2015年6月6日 更新

万能スパイス【五香粉】でいつものピーマンの肉詰めをチャイニーズに大変身♪

【動画】おかずの定番ピーマンの肉詰め。味に変化をつけたい時、一家に1つ常備しておきたい万能スパイス五香粉でパパっと味付けをすると、定番おかずがあっという間にチャイナな味になっちゃいます♪

栄養価抜群、血液をサラサラに!?

きよ彦流 野菜ご飯 —simple recipe— KIYOHIKO & SANAE
今回の主役は6月から9月が旬のピーマン。ピーマンは唐辛子の仲間ですが、辛味のない唐辛子を品種改良して現在のピーマンになりしまた。ピーマンに含まれるビタミンCはトマトの約4倍。ビタミンE、カロテン、カリウムなども含まれ、栄養価は抜群。ピーマンの独特の匂いはピラジンという香りの成分。ピラジンは血液をサラサラにする効果があり、脳梗塞、心筋梗塞の予防に効果があると言われています。

ピーマンは鮮やかな緑でツヤがあり、肉厚で弾力があるものを選びましょう。

さて、「時代によって新しい造語ができるように、料理も新しいものにチャレンジしてね」ときよ彦さん、今回は夏に向かって緑が鮮やかなピーマンを使った「ピーマンチャイナ」を作ります。

アクセントは数種類のスパイスをブレンドした五香粉(ごこうふん)。五香粉を少量使うことで定番のピーマンの肉詰めがパパッとチャイニーズ。これがきよ彦流!

ピーマンチャイナの材料(2人分)

・ピーマン…6個
・鶏ももひき肉…200g
・ほたて貝柱水煮…1缶
・木綿豆腐…1/2丁
・五香粉…適量
・黒酢…大さじ1と1/2
・ケチャップ…大さじ1と1/2
・酒…小さじ1
・砂糖…適量
・塩…小さじ1
・こしょう…適量
・粗挽きこしょう…適量
・片栗粉…適量
・サラダ油…適量

つくり方

1. ピーマンを半分に切って種を取る。木綿豆腐をキッチンペーパーでぎゅっと絞って水気を切る。

2. ボウルに豆腐、鶏ももひき肉、ほたて貝柱水煮(身のみ)、塩、こしょう、五香粉を入れてこねる。

3. ピーマンに2の具を詰める。

4. フライパンに油を引いて、具を下にしてピーマンを焼く。焼き色がついたらひっくり返して焼く。

5. 鍋に黒酢、ケチャップ、砂糖、酒、塩、粗挽きこしょうを合せて煮詰め、水溶き片栗粉でとろみをつける。

6. 焼き上がってピーマンを器に盛りつけ、5のソースをかけて出来上がり。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

相性ばっちり♪牛肉とごぼう、すき焼きのタレを使って作る『新ごぼうの香りパスタ』

【動画】香り高い旬の新ごぼう。ごぼうと相性抜群の牛肉と新鮮なうどでパスタを作っていきます。最後にふりかける山椒がさらに春を感じさせてくれる1品です。

BBQに使うお肉はどうやって保存するのがいい?お肉を買う前にチェック!

BBQに持っていくお肉。安いうちに買いだめしておきたい人や、前日に用意する人もいると思います。実際会場に就くまでどうやって保存しておくのが正解なのでしょうか。BBQに使うお肉を用意する前に、しっかりチェックしておきましょう!

サクサク衣に包まれた分厚いフィレ肉で作るボリューミーな贅沢カツサンド!!

【動画】サンドイッチにせずにそのまま食べたい!!!なんて声の聞こえてきそうな分厚いお肉で作るカツサンド。ジューシーで食べ応え満点なお肉をサックサクに揚げて、濃厚ソースを絡めたらキャベツと一緒にパンでサンド♪口の中に入るかわからないくらいの厚みがありますが、自然とかぶりつきたくなっちゃうビジュアルの贅沢カツサンド。ガブッ!!っとかぶりつけるかチャレンジしてみるのもいいかもしれませんよ。

お肉を使わない、とってもヘルシーな「高きびハンバーグ」のつくり方

【動画】いつもと同じハンバーグじゃつまらない!お肉を使わないのにびっくりするほど美味しいハンバーグが作れます♪とってもヘルシーで味も食感も本物そっくりにできるので是非一度だまされたと思って試してみて下さい~♪

我慢しないダイエットのススメ!お肉をヘルシーにおいしく食べるコツ

ダイエット中の食事制限、つらいですよね。きれいになりたい気持ちはあっても、大好きなお肉を食べたい欲求がおさまりません。 お肉をヘルシーにおいしく食べるコツを知り、上手にコントロールしていきましょう。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部