2016年8月18日 更新

“ミント・ジュレップ(Mint Julep)” | Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。今回ご紹介するのは、ウィスキーのほのかな甘みとミントの爽快さがクラッシュド・アイスによりキンキンに冷えたミント・ジュレップ

ケンタッキー・ダービー名物のオフィシャル・ドリンク

ミント・ジュレップは、バーボン・ウイスキーのほのかな甘みとミントの爽やかな味わいがマッチした、ケンタッキー・ダービー名物のオフィシャル・ドリンク。
ベースはバーボン・ウイスキー。メーカーズマークは、蝋の封印がトレードマーク。現在でも1本1本すべて手作業でおこなわれている。
スポーツの中で最も偉大な2分間と称されるケンタッキー・ダービー。
ダービー当日、競馬場内で飲まれるミント・ジュレップは10万杯という説もある。

材料

【レシピ】
・バーボン・ウイスキー…60ml
・砂糖…2tsp.
・ソーダ水…2tsp.
・ミントの葉…適量


カクテル・ベース: ウイスキー、アルコール度数: 26度、テイスト: 中口、TPO: オール・デイ
 (25663)

作り方

1.グラスにミントの葉と砂糖を入れる
 (25666)

 (25667)

2.ソーダ水を注いでステア
 (25669)

 (25671)

3.砂糖を溶かしながらミントの葉をつぶす。
 (25673)

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

寒い夜にやさしく体を温めてくれるカクテル “アイリッシュ・コーヒー| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。今回ご紹介するのはアイリッシュ・コーヒー。

ボガートが愛した薔薇色のカクテル “ジャック・ローズ| Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム]バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。今回ご紹介するのはジャック・ローズ。

甘く見るなかれ「モスクワのラバ」 “モスコー・ミュール| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]今回ご紹介するのは、モスコ・ミュール。

ブランデー・ベースの定番カクテル “サイドカー| Barの美学 [barism]

【動画】バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 そんなオーセンティック・バーの魅力をご紹介する[barism; バーイズム]。今回ご紹介するのは、柑橘系リキュールがブランデーの風味を引き立てるサイドカー。

硬い雰囲気を砕く爽やかなカクテル “フローズン・アイスブレーカー| Barの美学 [barism]

【動画】Barの美学 [barism; バーイズム] バーの扉の向こう側には違う時間が流れ、カウンターを隔てて、バーテンダーが客と向き合い至福の一杯を紡ぎ出す。 今回ご紹介するのは、この暑い夏にぴったりなフローズン・スタイルのカクテルです。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部