2015年7月7日 更新

昔ながらのミックスジュースを自宅で再現!ミックスジュースの作り方

昔ながらのミックスジュースって、老若男女問わずみんな大好きですよね♪ 大阪の人はとくに馴染み深いと思います。今回はミックスジュースを自宅で作るレシピを紹介しますね。

ミックスフルーツジュースの簡単レシピ

Tatiana Mihaliova/Shutterstock.com (9240)

via Tatiana Mihaliova/Shutterstock.com
市販でもミックスジュースは売られていますが、ちょっとフルーツ感が物足りないと感じませんか?少し果肉の残ったドロッとしたジュースは、なかなか市販のものではありませんよね。時々と飲みたくなるけれど、なかなか喫茶店に行けないという人も多いのではないでしょうか。でも、自宅で作れば、お好みの味のジュースをいつでも飲むことができますよ!

◯材料(2人分)

・バナナ:1本
・みかん缶:50g
・黄桃缶:50g
・缶詰の汁:お好みで
・牛乳:150cc
フルーツは一口サイズにカットし、すべての材料を合わせてミキサーやジューサーにかける。
フルーツの食感を残したい場合は、一気にミキサーをかけずに、少しずつかけるといいですよ。バナナや黄桃は甘いので、甘さ控えめで作りたい人は缶詰の汁を入れなくても十分です。お好みで調整してみてくださいね。

こちらは基本のレシピですが、自宅にある缶詰でアレンジして作ることもできますよ。
みかん、黄桃、パイナップルが一緒になったフルーツミックス感を使ってもOKです。
フルーツは冷やしておくとより美味しいです。さらに、大阪の喫茶店風にしたいときは、バニラアイスクリームをいれるといいです。その場合は牛乳を100ccに減らし、バニラアイスクリームを50g加えてみてください。

こうしておけばもっと簡単に作れる!

Alena Haurylik/Shutterstock.com (9244)

via Alena Haurylik/Shutterstock.com
ミックスフルーツジュースをもっと簡単に作りたい時は、フルーツを下準備しておくと便利です。フルーツを一口サイズにカットして、1回分ずつに分けて、冷凍保存しておきます。
缶詰は一気に使い切れないので冷凍しておけばいつでも好きなときにフルーツジュースが作れます。毎回フルーツを用意するよりも、まとめて用意しておけば、あとは牛乳を加えてミキサーにかけるだけなので気軽に作れますよね。

使う時は作る少し前に冷凍庫から出して、半解凍の状態でミキサーにかけましょう。
フルーツも冷たいので氷なしでも美味しくいただけます。ミックスジュースはただ美味しいだけでなく、毎日不足しがちなフルーツを手軽にとれますし、フルーツたっぷりなのでジュースなのにお腹もいっぱいになるのも嬉しいですね。お子様のおやつにも、大人のティータイムにもぴったりですよ。是非試してみてください。

thumbnail pictures by naito8/Shutterstock.com
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

料亭の味!紅葉おろしといただく"無花果の揚げ出し"

【動画】今が旬の無花果を使った一品。果物なので生で食べることが多い無花果ですが、実は揚げたり焼いたり煮込んでも美味しいんです♪熱々の出汁をカリッと揚げた無花果にたっぷりとかけた、無花果の揚げ出し。衣を剥がれにくくするために、薄力粉をあらかじめまぶしておくのがポイントです!

旬の桃をおいしく食べたい。果物にはおいしい食べ方があるって本当?

どんな桃を選んでどのように食べるかで、果物の味が変わってくることをご存知でしょうか。せっかく買ったのにかたかった桃をやわらかくする方法も合わせて紹介していきます。

果物がもっと美味しく楽しくなる!見た目カワイイ剥き方&切り方テクニック

最近はカービングなども流行っていますが、そこまでできなくても、包丁一つで飾り切りができちゃいますよ♪リンゴをうさぎに見立てて切るという王道テクのほかに、見た目も可愛くて美味しそうに見える、果物の楽しい剥き方を覚えてみましょう!

果物の甘みと酸味があんこにベストマッチ!カラフル♡フルーツ大福

【動画】みずみずしいフルーツを白あんと求肥で包んだフルーツ大福のレシピをご紹介します。甘酸っぱいフルーツとあんこが相性抜群♪緑茶にも紅茶にも合うフルーツ大福、ぜひお好みの果物を包んで作って見てくださいね!

酸っぱいみかんも甘くなる♪冬の果物「みかん」の美味しい食べ方教えます!

冬と言えばコタツにみかん。みかんはビタミンCとビタミンAが豊富な、美容に欠かせない果物です。でも中には酸っぱくてイマイチなものも…。どうせなら美味しく食べたいですよね。そこで今回は、どんなみかんでも美味しく食べられる方法をお教えします!

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部