2015年6月12日 更新

目と舌で季節を実感♪春の行楽弁当

春の行楽弁当に映えるカラフルなおにぎりの 具材や、タケノコやアスパラなど旬の素材を使ったメニューをご紹介♪

とちぎ (5017)

春になると、お花見に始まり、運動会、遠足など外でお弁当を食べる機会が増えてきますよね。せっかくの行楽弁当ですから、いつものお弁当とは一味違ったものにしたいですね。
春は行楽弁当にぴったりの食材がたくさんありますので春らしい食材を使って作ってみましょう。

カラフルなおにぎり

色々な種類の具材を使ったカラフルおにぎりはいかがでしょうか。人数が多い場合などはとくにおすすめです。様々な具材をご飯に混ぜて、一口サイズのおにぎりにすれば、それだけで見た目も華やかになります。

今回は、ちょっと変わり種も含めて、二種類の具材の組み合わせを紹介しますので、お好きなものを組み合わせて作ってみてください。

(赤系)
梅&じゃこ
鮭&ゴマ
ゆかり&昆布
たらこ&海苔

(緑系)
枝豆&チーズ
青菜&ゴマ

(黄色系)
コーン&ウインナー
玉子焼き&ハム
たくあん&大葉

(茶色系)
おかか&チーズ

少し焼いたり切ったりして混ぜるだけなので、種類が多くてもそれほど手間はかからないと思います。ご飯がカラフルなだけで、お弁当を開けた時のインパクトが変わるのでおすすめです。

ロールサンドウイッチ

サンドウイッチ派の方におすすめなのは、ロールサンドイッチです。

食パンに具材を入れて巻き、ラップで包みます。ラップにシールやマスキングテープなどを貼ると、おしゃれ度がアップしますよ。具材はいつもと同じようにハムや卵、ツナなどでも、定番の三角サンドウイッチよりもインパクトがあるお弁当に仕上がります。

また、ラップでくるんでいるので手を汚さずに食べられるのも魅力的です。

おかず

せっかくなので春の素材を使ったおかずを入れたいところです。

◆菜の花
定番のおひたしや胡麻和えなどもよいですが、少し変わったものにしたいのなら、ピーナツ和えもおすすめです。菜の花だけですと黄色の色があまり出ない場合もありますので、菊の花を添えると彩りがきれいです。

◆筍
筍ごはんや若竹煮などが定番ですが、お弁当なのでみんなで食べやすい唐揚げもおすすめです。茹でたタケノコを醤油、酒、みりん、砂糖、生姜で下味をつけ、片栗粉をまぶして揚げると、カラッとした唐揚げになります。

◆アスパラ
月森のどか (5018)

お弁当におすすめなのは、肉巻きやベーコン巻きです。カラフルな串に差すと、さらに彩りが良くなるのでおすすめです。

◆新じゃが
コロコロ可愛い新じゃがは食べやすくてお弁当にぴったりですね。そのまま皮ごと揚げたり、煮物がおすすめです。

◆そら豆
そのまま塩ゆでするだけでも、お弁当の彩りがよくなります。


あまり手間がかからないけれど、華やかに見える食材とお料理の方法を紹介させていただきました。春のお出かけのお弁当の参考になればと思います。

thumbnail by とちぎ on photo-ac
http://goo.gl/mcSeMG
11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

食べ応え満点!香ばしい香りが食欲をそそる、ジューシー焼きいなり寿司

【動画】お弁当にピッタリ!こんがり焼き目をつけた油揚げの食感と、ほおばると口に広がる甘辛い出汁が絶品!今回はめんたい高菜漬けを混ぜて、大きめサイズで作ってみました。お好みの具でアレンジしても楽しいですよ。

香り豊かな竹に包まれた、具だくさんでちょっぴり贅沢な中華ちまき

【動画】豚肉や野菜の旨味をたっぷり吸わせたもち米は、蒸しあげるとモッチリした食感で食べ応え抜群!香り豊かな竹の皮でギュッと包むと美味しさ倍増です。冷めても美味しいので行楽シーズンにピッタリ♪

中からチーズがとろ〜り♡新感覚のカマンベールおにぎり

【動画】土鍋で炊いたふっくらご飯とバジル&ベーコンの相性が抜群!中にカマンベールチーズを入れて、香ばしい焼きおにぎりに。バター醤油のいい香りがしたら出来上がりですよ♡おつまみにもピッタリの一品です。

テーブルに並べれば華やかさ倍増♪色鮮やかでかわいいぱっかん寿司♡

【動画】最近SNSで話題の「ぱっかんおにぎり」をお寿司にアレンジ! ひと口サイズのお寿司には錦糸卵やイクラ、サーモンなど彩り鮮やかな具材を詰めて。パーティーメニューにピッタリのフォトジェニックなお寿司です♡

おにぎりの中に何入れる?ちょっと変わったおにぎりの具材アイデア

朝ご飯やランチタイムにパクパク食べられるお手軽なおにぎり。梅干しや佃煮など、いつもありきたりな具材になりがちなのがちょっと難点。たまには変わった具材を入れて、食べる人を「アッ!」っと驚かせてみませんか?

キーワード

ライター

ビデリシャス編集部 ビデリシャス編集部