2015年6月19日 更新

知っているようで知らない!?パスタの美味しい茹で方

パッケージに書いてある通りに茹でたのに、パスタがベタベタする、コシが足りない、なんてことはありませんか?茹でる時に、5つのポイントを気を付けるだけで断然美味しくなるんです!さらに美味しく仕上げるための方法も合わせてご紹介!

たなべゆみこ (6407)

パスタを作る時、ソースの味が気になる方が多いと思いますが、パスタは茹で方次第で出来上がりに大きな違いが出てきます。
そこで今回は、パスタの美味しい基本の茹で方と、プラスαの工夫を加えた茹で方を紹介します。

まずは基本の茹で方から。

1.茹でる時はたっぷりのお湯で!

パスタはたっぷりのお湯で茹でましょう、とよく言われていますが、たっぷりというのは具体的にいうとパスタ100g(約1人前)に対して1リットルのお湯です。

2.下味はしっかり!

パスタを茹でるお湯が沸騰したら、塩を加えます。ここでの塩の量は水の1%です。水1リットルの場合は10gになります。ここでしっかり下味がついているとソースと絡みやすくなり出来上がりに違いが出てきます。

3.パスタを投入したら、火加減に注意

Eugene Sergeev/Shutterstock.com (6414)

パスタを投入したらすばやくかき混ぜます。パスタ同士がくっつくのを防ぐためです。

そして少し火加減を弱めます。グラグラと吹きこぼれるぐらい沸騰しているとパスタの表面が溶けてべたついてしまうので、お湯が吹きこぼれない程度に沸騰させ、パスタがお湯の中でゆらゆら揺れるぐらいの火加減を保つようにしましょう。差し水もNGです。

4.理想の茹で方はアルデンテ

茹で時間は、袋に記載されている時間よりも少し早めを目安にしましょう。例えば茹で時間8分と記載されているものなら、7分たったら1本取り出して食べてみるか、パスタを潰して芯の状態を見てください。
針ほどの細さの芯が残る茹で方がアルデンテです。ただし、茹でた後に煮込むパスタの場合はさらに早めに引き上げましょう。

5.茹で上がったらすぐにソースと絡める

acworks (6415)

19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

手作りパンチェッタでつくる濃厚&クリーミーな本格カルボナーラ☆

【動画】イタリア料理に欠かせないパンチェッタ!豚ばら肉を塩漬けにして、乾燥・熟成させて作ったものです。今回はご家庭でも簡単に作れるように、冷蔵庫で乾燥させながら熟成させていきます。傾けた網にのせると、豚肉の水分が下にぽたぽたと落ちていき、お肉の水分がだんだん抜けて旨みが凝縮します!手作りのパンチェッタで作るカルボナーラは最高に美味しい♪ハーブは全て揃えなくてもいいので、お好きなハーブで香りを付けてくださいね☆

10分で完成!3つのお役立ち食材で簡単パスタのレパートリーを増やそう!

定番のミートソースやナポリタンをはじめとして、いろいろなアレンジが楽しめるパスタは、お子さまから大人まで美味しくいただけますね。いつも同じパスタになってしまう、という方のために、家にあるちょっとした材料で簡単に作れる楽ちんパスタをご紹介します。

魚介の旨みがたっぷり染み込んだ♪クスクスとシーフードのサラダ

【動画】世界最小のパスタを呼ばれ、北アフリカや中東でよく食べられている「クスクス」。今回は、シーフードを贅沢に使ったボリューム満点のサラダをご紹介します!クスクスが魚介のエキスをギュ~っと吸収して、旨みたっぷり!シーフードとレモンをグリルパンで焼き、香ばしさをプラスしました!レモンをギュッと絞って酸味のアクセントを☆

手打ちならではのモチモチ食感!オレキエッテ バジルペスト和え

【動画】イタリア・プーリア州の代表的パスタ「オレキエッテ」。「小さな耳」という意味で、名前の通りコロンとしたフォルムが可愛らしいショートパスタです!モチっとした食感は自家製ならでは♪パスタのくぼみに香り豊かなバジルペストがよく絡みます。見た目も鮮やかで、写真映えする1品です!余ったソースはお肉料理や魚料理、サラダやピザなど、色々なお料理に活用してください♪

ほうれん草を練り込んでグリーンに変身☆もちもち平打ちパスタ「フェットチーネ」

【動画】おうちでできるパスタシリーズ。今回は、もっちりとした食感が特徴の平打ち麺「フェットチーネ」。イタリア語で「小さなリボン」という意味の幅の広いロングパスタです。ほうれん草を練り込んで風味豊かに仕上げたパスタ、酸味のきいた爽やかなトマトソースをたっぷり絡めて味わってください♪

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部