2015年10月31日 更新

キレイになれる美味しい保存食!カニと大根のアチャール

【動画】旬の食材を使った、シンプルでお洒落なレシピが人気な井澤由美子さんがキレイを目指せる保存食を紹介。今回は「カニと大根のアチャール」のつくり方です。

美肌も健康も手に入れたい!

アチャールとはインドなどで呼ばれる漬物の意味。アーモンド、すり胡麻は肌を潤し、βカロチンのにんじんやビタミンCの大根、ライムと合わせると肌を若返らせる効果が倍増します。さらに数種類のスパイスをつかって代謝を上アップ!カニと大根の相性は抜群、今回は日本一の水揚げ量を誇る鳥取県境港のベニズワイガニをつかって、旨味たっぷりの贅沢なアチャールに仕上げました。直ぐに食べても、時間を置いてもOKです。

カニと大根のアチャールの材料

・ベニズワイガニの身   
・にんじん  1/2本
・大根 1/4本
・いんげん 4本
・スライスアーモンド 大さじ3
・スパイスドレッシング
 └ライム 1個
 └砂糖 小さじ1
 └ターメリック 小さじ半
 └パプリカ(パウダー) 小さじ半
 └クミン 大さじ1
 └胡麻 大さじ1
 └塩・挽き胡椒 少々
 └ココナッツオイル 小さじ2
・粗塩 適宜

つくり方

1.大根とにんじんは拍子型に切ってボールに入れ、塩小さじ半でもむ。
 いんげんは洗って、塩少々で板ずりし、熱湯で茹でて水に放す。
 水気をふいて硬い部分を落とし、2~3等分に切る。
 (13029)

 (13030)

2.フライパンにクミンを弱火で乾煎りし、香りがたったら胡麻を加えて
さらに香りが立つまで乾煎りする。
 (13032)

3.すり鉢に(2)を熱いうちに入れてすり、
 スパイスドレッシングの材料を加えてなじませる。
 (13034)

 (13035)

4.アーモンドとカニをさっくり和えて、密封できるビンに詰める。
18 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

健康を守る強い味方!?意外と知られていない“明日葉”の秘密とは

明日葉は青汁にも使われている材料の一つです。ほうれん草やケールよりも豊富な食物繊維、βカロテン、ビタミンKなど、健康にも美容にも嬉しい栄養素をたくさん含んでいます。食べないともったいない明日葉についてご紹介します。

お手頃価格のヘルシー食材♪鯵(アジ)の美容・ダイエット効果がスゴすぎる

日本人の「魚離れ」が深刻になっています。 生の魚を買ってきて食べたのはずっと前という方も多いのではないでしょうか。 ここでは、アジの美容・ダイエット効果について紹介します。 知ればきっと食べたくなる、鯵のまめ知識を見てみましょう。

サマーパーティーはここで!肉厚プリプリふっくらのカニを「手づかみ」で堪能しよう!

「ダンシングクラブ東京」は、若者がシーフード料理とダンスミュージックを楽しむ憩いの場。その最大の特徴は何と言っても「手づかみ」スタイルでの食事です。

驚愕!インドカレーの主食はナンじゃなかったナンて!インドでは何が主食?

インドカレーといえばナンがセットになっているのが普通の日本。でも、インド人から見ると「一般家庭ではナンは食べない」のだとか…。「ナンじゃなかったら何を食べるの?」インドカレーと一緒に食べる主食について解説します。

よく噛んで食べたら何かいいことがあるの?食べ方一つで身体が変わる理由

幼いころ、親から「よく噛んで食べなさい」と叱られたことはありませんか?実際、よく噛まずに飲むように食べてしまう人もいますが、実は食べ方一つであなたの体が変わってしまうかもしれないんです。

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部