ビビン麺と水冷麺をミックスしたようなアレンジ冷麺に仕上げました。ダシダが手に入らない場合は鶏ガラスープでもOK!麺は稲庭うどんやくずきりでも美味しく作れますよ♡

サマーパーティーはここで!肉厚プリプリふっくらのカニを「手づかみ」で堪能しよう!

「ダンシングクラブ東京」は、若者がシーフード料理とダンスミュージックを楽しむ憩いの場。その最大の特徴は何と言っても「手づかみ」スタイルでの食事です。

にんにくの皮むき裏技3選。ツルっと薄皮がとれる快感・簡単テクニック

美と健康に役立つにんにくですが、皮むきが面倒です。長時間行うと臭いもなんだか気になって、他の家事が手につきません。そんなときに試してほしいにんにくの簡単・皮むきテクニックを紹介しましょう。

米粉の生地がパリパリで美味しい!ベトナム風お好み焼き「バインセオ」

【動画】米粉で作ったココナッツ風味のパリパリの生地に、シャキシャキのもやし・エビ・豚肉をたっぷり挟んで焼き上げました!バインセオとたっぷりのハーブをサニーレタスに包んで一緒に食べるのがベトナムスタイル♪美味しさのポイントは、生地をパリッと香ばしく焼くこと!フライパンで生地を焼く際、後半に油を回し入れてさらに焼くとまわりがパリッと焼き上がります☆野菜がたっぷりとれるヘルシーな1品を是非お試しください!

つるっとモチモチした弾力が絶品の自家製麺!本格ジャージャー麺

【動画】ジャージャー麺は、ひき肉・しいたけ・たけのこを味噌で炒めて作った肉味噌と麺を一緒に食べる北京周辺の家庭料理です。ピリ辛でジューシーな肉味噌が食欲をそそり、トッピングの温泉卵が辛さをマイルドにしてくれます♪食べる直前によ~くかき混ぜて、モチモチの手打ち麺としっかり絡めましょう!手作りならではのおいしさを味わってくださいね♡

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部